wordpress

Diverの悪い面

Diverの悪い面

Diverの悪い面

ではこれからは実のところに使用して感じた悪いところを解説していきます。

・性能が多く慣れるまでに時が必要になる・値段が高い性能が多くなれるまでに時が必要になるDIVERでは独自のオプション働きがいろいろあります。

・投稿設定・SNS設定・SEO設定・GoogleAnalytics設定これらはフリーテーマにはないため、はじめは性能を覚えるのが大変でした。

こればかりは一つ一つ試して働きを覚えていくしかないのです。

けれども慣れてしまえばここを変えるにはこの設定のこれを変えればいいんだな・・と分かってきます。

ひたすらやりながら覚える事が近道です。

値段が高い

WordPressの高評価の有料テーマの一覧です。

テーマ名値段TheTHOR16280円STREETIST13000円AFFINGER514800円SANGO10800円DIVER17980円→14980円(2020/4/30まで)目下イベント中で安価になっていますが、いつもプライスだとSANGOの2倍近くします。

とはいってもこれには訳があり、DIVERにおいては1度ショッピングすればいくつかWebページで使用可能なという長所もあります。

スポンサーリンクDiverの良いところつづいて良い面について解説していきます。

意匠がカッコイイDIVERのデモWebページです。

トップページに動画を埋め込む事もでき、ハイセンスな意匠にする事ができます。

ほかのテーマでは見られない配置ですね。

入力補助性能が豊富Diverには多彩な入力補助働きがあります。

何個か解説してきます。

トーク形式の投稿おしゃべり形式にする事によりリズミカルにテキストを読んでもらえます。

バリエーション豊かな中身リンクスタイリッシュな中身リンクを張る事でクリック率が上がります。

順位形式表示これらは一例ですが、それ以外にも多彩な意匠を造作なくに入力する事ができます。

カスタマイズが手っ取り早く無料ブログサービスで必須なページレイアウトのすり合わせも手間なくに設定する事ができます。

これらの種類のウィジェットが準備されており、取り合わせによって貴方独自の意匠のWebページを製作する事ができます。

バックアップが手厚いDIVERは働きが多くどれを使えばよいかわからなくなる事もあります。

そのような事例は「バックアップチーム」にメールしてみましょう。

おそらく24時以内に返答が返ってきます。

DIVERユーザは少なくないはずなのにレスポンスの早さには感銘ました。

それ故ビギナーでもアフターケアチームに聞きながら作業する事ができますし、DIVER公式ページはかなり満喫しており働きの解説が画面とともに詳細にされていますので、心配無用して導入可能なテーマと言えます。

以上の事より・意匠がカッコイイ・入力補助パフォーマンスが満喫・カスタマイズが手間なくに可能な・アフターケアが手厚いという事が使用して感じた良いところになります。

Diverはこんな人にベストチョイス

以上、Diverユーザの声と自身で使った感想を整理てきました。

結論として・カッコいいWebページを作りたい・こだわった意匠にやりたい・SEOに強いWebページを作りたい・HTML/CSSを直接触りたくない上述に当てはまったらDIVERテーマが推奨します。

SEOに強く、意匠性もいいという面ではアフィリエイトの収入化にもつながりやすく商いで使用するには最適です。

私自分、味わってでクライアントと共に生み出した想いです。

\期間限定3000円引きは実際だけ!/

DIVER公式Webページはこちら

>>Diverの導入は手っ取り早く最後にDiverの導入手法についてです。

1.DIVER公式Webページで購買2.DIVERをダウンロードする(Zip形式)3.WordPressへのインポートを行うWordPressの導入については以下を参照ください。

おそらく10分もあれば完了できます。

今後WordPressを使って無料ブログサービスを作ってみたい!無料ブログサービスでささやかなお小遣いを稼ぎたいという方に向けて、WordPress(ワードプレス)無料ブログサービスのレシピを整理ていきたいと考えます。

初めて用意する方は知らないワードだらけである程度大変かもしれま...整理どうでしたでしょうか?実のところに「DIVERテーマ」を使用して無料ブログサービスを運営している私が良いところ・短所を解説してきました。

フリーテーマから始めればいいんじゃないの?という声をよく聞きますが、個人的には初めから有料テーマを選りすぐる事をベストチョイスします。

有料テーマとフリーテーマでは実現可能な範囲が異なります。

値段は決して安価にはないですが、1度ショッピングしてしまえばいくつかWebページでどんどん使用する事ができます。

はじめは手間なくなテーマで取り組みたいという方は初めにフリーでやってきて慣れてきたらなるべく早めに移行する事を推奨します。

有料テーマは働きも多々あるため慣れるのに時がかかってしまいます。

参考サイト

-wordpress

© 2020 もりもりブログ