クレジット

身内カードが作れない人にはデビットカードがお勧めです

身内カードが作れない人にはデビットカードがお勧めです

身内カードが作れない人にはデビットカードがお勧めです

個人信用情報機構の信用情報に重大な金融事故が登録されている人は、クレジットカード査定に通らない見込みが高くなります。

それ故、そのような人がカードを持つためには、査定なしとして著名な身内カードとデビットカードの2種類になります。

ただ、世帯カードはその名の通り世帯がクレジットカードの本会員になっている必須があるため、世帯にカードを持っている人がいなければ査定への申込自体行う事が出来ません。

そのような人には、キャッシュレスでの買い付けができるなデビットカードをお勧めしますが、このデビットカード、実を言えば2種類あるんですよね。

2種類ある=どっちか、またはいずれもを選択する事ができるとなっていますので、今度はデビットカードについて紹介します。

デビットカードは誰でも持てるカードです過去に金融事故を起こした事がある人にとっては、信用情報から事故情報が削除されない限りキャッシュレスでの買い付けは世帯カードの一択になっていました。

それ故、世帯がいない、または身内がいたとしてもその中にクレジットカードを持っている人がいなければ、買い物や各種サービスの活用=ニコニコ現金払いしか出来ませんでした。

いつも現金での決済しか出来ないため、いつも財布にはそれ相応の現金を入れておく不可欠がありましたので、安全対策面においてはいつも心もとないが付きまとっていたポイントがありました。

そのような中、現在から約十数年ほど前でしょうか?VISAの国際ブランド付きのデビットカードの発行が開始されました。

VISAブランドが付いていますので、日本はもとより世の中各国のVISA所属店での活用ができるとなっており、実際まで現金払いしか選択の余地が無かった人でも手軽に持つ事が出来ました。

もっとも、VISAデビットカードの申込前提は満15歳以上(中学生は除く)となっており、銀行口座を持っていれば査定なしで発行された事もあって、誰でも持てるカードとして徐々にその認知度を上げていきました。

ついでに、デビットカードにはキャッシュカード一体型もあるため、銀行のキャッシュカードとデビットカードという2種類の性能を1枚で使い分ける事ができるとなっています。

ただ、デビットカードはクレジットカードのようにアイテム先渡しの代金後払いが出来ませんので、あらかじめ銀行の銀行預金口座に水準を満たすまでのお金を入れておく必須がありましたが、いつも多くの現金を持ち歩く事と比較し安全対策面では大いに役に立つ事が出来ました。

デビットカードにはVISAとJCBがありますちょっと前置きが以前からずっとなってしまいましたが、以前ではVISAブランドの付いたデビットカードが多数派でしたが、近頃では日本発祥の国際ブランドJCBの付いたデビットカードも発行されています。

また、VISAと言えば知らない人がいないほどカード業界のみならず一般の人にも名高いであり、日本国内はもとより外国においてもVISA算入店が多くあるため、VISAデビットカードがあればかなりのショップでの使用ができるとなっています。

ただ、ここにJCBデビットカードが加わった事により、その使用シーンがそして拡がる事になったため、現時点でではVISAデビットに加えてJCBデビットも使用している人が増加してきているようです。

もっとも、JCBブランドは日本発祥の国際ブランドなので、日本国内に限って言えばかなりの所属店がありますので、その活用シーンも増える事でしょう。

このように、目下日本で発行されているデビットカードにはVISAとJCBがあるため、その選択の余地は徐々に空間つつあるため、信用情報にどこかに問題があってカード査定に通らない人にとっては喪明けまでのつなぎとしてデビットカードが有効になると思われます。

Masterデビットカードは如何になったのか?このMasterブランドは、VISAと並んで国際ブランドとしてはかなり名高いになっていますが、その実目下、日本においてMasterデビットカードを発行している金融機構はないのです。

以前ではただひとつ東京スター銀行がMasterデビットカードを発行していましたが、2008年をもってデビットカード領域から撤退した後は、国内からMasterデビットカードが無くなってしまいました。

もっとも、現時点でではVISAデビットがかなり一般化されていますので、金融組織としてもMasterブランドと提携してデビットカードを発行しなくても良い状況なのでしょう。

ただ、VISAやMasterなどの国際ブランドには各々強みと弱みがあるため、支障がなければ双方のブランドでデビットカードを持ちたいという人がいるかも知れません。

という事で、直近で日本国内で発行されているブランド付きデビットカードはVISAデビットとJCBデビットの2種類のみとなっていますので、今後自らが使用するシーンを腹積もりてVISAかJCBのみ、または双方のデビットカードを持つなどの決断を行って下さい。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ