wordpress

Diverの大きな8つの特徴

Diverの大きな8つの特徴

Diverの大きな8つのもち味

WordPress有料テーマ「Diver」には、8つの特色があります。

SEO対策豊富な意匠性

カスタマイズ性能

利益SEOに特化優れた意匠性

突出したカスタマイズ性能

収入に特化ユーザー遷移

バックアップ買い切り制

経験豊富な製作陣

ユーザー遷移アフターケアが相当

満喫1回調達するだけでいくつものWebページに使用可能な買い切り

制製作陣は経験豊富な精鋭まい各特長を造作なくに解説します!SEO対策

SEOに特化DiverはSEO対策を必須視して作られています。

SEO対策を大切視している事をうかがえる大きなポイントとして、有力なSEO成果が得られそうな事例には直ちににバージョンアップされる事が挙げられます。

更新も、Diverなら更新ボタンを押すだけで完了してしまうので、かなりらくらくです。

その上克明に【Diver】SEOプラグインは要らない!満喫したSEO対策/設定を解説【Diver】SEOプラグインは無用!満喫したSEO対策/設定を解説2019.3.15Diverは、SEO対策に特化した有料Wordpressテーマです。

...豊富な意匠性優れた意匠性Diverの意匠は佇まいに素敵です。

ただしそれだけではなく、アクセスのしやすさや訪問ユーザーが離脱しにくい仕組み、再び訪問したくなる仕組みを研究して作られています。

美しいだけじゃないのが強みでありポイントです。

満喫したカスタマイズ性能突出したカスタマイズ性能Diverのカスタマイズの多様さはWordPressテーマ随一と言っても大げさではないのです。

それくらいに多くの働きを使用する事ができます。

豊富な利益秘訣、広告設定収入に特化Diverは収入化にも重点を置いています。

CTAや広告据え付けウィジェットなどの広告設定が豊富。

そしてテキストごとに訴求秘訣を設定する事が可能なのです。

さらに、意匠性のある内側リンクが随所に張り巡らされており、ユーザーを取り込んでいきます。

心積もりつくされたユーザー遷移性能ユーザー遷移Diverでは、関連コンテンツや好評文章順位など、ユーザー遷移に関わる性能が豊富です。

関連性のある文章リンクを張り巡らせる事でユーザーの関心を高め、直帰させない求心力を作り出します。

得心度100%を目指したバックアップバックアップが非常に満喫まいが感動したのはバックアップ!無期限、無制限で直接製作チームに質問をする事ができます。

「○○の設定の仕方が思い当たらない」「アイキャッチの奥行きを変更したい、如何にしたらいい?」といった質問も丹念に返信してくれます。

まいまいは何度も助けられました…(´・ω・`)笑また、トラブルを見つけたケースに直接連絡が可能なので、もうに瑕疵修正に取り掛かってくれるのもハッピーな着眼点です(更に暫定的に修正可能なケース、修正の仕方を教えてくれます)使用制限の無い買い切り制1回調達するだけでいくつものWebページに使用可能な買い切り制有料テーマでちらほら見かけるのが、「1Webページにつき1ショッピング」という使用制限。

テーマって若干お高めなので、いくつかWebページに利用したい事例にお金がかかってしまうから利用しにくいな…と感じてしまいますよね。

でも、Diverは買い切り制。

1度購買したら、調達者本人が運営するWebページであれば、無制限で使用する事ができます。

これだけの性能が付いているのに、買い切り制。

だからお財布にやさしい。

まいは相当ハッピーなです(\'ω\')?経験豊富な製作陣製作陣は経験豊富な精鋭Diverを製作しているのは、プログラム経験もWebページ運営経験も豊富な心強い人たちです。

数十のWebページを運営しながら、その技術と技術力でWebページを受託制作したり、コンサルティングしたりと活動しておりました。

Diver公式Webページより「やはり質問したのに、よくわからなかった。

」等々、困った事にはならないわけですね(*\'ω\'*)心配無用Diverで役に立つ働きDiverで役に立つ働きは、挙げるとキリがない程にいろいろあります。

まい現実に、現実に数多くあるんです…!初めに、公式Webページで解説している働きを解説します。

公式Webページで解説されている性能AMPレスポンシブSEO対策カスタマイザーCTALP(ランディングページ)SNS協力HTML5ウィジェットエリアショートコード入力補助バージョンアップここで挙げられている働きだけでも、実装するためにはプラグインをセットアップしたり、ソースを書き換える必須がある性能が何個か見られます。

Diverでは、これらの働きを使用する為にプラグインを入れる不可欠も、ソースを書き換える必須もないのです。

役立つです(\'ω\')?まい各パフォーマンスについて、手間なくに解説をしていきます。

AMPAMP表示の印象AMPとは?AMP(AcceleratedMobilePages)とは、携帯ページを高速に表示させる性能(技法)の一つで、Googleが優先している仕組みです。

AMPに応対させる事で、携帯ページの表示速度が約4倍、データ量が約1/10になると言われています。

AMPに扱ってしていなくても検索順位が落ちる事はないのですが、AMPに扱ってしている事で、検索された場合に雷マークが表示されます。

表示速度が遅いとユーザーの離脱率が上がってしまうという危険性がありますが、DiverではAMPがデフォルト性能として内蔵されています。

それにより、ユーザーを逃しにくいWebページをより手軽にに製作する事ができます。

加えて、AMPに扱ってさせるかは投稿ページごとに設定をする事ができるです。

リッチな意匠で閲覧してくれページはAMP非応対にする事ができます。

レスポンシブレスポンシブとは?レスポンシブとは、同じURLで同じHTMLコードを読み込んでも、デバイス(スマートフォンやタブレット、PCなど)に当てはめた表示がされる仕組みです。

今の時代はWebページをレスポンシブ扱ってさせる事がほぼ常識となってきているフィーリングですよね。

Diverは無論レスポンシブです。

なお、「レスポンシブ扱ってと言いながら、何か意匠が崩れる…」といったトラブルもない、素晴らしいレスポンシブです。

レスポンシブにするためのスペシャルな操作は全く必須ないのです。

Diverがユーザーの画面大きさを決断して、自動的に美しいな意匠で表示してくれます。

カスタマイザーサイトの意匠をする時って、ヘッダーやフッター・ウィジェットのタイトル・見出し・リンクなどの色合いに始まり、カラム大きさ、ファーストビュー写真、公開日更新日の表示非表示、マウスオーバーした場合の写真のアニメーション、他に諸々ふんだんにのカスタマイズ設定が必須ですよね。

色味設定に至っては、色味コードを探す不可欠もないのです。

トーンパレットが実装されているので、自分の嗜好の色を意匠に反映させながらカスタマイズする事ができます。

そして細かいところまで【Diver】カスタマイザーパフォーマンスの設定項目とプレビューイメージ【Diver】カスタマイザーパフォーマンスの設定項目とプレビューイメージ2019.1.16WordPressの有料テーマであるDiverには、豊富なカスタマイズ性能があります。

Diverで設定可能なカスタマイズ働きと、調整心象(プレビュー挿絵)を解説します。

...CTACTA意匠の印象CTAとは?CTAとは、行動喚起という意味合いです。

WebWebページで訪問者に、とってもらいたい行動に誘導する事をニュアンスしています。

Diverでは、CTAを際立たせる意匠を投稿テキストを用意するかのように余裕に作れます。

またいくつかのCTAを製作しておき、投稿ページに組み合わせて掲載やりたいCTAを設定する事もできちゃいます。

まさしく「最後の一押し」に完璧。

フッターCTAも使用可能なようになっています。

フッターCTAは、フォームに不可欠事項を入力するだけ。

すごく余裕で手っ取り早くです。

参考サイト

-wordpress

© 2020 もりもりブログ