クレジット

JCBデビットカードもあります

JCBデビットカードもあります

JCBデビットカードもあります

昔、金融アイテムで重大な延滞や債務整頓を行っており、事故を起こしてから5年が経過していない人は、クレジットカード査定にクリアする事はかなり簡単ではない、というかほぼ無理だと考えます。

その訳として、過去に重大な金融事故を起こした事例には、その情報が個人信用情報組織の信用情報に5年〜10年間程度登録されてしまうためです。

その上、この信用情報に金融事故情報が登録されていると、査定のときに各クレジットカード法人が信用情報を照会=事故情報が判明するため査定に落ちる見込みが極めて高くなります。

もっとも、重大な金融事故を起こしてしまった以上、その責務というか償いというか、そこそこの冷却期間が必須になる事は仕方のない事だと考えますが、5年〜10年間もクレジットカードが使えないとなると現時点でのカード社会においては不便を感じるかも知れません。

そんな訳で、現時点でクレジットカードが作れない方向けに、VISAデビットカードという銀行銀行預金口座の範囲内でのみ活用できるなカードがありますので、クレジットカードの代用として活用するのもありかと考えます。

ただ、このところになって、実際まではVISAブランドのみ発行されていたデビットカードにJCBブランドが加わったのです。

JCBデビットカードとは?このJCBデビットカードですが、VISAデビットカードのように銀行口座残高の範囲内で活用できるな即決済型カードになります。

即時決済なので、JCBデビットカードで決済=銀行口座から引き落としされる仕組みになっています。

加えて、JCBというブランドが付いている事からも分かるように、日本はもとより世の中各国のJCB所属店での使用ができるとなっています。

(局所所属店不可の事例あり)もっとも、JCBはクレジットカードの国際ブランドとしてはただひとつ日本発祥のブランドとなっており、日本や東(東南)アジアに加入店が多く影響していますので、日本や東(東南)アジアを活動の拠点にされている方は、JCBデビットカードが役に立つと思われます。

代表的なJCBデビットカードまだ市場に出てきてからの期間が短いためか、現時点で日本で発行されているJCBデビットカードの種類はかなり限定されています。

ただ、JCBブランドが好きという人にとっては1枚は持っていたいカードですよね?そんな訳で、ここでは目下日本国内で発行されている代表的なJCBデビットカードについて何個か紹介します。

●楽天銀行デビットJCBオンライン銀行の楽天銀行が発行している年会費永年フリーのJCBデビットカード。

申込年齢は16歳以上となっており、査定無用で即時発行がチャームポイントです。

しかも、着目点還元率は1.0%でクレジットカード並みの還元率を誇っており、外国キャッシングで現地通貨の引き出しができるとなっています。

●イオン銀行CASH+DEBIT流通系銀行のイオン銀行が発行している年会費永年フリーのJCBデビットカード。

こちらのJCBデビットカードは先程の楽天銀行デビットJCBと比較し申込年齢が異なっており申込年齢は15歳以上(中学生は除く)からできるで原則査定要らないです。

イオン銀行当たり前銀行預金利率が0.12%、着目点還元率が0.5%〜1.0%とクレジットカード並みの還元率となっており、外国キャッシングで現地通貨の引き出しができるとなっています。

●ちばぎんスーパーデビット地方銀行の千葉銀行が発行しているJCBデビットカード。

1年目の年会費はフリーで2年目以降も前提を満たせばフリーになります。

加えて、このJCBデビットカードもイオンJCBデビットと同じく申込年齢は15歳以上(中学生不可)で原則査定要らないとなっています。

キーポイント還元率は0.5%〜となっており、他にも外国キャッシングで現地通貨の引き出しができるです。

どうでしたか?VISAデビットカードに比較してJCBデビットカードは誕生してからまだ日が浅いため、その数は少なくなっていますが、15、16歳以上からの申込ができるで原則査定要らないとなっていますので、そのパフォーマンスはVISAデビットカードと一緒になります。

後は、ブランドの自分の嗜好の問題でVISAにするのかJCBにするのか?はた他にもそのいずれもにするのかは貴女の自由ですね。

使用限度額も銀行預金口座の残高の範囲内なので利用し過ぎるという事もないと考えます。

もっとも、日本はもとより世の中各国における算入ショップ数では、JCBブランドよりもVISAブランドの方がその数では圧倒していますので、算入ショップ数で見ればVISAデビットの方が上回っています。

ただ、日本国内に限って言えば国際ブランド発祥の地という事もあり、日本での利便性はVISAと比較してもそれほど劣るという事は無いと考えます。

ところで、今現在個人信用情報機構の信用情報に金融事故が登録されている人は、普通のクレジットカード査定には通らない見込みが大いに高いため、事故情報が削除される=喪明けまではこれらデビットカードを使用するというのも良いかと考えます。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ