クレジット

運転免許証は本人検証書類の中で最上信用性が高いです

運転免許証は本人検証書類の中で最上信用性が高いです

運転免許証は本人検証書類の中で最上信用性が高いです

クレジットカード査定では、カード企業が設定している査定レベルを満たす事が必須になります。

加えて、この査定のときには申込者と申込書に記載されている個人情報が同一人物である事が必ず要件になっています。

この所以としては、悪意ある第三者からの申込を防ぐためなのですが、この場合同一人物である事を証明するために運転免許証や健康保険証などの本人見極めできるな書類の提示が必須になってきます。

もっとも、近頃では第三者によるクレジットカード詐欺が増加してきていますので、カード法人としてもそのような事態を未然に防ぐためにも本人検証書類の提示は必須な要素となっています。

ついでに、本人見極め書類には先程挙げた運転免許証や各種健康保険証、住民票やパスポートなど何個かの種類がありますが、この中では運転免許証がお薦め信用性が高くなっています。

この運転免許証がナンバーワン信用されている所以、それは運転免許証には免許証番号がありこの免許証番号は免許証発行後に紛失や盗難に遭わない限りは同一の番号となっているため、過去に本人検証書類として運転免許証を提示していたケースにはもうに同一人物として見定めする事が可能なためです。

もっとも、紛失や盗難にあったケースには再発行ができるですが、そのときにはある個所の番号が修正になるだけなので、運転免許証の失効が無い限りはほぼ同じ番号になっているのです。

ただ、本人見定め書類としてトップ信用性が高い運転免許証ですが、何個か用心する点がありますので紹介します。

運転免許証番号は12桁からなる固有番号で構成されています日本国内で自動車を運転するために必須な運転免許証ですが、この免許証表面下部には運転免許証番号と呼ばれている12桁からなる番号が記載されています。

他にも、この運転免許証番号は普通に免許取得から免許失効まで異なる事がないのです。

それと、普通にと書いたのは、運転免許証番号の最後の1桁だけ、免許証の盗難や紛失にあってしまい免許証の再発行を行った時のみ番号が変わっていくためで、免許証の再発行が無ければ運転免許証番号が異なる事は無いのです。

それで、この運転免許証番号にはたくさんな趣旨が内蔵されており、一番目の2桁は都道府県コード次の2桁は免許取得年度次の6桁は本人番号次の1桁は読み取り誤りを参考にするための番号最後の1桁は再発行回数というようにきめられた固有の番号が振り分けられています。

つまり、この運転免許証番号を検証すればいつどこで運転免許証を取得したのかが理解いただけます。

他にも、最後の1桁だけが運転免許証の再発行回数ごとに修正になる番号で、再発行回数が0回=0、1回=1、2回=2というように再発行回数が増えるごとに数字も増加していきますが、再発行回数が10回になると0になるのではなく1になります。

これは、最後の1桁の番号が0の事例には再発行回数が無いという事になっている=最後の番号が0になってしまったら、本当は再発行回数10回なのに0回と間違えられてしまい、その事実が分からないまま査定が進んでしまう結果になってしまいます。

もっとも、この再発行回数は何もカード査定のために付いている訳ではないのですが、査定ではこの再発行回数が必須な要素になっているため、ここで再発行回数の判別が可能な事は査定にとっては有効であると言えます。

査定では再発行回数が多々あると不利になる?先程もちょっと触れましたが、運転免許証番号最後の1桁の再発行回数、この数字が多々あるとクレジットカード査定では不利になる見込みがあります。

というのも、運転免許証が再発行される訳としては免許証の盗難や紛失によるものだからです。

自動車を運転するために不可欠な運転免許証をどんな訳があったとしても紛失や盗難に遭うなどという事は、運転免許証の管理が不十分な証拠になります。

それに、運転免許証の紛失や盗難の所以はクレジットカード法人には理解いただけません。

例え自身に非がなく免許証が第三者による盗難にあったとしても、その事実はクレジットカード企業には分からないため、カード法人では再発行回数の数字を見て決断するしかないのです。

つまり、クレジットカード査定では、運転免許証の紛失や盗難が多々ある=管理が不十分=日頃からたくさんな管理が出来ていない確率があると決断されてしまうため、事例によっては査定に通らない見込みがあります。

もっとも、自動車を運転するときには絶対携帯しなければならない運転免許証なので、この運転免許証を無くすという事は、日頃からの管理が不十分と決断されても仕方ないのです。

ですので、運転免許証の再発行回数が多々あるという方は、本人見定め書類の提示では運転免許証では無く別の書類を提示した方が良いです。

何もクレジットカード査定で提示できるな本人見極め書類は運転免許証だけではなく、健康保険証やパスポート、住民元台帳カードなど何個かの種類がありますので、これらの書類の中から提示できるなものを提示して下さい。

 

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ