wordpress

THE THOR(ザ・トール)の評判とカスタマイズ例

THE THOR(ザ・トール)の評判とカスタマイズ例

THE THOR(ザ・トール)の評判とカスタマイズ例

WordPressのTHETHORはピッタリ株式会社が供給しているテーマです。

WordPressにはフリー版のテーマもあればお金を支払って有料版のテーマを使用する事もできます。

ピッタリ株式会社はフリーで「LIONBLOG」や「LIONMEDIA」のフリーテーマも用意しており、テーマを探した事がある人なら知っている人もいるかもしれません。

THETHORのテーマは有料版のテーマとなっており、2018年10月からリリースされています。

2018年には期間限定で8800円で提供していた事もありますが、目下は14800円という代金になっています。

THETHORのブームの秘訣としては、Webページはページの表示速度が速い意匠が豊富でカスタマイズしやすいメニューなどiPhoneでの性能も満喫こうして、iPhoneユーザーにも読みやすいWebページが製作可能な事が高評価となっています。

それ故、iPhoneユーザー向けのアフェリエイトサイトを構築やりたい人、そして表示速度はGoogle検索にも影響してくるので、SEO対策として検索順位の上位を狙うWebページに推奨です。

有料ではありますが、THETHORにはそれだけ使用する長所のあるテーマとなっています。

THETHORのポイント整理

THETHORの使用を思案するならトレードマークを知っておきましょう。

THETHORのポイントとしては文章装飾が直感的に操作可能な超高速表示が可能なプラグインが無用着せ替えパフォーマンスでWebページ設定が造作なくに行えるという4つの点です。

各々のトレードマークをを解説していきます。

文章操作が直感的に操作可能なTHETHORには投稿構成の「クラシック」を使用する事により、投稿の装飾を直感的に行う事ができます。

方法としては装飾やりたい文字を選択してだ後に「コーデ」から選択する事で自由に装飾できます。

テキストを執筆していて強調させたい文があるのなら、この手法で手っ取り早くに文字を装飾可能なため複雑な操作は必須ないのです。

しかも、吹き出し働きや評判ボックスなども「プリセットパーツ」から選択してで装飾する事ができるです。

デフォルト装備されているので、文章の文字装飾を独自で構想しやすくなっており、自らのやりたい装飾を行いやすいです。

超高速表示が表示が可能なTHETHORでは超高速表示を行う事ができ、無料ブログサービス運営を行うなら表示の速度は非常に大事です。

投稿の読み込みが遅いと読者はストレスを感じて、Webページから退出してしまう結果になる事があります。

それ故、文章の読込み速度は無料ブログサービス運営をしていく点で相当大事なキーポイントです。

THETHORでは読込み速度に関して徹底的に扱ってしており、高速表示が行えるようにしています。

挿絵を多く挿入していたとしても、読込み速度が早いのでテキストの表示を直ぐに行う事ができ読者を無料ブログサービスに永らく留まってもらう事ができます。

ところで、表示速度が携帯表示で96%を記録している無料ブログサービスもあります。

高速表示可能な速度としては驚異的なので、速度にこだわる人はイチ押しです。

プラグインが要らないTHETHORはプラグインがほぼ要らないです。

WordPressは拡張パフォーマンスとしてプラグインをして無料ブログサービスのパフォーマンス性やWebページの中身を満喫させますが、使用しているテーマによってはトラブルが起きてしまう事もあります。

プラグインは決まった的にアップデートされますが、アップデートが何年もされていなければ瑕疵が起きます。

プラグインで瑕疵が生じてしまうと、無料ブログサービス運営でも悪影響が生じてしまい、スムーズに運営ができない事もあります。

ただし、THETHORにはテーマ自体に性能が全部組み込まれており、照会フォームや好評文章、関連文章の付け足し、CTAなど無料ブログサービス運営に不可欠なパフォーマンスが備わっています。

無料ブログサービス運営するケースにプラグインが要らないとなっているので、プラグインによる悪影響を悩ましいしなくて済みます。

着せ替え性能でWebページ設定が手間なくに行えるTHETHORには9つの着せ替えを行える意匠があります。

ボタンひとつで着せ替えを行う事が可能なので、THETHORを導入したら着せ替えパフォーマンスで無料ブログサービスの意匠を決める事ができます。

Webページの意匠は無料ブログサービスに到来た人を魅了する事になるので大事な設定の1つです。

意匠の設定には数時かかってしまう事がありますが、THETHORは意匠ソフトなどの使用も不要なので手軽にに意匠ができるです。

意匠の導入は後ほどご解説いたします。

THETHORは未経験者でも使いこなせる?

THETHORはSEO対策済みや多働きとなっているので「未経験者でも使いこなせるのか?」と思いめぐらす かもしれません。

結論から言うとビギナーでもWordPressでTHETHORは有用と考えます。

先にもご解説したように、意匠が下拵えされている装飾がはじめから重宝するTHETHORのパフォーマンスで運営ができるという事から、ビギナーでも麗しいかつSEO対策もできたWebWebページが組み立てできるだからです。

アフィリエイトで必須な事は投稿を書いて、アイテムを提供する事ですね。

その前段階で、プラグインやCSSなどの細かい設定に時をかけるのは宝の持ち腐れだと考えます。

無論Webページ運営していく上で、プラグインやCSSの知識が必須になってくる事もありますが、それはその時に調査して決着すれば良いです。

このテキストを参照いただいてわかるように、1文章に使っている装飾は、文字色・蛍光線ボックスボタンと、これくらいしか使用していません。

言うまでもなくWebページ全てで見れば、細かな設定は行なっていますが、それも「THETHOR」に元々ある働きなので、調達者が閲覧可能なマニュアルWebページを見るだけで設定ができるです。

このような事から、もうに意匠が整っていて、装飾も有用「THETHOR」はビギナーにもイチ押しだと言えますね!THETHOR(ザ・トール)の本当の口コミ整理結論としては再三お伝えしているように、「THETHOR」の口コミは相当良いです!豊富にの評判を探してみると以下のような評判が多々あるですね。

評判小粋な意匠が手間なくに重宝する!

トールに変更して利益化に成功した!テキストの順位が上がった!表示速度が早くなった!一通りがTHORのおかげとは限りませんが、THORを使用する事で改善されたという事で、要因の1つになっている事も間違い無いですね。

初級者から上級者まで、幅広く使われているテーマという事もあり、かなり多くの評判を見つける事ができました。

主な装飾は数個しか使わないですが、あると重宝な「リンクカード」「アコーディオン」「吹き出し」「アイコン」などが一番目から備わっている事や、独自のカスタマイズのしやすさが良いと考えます。

新Webページに導入の場合に、ワードプレスのバージョンをいじったりする手間はありますが、慣れれば2、3分で終わりますし、気に掛かる瑕疵も父母テーマのアップデートで解消しているので、現在のところ残念はないですね!

参考サイト

-wordpress

© 2020 もりもりブログ