クレジット

Amazonクレジットカード審査では必要な条件があります

Amazonクレジットカード審査では必要な条件があります

Amazonクレジットカード査定では必須な要件があります。

以前発行されていたAmazonクレジットカードですが、突如発行が停止されてから数年、新しい提携先として三井住友カード株式会社の協力を得て復活しました。

その上、このAmazonクレジットカード。

言うまでも無くAmazonは楽天市場と並び日本国内トップクラスのオンラインオンライン販売Webページになり、そのアクセス数は約3億/月にもなっており、まさしくマンモス通信販売Webページと言えます。

そのようなAmazonクレジットカードですが、Amazonを良く使用する方であればどうぞとも望むカードになりますが、Amazonクレジットカードを持つためには必須な査定に通る必須があります。

ただ、これはどのクレジットカードにも言える事ですが、そのトレードマークによって査定で必須に要件というものがあるのです。

そんな訳で、採り上げるのの投稿ではAmazonクレジットカード査定に不可欠な前提について紹介します。

Amazonカード査定に必須な要件はこの3つ!このAmazonクレジットカードですが、みんな査定に通るという訳では無く、査定に通るためには必須な前提がありますので、今後解説します。

■不可欠な前提の詳細■

●三井住友カードは銀行系Amazonクレジットカード査定は、提携先の銀行系一流企業三井住友カードが行っています。

銀行系と言うだけで査定はそれほど甘くは無い事を解釈しています。

また、過去に三井住友カードで金融事故を起こしている方は事故から数年~数十年程度は査定に通る事は極めて手に負えなくなるため、過去に三井住友銀行で金融事故を起こしていない事が不可欠になります。

しかも、三井住友カードはCIC・JICC・KSCに加入している=全部の個人信用情報組織に算入していますので、競合企業での債務残高や延滞中の債務などの情報が丸理解いただけになっています。

ですので、支出者金融からのローンは言うまでもなく、軽微な延滞がある方でもクレジットカード査定に通る事は困難なと言えます。

反対に言えば、銀行系や信販系・流通系などの金融アイテムの入金を月次整然と行っていれば、三井住友カードから計画的な活用と入金が出来ていると決断され、査定では有利になる確率があります。

査定レベルを満たす

クレジットカード査定において、査定水準を満たす事は自然になりますが、このAmazonクレジットカードにも査定水準はあります。

ただ、その水準は私たち使用者に開示される事はないのです。

ですので、ここでは銀行系の一般的な査定レベルを以下に記載しておきますので、この査定スタンダードは満たしていた方が良いでしょう。

(過去に以下前提において三井住友VISAカード査定に通った時有り)※住まう年月は1年以上※勤続年月は1年以上※勤務形態は社員以上※勤務先は一般会社以上※年収は300万円以上もっとも、この査定レベル以下でも査定に通る事はできると思われますが、最低限この要件を満たしていれば問題は無さそうです。

他にも言えば、このAmazonクレジットカード査定の申込画面を見てみるとご職業企業員・企業役員→公務員→医者・弁護士・公認会計士など→自営業・自由業→年金→アルバイト・パート・契約社員→派遣社員→無職→学生となっている事から、法人員・法人役員や公務員であれば査定で有利になる確率が高く、反対に自営業以下の職業だと査定では厳しくなりそうです。

もっとも、自営業以下の職業でも他の属性や信用情報が良好であれば査定に通る確率も十分あります。

さらに、年収に関してはどのクレジットカード査定においても明確とした値段は理解いただけかねますが、年齢相応のプライスであれば問題ないと思われます。

20歳代では250〜300万前後、30歳代では300〜350万程度です。

ついでに、新卒の人の事例には、勤務年月半年程度でも査定に通る見込みがありこのときの年収の書き方ですが、これは月給×12ヶ月=年収、つまり見込み年収で問題ないのです。

というのも、これは過去新卒時に旧住友銀行の社員からクレジットカード申込時に見込み年収で問題無いと言われたためです。

信用情報に金融事故情報の登録が無い

先程三井住友カードで過去に金融事故を起こしていない事が前提として挙げられていましたが、これは特に三井住友カードに反対にだけではなく、個人信用情報機構に算入している全部の金融法人で金融事故を起こしていない事も不可欠になります。

というのも、査定を担当している三井住友カードはCIC、JICC、KSCと全部の個人信用情報機構に加入しているため、各金融企業での金融事故情報が信用情報に登録されればその情報を総て理解する事が可能なためです。

その上、信用情報に良好な活用実績が登録されている事もこの要件に内蔵されます。

Amazonクレジットカード査定の敷居は?ここまでAmazonクレジットカード査定に不可欠な前提について紹介してきましたが、査定敷居としては提携カードのため銀行系よりも若干緩く流通系よりは厳格なという位置付けになります。

ただ、水準を満たすまでの属性と支出者金融やキャッシングの使用が無く月次の入金でも延滞が無い、なお多重申込でない方であれば、Amazonクレジットカードの取得はそれほど手に負えなくは無いかと思われます。

反対に言えば、支出者金融でのキャッシング活用やその活用による延滞あり、他にもは信用情報に過去6ヶ月間にいくつかの申込情報が登録されている事例には、査定に通らない確率が高いと言えます。

 

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ