クレジット

途上与信によってクレジットカード使用限度額の増減が行われます

途上与信によってクレジットカード使用限度額の増減が行われます

途上与信によってクレジットカード使用限度額の増減が行われます

クレジットカードの有効期限内には、とある前提のもと決まった的に行われる法定途上与信と、各カード企業が独自・不定期に行っている途上与信という、2種類の与信があります。

また、これら途上与信ではユーザーの現時点で及び過去における自社及びライバル企業での活用状況をリサーチして、必須であればクレジットカード使用限度額の増額や減額などの処理を行っています。

もっとも、活用限度額の増額になれば現在までよりも多くの限度額にてカードの活用ができるになる=カードの利便性が向上する事になるため、ユーザーにとっては喜ばしい事だと思われます。

ただ、この途上与信によってある日突然カード活用限度額が減額されてしまうと、それまでの限度額で使用していたユーザーにとっては、大いにその利便性が失われるためあまり喜ばしい事とは言えません。

他にも言えば、この使用限度額が減額されると、実際まで自然だと思っていたカードの活用にちょっと移り変わりが出てくる見込みがありますので、採り上げるのの文章で紹介します。

ある日突然使用限度額が減額される見込みがあります法定途上与信はいつ実施されるのか?があらかじめ分かっているため、これによって使用限度額が減額されたとしてもそこそこ心の下拵えが出来ていますので、ああ、なんとなく減額されたのか・・・と、それほど驚く事は無いと思われます。

ただ、カード法人が不定期に実施している途上与信では、いつ行われているのかが分からないため、ある日突然封書が届き減額された旨(あるいは減額された使用限度額が書かれている)を知らされる訳なので、それはもう驚いてするとともに何故?という考えが駆け巡る事でしょう。

けれども、この時点では減額された値段は如何にする事も出来ませんので、今後限度額を戻したいのであれば活用状況を改善して増額されるのを待つ、または改善後に自ら増額の申請を行うなどの対策を行う不可欠があります。

クレジットカード使用限度額の減額による影響これからは、使用限度額が減額された時に出てくる影響について紹介します。

■クレジットカードの使用値段が制限されます■

これは自然ですが、カードの限度額が減額される=それまで使用できるだった限度額が引き下げられます。

限度額が引き下げられるという事は、カードの使用が制限されますので、結果として今後は現在までのようにカードを使用する事が出来なくなります。

そして、カードの活用限度額が減額される人は、実際までも限度額一杯またはそれに近い値段を使っていた確率があるため、仮に多重債務に陥っていた時には今後のカード使用代金の決済が厳しくなる確率がありますので用心が必須です。

■割賦枠にも影響が出る見込みがあります■

クレジットカードにはいつもの買い物で使用できるな買い物枠があり、その枠の中にも使用枠(割賦枠)が付いている事例があります。

加えて、この割賦枠ですが一括払い以外の支払テクニック(分割払いやボーナス払い、リボルビング払いなど)での使用ができるとなっており、この割賦枠の限度額は買い物枠の限度額に内蔵されています。

ただ、この割賦枠ですが、これは割賦提供法の制限を受けるため、支払できる見込額リサーチの結果によってはその限度額が減額される確率があるのです。

もっとも、普通にこの支払できる見込額のチェックはクレジットカードの新規発行査定や更新査定、しかもは限度額の増額査定のときに行われる事が多くなっているため、途上与信とはあまり結びつきないと思っているかも知れません。

ただし、クレジットカード企業の中には先程挙げた各種査定以外にも行っている場合があるため配慮が不可欠です。

(事例あり)ところで、現在まで割賦枠の限度額が50万円だったものが30万円に減額された場合にすでに枠一杯の50万円を使っていたケースには、枠を超えている20万円の一括請求があると思っている人がいるようですが、心配無用して下さい。

これについては、実際まで活用していた割賦枠50万円の活用が出来なくなるだけで、大抵のカード企業ではその入金を実際まで通り行う事ができるとなっています。

ですが、実際までの入金を何度か延滞していたケースには、一括請求が行われる確率がありますので用心が必須です。

カードの有効期限は更新されるのか?活用限度額の減額という、あまり喜ばしくない申込み手順が行われると、中にはその後有効期限が来ても更新済みカードが届かないのでは?と思っている人がいるかも知れませんね。

それに、この投稿を書いている張本人がそう思っていましたので、多分にそう思っている人はいるのでしょう。

もっとも、与信によって自社データベースや個人信用情報機構の信用情報をリサーチした上で限度額が減額された訳なので、更新査定でも自身にとって不利な状況になるのでは?と思う事も仕方がないのです。

ただ、私の過去の経験から言えば、減額されたカードの有効期限1か月前に更新済みのクレジットカードが届きました。

無論、これはカード法人総てを質問した訳ではないので、企業によっては違うところがあるかも知れません。

ただし、途上与信後に自らの属性や信用情報に何かしらの問題が現れてしたケースには、更新済みカードが届かない確率がありますので、減額されたとしても月次の償還を延滞する事無くびしっと行って下さい。

減額されないためには月次の入金をキッチリと行うどうでしたか?クレジットカード使用限度額の減額はある人突然行われるため驚いてしまうかも知れませんが、起こってしまった事実を変える事は出来ませんので、その後は月次の償還を延滞なくキッチリと行う不可欠があります。

この月次の償還をキッチリと行っていないと、更新済のカードが届かないばかりか、こちらの文章でも解説していますが、今後のクレジットカード査定に通らない見込みがありますので配慮が不可欠です。

もっとも、クレジットカード使用限度額の減額に遭わないためのただひとつの手段は、カードの活用は理不尽せず計画的に行う事になりますので、月次の活用には用心しながら気持ちが良いに活用して下さい。

他にも、月次整然と入金を行っていれば、信用情報にも良好なクレヒスが積み重なって行くため、今後の査定では有利になりますので、月次の決済は必須です。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ