クレジット

金融事故は信用情報に5年程度登録されています

金融事故は信用情報に5年程度登録されています

金融事故は信用情報に5年程度登録されています

過去に重大な延滞や債務整頓などの、いわゆる金融事故を起こしている人は、その情報が個人信用情報組織の信用情報に最低5年間は程度される事になります。

その上、この期間はクレジットカード査定をはじめ各種金融アイテムの査定に通る事はかなり困難になっています。

それにより、信用情報に金融事故が登録されており必然的に査定に通りたい人は、その情報が分からないようにと姓名の調整を思い描く事があるようです。

ただ、信用情報には金融事故情報は当然、それ以外にも住所や氏名、加えては電話番号や生年月日まで登録されていますので、金融事故が登録されている人が姓名を修正しても査定に通るのか?は微妙な感じがします。

ただし、姓名が異なるという事は、実際までの姓名から姓が異なるため一見すると全くの別人に見える見込みもゼロではないかも知れません。

すると、信用情報に登録されている本人とは別人=クレジットカード査定に通る見込みがあるようにも思え真っ先にが、実のところのところ如何になるのか?について紹介します。

姓名調整が査定へ与える影響は?クレジットカード査定では、姓名の他にも住所や電話番号、生年月日や勤務先情報など、姓名以外にも数多くの参考に項目があり、そのどれか、またはいくつかが一致すれば例え姓名が変わっていたとしても信用情報に登録されている人と同一人物と決断され査定に落ちる確率が高くなってしまうのです。

例を挙げると、姓名が変わっていても生年月日や電話番号が変わっていなければ、ほぼ間違いなく同一人物だと判明する見込みが高いです。

もっとも、電話番号の手直しはできるですが生年月日の調整は無理になります。

しかも、住所や生年月日が同一でも姓名が異なっていた事例には、信用情報に登録されている個人とは別人と決断される見込みがありますよね?ただ、この事例には双子や三つ子などの事例とかに限定しれると考えます。

その上、結婚して相手の住所へ引っ越した事例には、住所は無論電話番号も手直しになる確率が高くなりますので、以前の姓名で信用情報に金融事故が登録されていたとしてもクレジットカード査定に通る見込みがあるかもしれません。

(この事例は、名前と生年月日のみ一致)ですので、どんだけ査定に通りたいと言っても、信用情報に金融事故が登録されている人が姓名の改変のみだと査定に通る見込みは低いと言わざるを得ません。

同一人物か否かは名前と生年月日で判明します先程もちょっと触れましたが、クレジットカード査定においての同一人物か否か?については、名前と生年月日である程度決断する事ができるとなっています。

例を挙げると、申込者の名前がAで生年月日が1990年1月1日だった時、名前Aと生年月日1990年1月1日で個人信用情報機構の信用情報に照会を掛けて名前A、生年月日1990年1月1日の人物が出てきたら、申込者と信用情報に登録されている人物は同一であると決断される見込みがあるのです。

その後、申込者と信用情報に登録されている人物の電話番号や勤務先などの情報を元に同一人物か否か?の最終決断をする事になります。

もっとも、名前(姓ではない)と生年月日が同一の他人がいるのか?を考えれば、その数は全くゼロという訳では無いかも知れませんが、かなり少数だと考えますよね。

カード査定に通る見込みは少ないと考えますがゼロでは無い?個人信用情報組織の信用情報に金融事故が登録されている人が、結婚して姓や住所などの属性情報が修正になる、または家庭裁判所に姓名調整の申込み手順を行って姓名が変わったケース、クレジットカード査定に通るのでしょうか?それは、世間俗に多々ある苗字(佐藤や鈴木など)や名前で、その上信用情報に登録されている住所や電話番号、加えては勤務先などの情報が異なっていれば、カード査定に通る確率はゼロでは無いように思われます。

その上言えば、過去に本人見極め書類として免許証番号が記載されている運転免許証やパスポートなどの書類を提示していない事も前提になります。

免許証番号やパスポートに記載されている番号は固有の番号になるため、どんだけ姓や住所が変わっていてもこれらの本人検証書類でもうに本人だと分かってしまいます。

つまり、結論を言えば過去に金融事故を起こしている人がクレジットカード査定に通る見込みがあるとしたら、その頃から姓名の手直しだけでは足りないため住所や電話番号、勤務先が変わっている事、過去に提示している本人見極め書類とは別の書類を提示する事などが要件になってきます。

こうする事によって、クレジットカード査定の場合には一見して信用情報に登録されている人物とは異なる人物と決断される確率はゼロではないのです。

ただ、これは断っておきますが前提要件になってくるというだけの事であって、こうすれば絶対査定に通るという訳ではないのです。

クレジットカード査定に100%は無いのですから。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ