クレジット

誰だって審査に通らない事はあります

誰だって審査に通らない事はあります

誰だって査定に通らない事はありますクレジットカード査定では、各カード法人の思惑や査定レベルが異なっているため、A社の査定には通ったけどB社の査定には通らなかったなど、一概に査定に通るという訳ではないのです。

また、査定に通った事例には、カード法人から本人限定郵便にてクレジットカードが送付されてくる=この時点で査定に通った事が理解いただけます。

ただ、査定に通らなかったときの連絡についてはカードが送られてくる訳では無いので、どの時点で通らなかったのかが理解いただけません。

それに、査定に通らなかった時にも何かしらの連絡が無いと、次の査定への再申込にも影響が出てきますよね?もっとも、査定申込から水準を満たすまでの時が経てば個人信用情報機構へ信用情報の開示請求を行って見定めする事はできるですがそれは煩わしいですよね?そんな訳で、今度の投稿では査定に通らなかった事実を知るための連絡があるのか?あった時には如何にいった連絡手法があるのか?について紹介します。

査定に通らなかった事例の連絡はあるのでしょうか?クレジットカード査定に通れば本人限定郵便にてカードが送られてきますので、これにて査定にクリアした事が理解いただけます。

その日数は早くて1週間、遅くても2〜3週間程度になりますが、これと同じく査定に通らなかったケースにも先程の日数と同程度で連絡が来ます。

もっとも、査定に通らなかったケースに何も連絡が無ければ、開示請求を行わなければ申込者はいつまでも査定結果を知る事が出来ませんので、カード法人では申込者に反対に連絡をする義務があるように考えます。

ところで、私も以前何個かのクレジットカード査定に申込を行いましたが、査定に通らなかったケースにも絶対何かしらの手段により連絡が有りました。

ただ、クレジットカード申込書の導きやカード法人のWebページなどに記載されている査定期間よりも実のところには短かったり長かったりと、その査定期間にはムラが有りました。

査定に通らなかった時の連絡手段はこちらですこれからは、クレジットカード査定に通らなかった時にはどれほどの連絡技術が使われるのか?について紹介していきます。

この連絡メソッドを知っていれば査定結果を待つ場合のポイントになる事でしょう。

加えて、査定結果(通らなかったケース)の連絡メソッドは以下の通りです。

■封書による定型文書での連絡

クレジットカード査定に申し込んでからある一定の査定期間(カード法人によって異なりますが、大抵2週間前後)が過ぎると、カード法人から一般的郵便で封書が届きます。

普通、査定に通れば本人限定郵便でカードが届きますので、本人限定郵便以外の常識的郵便で封書が送付されてきた時点で査定に通らなかった事が理解いただけます。

そんな訳で、この封書の中には、査定の結果今度はご要望に添えず申し訳ないのですというような定型文が記載された紙が入っています。

はい、封書の中にはこのような文言が書かれた(恐らく定型文として下拵えしてあるものが印刷されている)A4の用紙1枚のみ入っているのです。

非常に味気ないと言えばそうなのですが、これは昔からの査定落ちの慣例になっているので仕方ないのです。

ついでに、査定に通らなかった場合の郵便での連絡ですが、私が知る限り簡易書留で送付されてきた事は1度もないのです。

簡易書留は一般的郵便よりも送付するために少々お金が掛かりますし、査定に落ちたのだからあまり経費を掛ける事が出来ないのでしょう。

■電子メールによる連絡

最近ではインターネット環境が急速に拡大していますので、クレジットカード査定もPCやスマートフォンなどを使ったインターネット経由での申込がメインになりつつあります。

他にも、インターネットからの申込では、大抵の時自ら電子メールアドレスを入力する欄が付いています。

この電子メールアドレスの入力からも分かると考えますが、ここの所ではカード査定の結果を電子メールアドレス宛に送信するクレジットカード企業が増加しているのです。

おっしゃる通り、この連絡テクニックは電子メールアドレスに送信するだけなので必要経費を最小限にセーブする事が可能ですし、あらかじめ決められた文言を切り貼りしてメールに貼り付ければ済むため、今後は電子メールでの連絡メソッドが増加してくるかも知れません。

ただ、この電子メールでの査定結果の通知ですが、1つ用心しなければならない事があります。

それは、近頃のインターネットの一般化によって、どこでメールアドレスが漏れたのかは理解いただけませんが、私達のメール受信箱には普通のメールと共にいたずらメールも一緒に入って来ます。

ですので、仮に貴女がインターネット経由でクレジットカード査定に申し込んだ時には、査定結果が送付されてくるまでの期間、ほぼ定期的自身のメール受信箱の状況を参考にしておく不可欠があります。

このように、査定に通らなかった場合にも一般的郵便による連絡と電子メールによる連絡のいずれかの手法により通知が来ますので、カードが本人限定郵便にて送付されてくるのか?封書または電子メールで査定落ちの連絡が来るのか?を待つ不可欠があります。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ