クレジット

自社黒になるとクレジットカード査定に通りません

自社黒になるとクレジットカード査定に通りません

自社黒になるとクレジットカード査定に通りません

クレジットカード査定について調査していると、ブラックリストや信用黒、加えて自社黒など、○○黒という会話を目にする事があると考えます。

この中で、信用黒とは個人信用情報機構の信用情報に重大な延滞や事故情報が登録されている事を表す言語になります。

ついでに、ブラックリスト=信用情報に事故情報が登録されているクライアントリストのように思われるかも知れませんが、個人信用情報組織間や金融企業間にそのようなリストは影響していません。

オンライン情報には、金融業界にはブラックリストが影響していますという情報が出回っていますが、リストと言うものは影響せず信用情報に金融事故が登録されているステータスの事を指していると思われますので、勘違いしないで下さい。

また、もう一つ自社黒についてですが、これはその名の通り自社=金融企業での黒、つまりとある金融法人で黒になっている=各種金融査定に通らない確率が極めて高いという事になるため、この自社黒には配慮が必須です。

自社黒とは?先程もチラッと書きましたが、この自社黒とは金融法人内での黒=その金融企業が用意しているクレジットカードやキャッシング、貸付金などの各種金融アイテムの査定に通らない確率が高いという趣旨を持っています。

金融企業では、各種査定のときに個人信用情報機構の信用情報を照会して、信用情報に何か問題があるのか無いのか?を査定可否の決断原材料にしていますが、その情報とは別に金融法人の自社データベースで管理しているカスタマー情報を持っています。

また、この自社情報には、ユーザーの直近で及び過去における自社での金融アイテム使用情報が登録されており、良好なクライアント情報は無論延滞や債務片付けを行ったクライアント情報もちゃんとと登録されているのです。

そんな訳で、金融企業では各種査定のときに、この自社情報も照会して申込者が今現在及び過去に自社で重大な金融事故を起こしていた事例には、ほぼ問答無用でクレジットカード査定に落ちる事になってしまうのです。

もっとも、金融企業では現時点で及び過去に自社で重大な金融事故を起こしているカスタマーに反対に、新たに信用枠を与えたケースにはまた同じ事を反復する確率がありますので、そのようなカスタマー(元クライアント)からも申込があったケースには査定結果に反映させています。

過去に金融事故を起こした事がある方は、反省して今後金融事故を起こさない見込みもありますが、二度ある事は三度あるということわざもあるように、今後再び金融事故を起こす確率がありますので、そのような方をユーザーにしないという事は仕方のない事です。

自社黒の登録期間について個人信用情報組織に登録されている信用情報には、その情報の種類によって登録期間が定められており、普通に登録期間が経過した情報は随時削除される事になっています。

ですので、信用情報に金融事故が登録されているケースには、その登録期間を見極めして情報が削除されてから各種金融アイテムの査定へエントリーする事になります。

ただ、金融法人独自で保有している自社黒情報の登録期間については、信用情報のように登録期間のスタンダードがあるという訳では無く、その期間は各金融法人によって異なっているのです。

それにより、金融企業の自社黒の登録期間については、該当の金融企業のごく部分の社員しか知らない極秘情報になっていますので、その期間を知るためには過去に金融事故を起こした金融法人へ査定の申込をする以外にないのですが、それを行えるするためには危険性がありますので現実的ではないのです。

そんな訳で、この自社黒の登録期間ですが、オンライン上で言われているのが半永久的に登録されているという事になります。

もっとも、過去に自社で金融事故を起こしている方は半永久的に自社カスタマーとして認めないという方針は把握する事が出来ます。

ただし、これはとある場合ですが、10年ほど前にとある金融法人で金融事故を起こした方が、その金融企業が査定を行っている金融アイテムの査定に通った事がありますので、一概に半永久的に登録されているとは言い切れないのです。

結局自社黒の登録期間はどれくらい?これについては、先程も解説しましたがその登録期間は各金融企業によって異なっていますので、私たち一般市民ではその詳細を見極めする事は出来ません。

ただ、中には登録期間が決まっている金融企業がある一方で、オンライン上の各種情報によると大数多くの金融法人の自社黒期間は半永久的になっている確率が高いと思われます。

ですので、過去に金融事故を起こした事がある金融法人の金融アイテムへの申込は、余程そのアイテムが望むという時でなければあきらめた方が良いかも知れません。

もっとも、どんだけその金融アイテムが欲しくても、金融企業で自社黒になっている限りは査定に通らない確率が高くなります。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ