クレジット

虚偽申告とは事実と異なる情報を申告する事です

虚偽申告とは事実と異なる情報を申告する事です

虚偽申告とは事実と異なる情報を申告する事です

クレジットカード査定にエントリーするためには、カード企業が提供した申込用紙に氏名や住所など不可欠事項を記入する不可欠があります。

ただ、査定に心もとないのある人は、この申込書に事実と異なる情報=虚偽申告を行うケースがあります。

もっとも、望むと思ったカードは何が何でも手に入れたいと思う事は人間の欲求としてもちろんだと考えますので、どういった手を使ってでも手に入れたい=査定に通りたいと思う事は仕方のない事かも知れません。

ただし、この申込書というものは申込者とカード法人とを繋ぐ相当価値があるなものになっており、カード法人ではこの申込書に記入された情報を元に査定を行いカード発行の可否を決断しているのです。

それにより、申込書に事実と異なる情報(虚偽申告)が記入されていた時には的確な査定を行う事が出来ないため、査定期間にも悪影響を及ぼす見込みがありますので、申込書には的確な情報を記入する必須があります。

けれども、中には虚偽記載を行う人もいるのですが、査定で虚偽記載を行うと如何になるのか?について紹介します。

申込書に虚偽記載をする人の特色とはこれは明確と言っておきますが、大数多にの人は査定申込書に虚偽記載を行う事無く事実を正直に記入していると思われます。

ですので、断っておきますが虚偽記載を行う人はごく少数派なので、ここは勘違いしないで下さい。

さて、査定において申込書に虚偽の記載を行う人に共通している事は、過去において査定に通らなかった事が多々ある人=査定にそれに対しの心もとないが大きい=今度も査定に通らないかも知れないと考慮している事です。

もっとも、カード査定には100%は無いためみんな絶対通るという訳ではないのですので、査定落ちばかりしている人にとっては何とかして通るために虚偽記載を選択するのでしょう。

特に、個人信用情報機構の信用情報に金融事故が登録されている人にはその性質が強いようです。

他にも、現時点での年収額に心もとないを感じている人にも勤続期間や年収についての虚偽の記載を行う人もいるようです。

査定では申込者の今後の収入見込みが肝心視されているので、これらの属性に心もとないがある人もいる事でしょう。

虚偽記載をしてもカード法人にバレる確率が高いですクレジットカード査定で住所や氏名、電話番号や勤続年月、年収などについて虚偽の申告を行ったとしても、査定が進む段階で100%とは言えないまでもかなりの確率でカード法人に判明する確率が高いです。

というのも、カード査定では申込者の全ての情報をリサーチしているため、氏名や住所を偽ったとしても生年月日や運転免許証番号など、本人を特定するための情報をチェックすれば直ちにに分かる事なのです。

特に、過去において数多くの金融アイテムの査定へ申し込んだ事がある人は、本人検証書類として運転免許証や健康保険証などの本人検証書類の提示を行っている見込みが高いため、これらの情報をチェックすれば直ちにに分かってしまいます。

もっとも、実際から数十年前には現在ほどデジタル化が進んでいなかった事もあり中には有効な手段もありましたが、直近での査定体系においては虚偽の申告を行っても無意味に終わる確率が高くなっています。

事実に少々下駄をはかせる事はできるです例を挙げると、これはカード査定とは直接的な係りはないのですが、住宅ローンではその申込価格は多額になる時が多々あるため、申込者の年収において課税証明書や源泉徴収票の提示が義務付けられています。

★住宅ローンは、家屋を買うだけではなく改修にも活用できますが、リフォームローンは改修専門です。

という事は、貸し出し企業側で申込者の課税証明書や源泉徴収票に記載されている費用を見れば、あきらかに申込者の年収との整合性が取れていない=虚偽記載である事がもうに判明しますので、虚偽申告を行っても無意味になる確率が高いです。

ただ、これがクレジットカード査定の時にはわずか事情が違ってくるのです。

というのも、カード査定では住宅ローンと違って課税証明書や源泉徴収票の提示は義務付けられておらず年収については自己申告となっています。

★住宅ローンが残っている時、改装のための貸付金をこしらえる事は可能なのでしょうか?無論個別の状況によりますが、査定に通れば住宅ローンとの並存はできるのようです。

自己申告となっているため自身の年収に少々割り増ししても問題ないのです。

けれども、これは断っておきますが少々であり、実のところの年収が220万を250万と申告するケースは少々の範囲内になりますが、実のところの年収が150万円なのに2倍の300万円と記載するのはあきらかに少々の範囲を超えているため、査定の段階でカード法人に判明する確率が高くなります。

この訳として、クレジットカード法人には水準を満たすまで勤務先や年齢と年収とのバランス(規格)があり、申込者の勤務先情報や年齢と年収とのバランスを見た上で、カード企業がこれはあきらかにバランスがおかしいと決断される確率が高くなるからです。

すると、この例のような時にはカード法人から通常であれば提示無用の課税証明書や源泉徴収票の提示を求められる確率が高くなってしまい、結果年収の虚偽申告がバレてしまう=査定に落ちる確率が高くなってしまいます。

しかも、住まう期間や勤続期間などの数字を記載する属性情報に関しても、あまりにその年月が短いため査定において虚偽申告を行う方がいますが、これも先程の年収と同じくに少々の範囲であれば下駄をはかせても問題ないのです。

この要因としては、年収と同じくに査定では住民票の提示や勤務先への本人見極め連絡での勤続期間の検証は行わないためです。

例を挙げると、実のところの住まう年月が10ヶ月なのに1年と記載するのは問題ないのですが、実のところの住まう年月が3ヶ月なのに1年と記載するのは少々の範囲を超えていますのでやめた方が良いです。

査定で虚偽記載が判明するとこうなります先程も紹介しましたが、年収や住まう、勤続期間などに関しては少々の下駄をはかせる事は、それほど査定結果に影響を与える事はないのです。

ただ、事実と大きく乖離した数字や氏名や住所、年齢など本人特定のための必須な情報について虚偽の申告が判明したケースには、カード法人からはかなり感触が悪くなります。

その結果、査定の途中でも打ち切り=査定終了となる見込みが高くなりますので、カード査定では虚偽記載なく事実を申告するようにして下さい。

最悪のケースには、そのカード法人の自社黒入り=今後数十年あるいは半永久的にこのカード法人が査定を行っている金融アイテムの活用が出来なくなりますので、用心が必須です。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ