クレジット

査定に通らない人は前もって対策が必須です

査定に通らない人は前もって対策が必須です

査定に通らない人は前もって対策が必須です

クレジットカード査定の中身は、カード企業の査定担当者以外には全く知られる事が無いほどブラックボックスに包まれています。

このため、査定に通るか通らないかは実のところに申込を行ってみないと理解いただけません。

他にも、査定に通らなかった人は、デフォルト別の査定へ申し込んだとしても通らない確率があるため、最初に査定前の前もって対策をちゃんとと行ってから再び査定への申込を行った方が良いです。

もっとも、みんな前もってに査定結果を100%予見する事は無理になっているので、もちろんですが査定に申し込んだ人の中には査定で落ちる人もいます。

というか、査定に申し込んだ人全部が合格したら査定そのものが無用のような気がしますので通る人がいれば落ちる人がいるのももちろんと言えます。

そんな訳で、査定前の前もって対策ですが、何個かやるべき事がありますので今度のテキストで紹介します。

査定に通らないのには絶対きっかけがありますので、査定前にはそのきっかけを解消しておく不可欠があるのです。

査定に通らない所以を解決する必須があります意識しを定めて申し込んだクレジットカード査定に通らなかったケース、結構落ち込むかもしれませんが、落ち込んでばかりいては何も決着する事は出来ないため、何故査定に落ちたのか?そのきっかけを突き止める必須があります。

もっとも、査定に通らない訳の詳細については、直接クレジットカード企業の査定担当者に聞く以外理解いただけませんが、査定担当者が要因を教えてくれるはずがないのです。

そんな訳で、私たちはありとあらゆる情報を駆使しながらその所以=きっかけを突き止めて落着すれば、今後の査定へは万全のステータスでエントリーする事ができるになるのです。

とは言っても、査定には100%が無いため、前もって対策をしても通らない確率はありますが、対策をしない事例と比べればその確率はかなり低くなります。

査定前の前もって対策はこちらそんな訳で、これからはクレジットカード査定に通らなかった人がやらなければいけない前もって対策について紹介しますね。

自身の属性が一定の査定規格にあるか見定めする各クレジットカード企業では、自社で取得やりたいカスタマー層向けに自社独自の査定レベルを設定しており、私たち活用者はこの査定水準を満たしてこそ初めて目的のカードを持つ事ができるになります。

ただ、カード企業独自の査定水準の詳細については、全部世間に公開される事はないのです。

ただ、そうは言ってもこの査定レベルには一般的なクレジットカードであれば当てはまる一定のスタンダードがあるのです。

ですので、査定に通らない人が最初に第一に行わなければならない事は、自身の属性が一定の査定水準を満たしているのか?の見定めになります。

これは、自らの属性になりますので、住まう期間や勤務形態、勤続年月や年収などの各項目と、クレジットカード査定レベルを対比して、各々の項目が規格以上であれば今後紹介するほかの情報にきっかけがある見込みが高くなります。

反対に、何かしらの項目が査定水準を満たしていなければ、それが査定に通らない要因になっている確率がありますので、初めにその項目をレベル以上にする必須があります。

また、スタンダード以上になったら改めて査定への申込を行った方が良いです。

多重申込をしていないか?見極めする先程紹介した一定の査定水準と自らの属性を照らし組み合わせた結果、特に問題が見つからなかった、ただし査定には通らなかったという人は、短期間でいくつかの査定申込が無かったのか?を見定めして下さい。

これは、短期間(信用情報に申込情報が登録されている6ヶ月間)でいくつかの査定申込があると、カード法人から普段暮らしにおいて何かしらの問題があり急いでクレジットカードを生み出す不可欠があると決断される見込みがあるためです。

なお、信用情報に申込情報のみが残っていると、カード法人では競合企業の査定に通らなかったのは何かしらの問題があった見込みが高く、そのような申込者は余程の事が無い限り自社ユーザーとして迎い入れる事は厄介なと決断され、結果査定に通らなくなってしまいます。

ですので、どんだけ急いでクレジットカードが望むと思ったとしても、この多重申込は控えて下さい。

査定に通らなかった場合には、ちょっと間を空ける事も必須になります。

信用情報の開示請求を行う自らの属性が一定の査定レベル以上で、なおかつ多重申込も行っていないとなると、査定に通らない訳は個人信用情報機構の信用情報に何かしらの問題が登録されているからかも知れません。

俗に、査定では申込者の属性情報と信用情報に登録されている中身を元に行われるため、属性に問題が無ければ信用情報に問題がある事は明白です。

ただ、信用情報の中身は個人信用情報組織へ信用情報開示請求を行わないと見極めする事が出来ませんので、査定に通らない、または査定が心もとないだという人は、査定申込前に信用情報の開示請求を行って下さい。

しかも、信用情報にどこかに金融事故情報が登録されていたケースには、この事故情報が査定に通らない所以となっている確率が高いため、信用情報から事故情報が削除(登録後5年程度)されてから査定への申込を行う不可欠があります。

ついでに、時によっては5年以下でも事故情報が削除されていたり、反対に5年が経過しているにも関わらず事故情報が削除されていない時もあるため、査定に通らない人はこの開示請求が不可欠になります。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ