クレジット

金融企業には体系というものがあります

金融企業には体系というものがあります

金融企業には体系というものがあります

直近で、日本で発行されているクレジットカードは1万種類以上あると言われています。

もっとも、この1万種類とは同じクレジットカード企業でもVISAやMaster、JCBなどのブランド別や各会社との提携カードなど、たくさんなカードが発行されていますので、何も金融企業が1万社以上あるという訳ではないのです。

しかも、1万種類以上もあれば査定スタンダードも千差万別になりますし、しかもこのカードは着目点がつき易い、いや全く極意は付かないけど付随のサービスが満喫しているなど、何かと対比の対象にはなり易いかと考えます。

ただ、何かと対比の対象になり易いとはいえ、何せ1万種類以上のクレジットカードですので、何か理解いただけ易く分類する技術があれば良さそうな感じがします。

けれども、1万種類以上もあるクレジットカードですが、実を言えばクレジットカードを発行している金融法人には体系というものがあり、その体系別にたくさんなトレードマークがあるのです。

そんな訳で、今度の投稿では、クレジットカード査定における体系別のもち味について紹介します。

クレジットカード別の主な体系はこちら直近で、日本におけるクレジットカード別の主な体系には、支出者金融系・流通系・石油系・信販系・銀行系などがありますので、ここでは各々の体系について紹介します。

●支出者金融系

ご存知、お金に困っている方の強い味方の支出者金融ですが、ご活用は計画的にお願いします。

っと、その事はクレジットカードとは関連ないのですが、昔は多くの支出者金融系がカードを発行していました。

ただ、利益が出なかったのか?本業が忙しくなったのか?はた他にも総量規制の影響によるものなのか?は定かではないのですが、現時点で支出者金融系でクレジットカードを発行しているのは、はじめてのアコム、そうアコム(アコムACマスターカード)のみとなっています。

他にも、このアコムACマスターカードの特色としては、他のクレジットカードと比較し査定スピードが早い点や入金手段がリボルビング専門となっている点になります。

●流通系

この流通系とは、その名の通り諸々なアイテムが流通している企業が発行しているクレジットカードになります。

諸々なアイテムが流通=一流企業スーパーやコンビニエンスストア、大型小売店などがそれに当たります。

一流企業スーパーと言えばイオンカードが名高いですし、コンビニエンスストアと言えばセブンカードやローソンカード(セゾンと提携)などが名高いになります。

その上、流通系クレジットカードのポイントですが、銀行系や信販系と同じくに、クレジットカードの活用代金に応じた着眼点決まりや国内および外国旅行で事故に遭ったときの傷害保険などがあります。

加えて、流通系金融企業では自社への囲い込みという意味合いでカードを発行している時が多々ありますので、自社ショップでの使用で極意〇倍などという特典があるのもポイントとして挙げられます。

●石油系

この石油系とは、だいたいガソリンスタンドを運営している法人が発行しているクレジットカードになります。

ガソリンスタンドを運営していると言えば、ENEOS(ENEOSカード)や出光(出光カード)などが名高いです。

その上、これら石油系のクレジットカードのトレードマークと言えば、先程解説した流通系クレジットカードと同じくに、カード活用代金に応じた着眼点と自社スタンドでガソリンを購買したケースの割引などがあります。

●信販系

クレジットカードにおいて、この信販系は昔から馴染みのある体系になります。

他にも、信販系と言えばオリコやセゾン、ジャックスなど、昔から馴染みのある信販企業の体系です。

それで、信販系のクレジットカードのポイントですが、先程解説した流通系や石油系と同じくに、カード使用代金に応じた着目点や国内および外国旅行で事故に遭った場合の傷害保険などが付随しています。

(部分のクレジットカード)

●銀行系

この銀行系も、昔から馴染みの深いクレジットカードになります。

加えて、銀行系という名前からも分かるように、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行などの一流企業銀行や北陸銀行や近畿大阪銀行など、全国の銀行は当然その系列金融企業も内蔵されます。

また、この銀行系のクレジットカードですが、先程解説した信販系と同じくに、カード使用代金に応じた見所や国内および外国旅行で事故に遭った場合の傷害保険、または自社銀行ATMの使用手数料がフリーなどの特色があります。

特に、巨大資本銀行が発行しているカードにはアフターケアシステムがちゃんととしていますので、よしんばの時にも心配無用です。

●独立系

この独立系とは、その名の通り銀行系、信販系、流通系、独立系のどれにも属さない体系(金融企業)になります。

だいたいリクルートやSBI、NTTなんかがクレジットカードを発行しています。

他にも、この独立系ですが、見所プログラムは当然、自社での活用実績に応じてクレジットカード査定が有利になる時があるのが特色です。

一例を挙げれば、NTTでは自社電話料金の決済状況、SBIでは自社系列の住信SBIオンライン銀行やSBI証券の活用状況などです。

どうでしたか?クレジットカードを仕上げる上で、自身の目的に合ったカードを選択するためにもこれらの体系を覚えておくと後々有益になります。

加えて、各体系によって求めているユーザー層が異なっているため、自身がどの体系に合っているのか?も食い止める事ができるです。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ