クレジット

査定では何故在籍見極めが不可欠なのか?

査定では何故在籍見極めが不可欠なのか?

査定では何故在籍見極めが不可欠なのか?

クレジットカード査定では、申込者本人か如何にかを検証するために本人見定め書類の提示や個人信用情報組織に登録されている信用情報の照会、しかもは勤務先への在籍検証電話などをしながら査定を進めていく事になります。

これは、カード申込が第三者によって行われた事例にはカードが悪用される懸念があるためです。

もっとも、今の時代のクレジットカード査定事情では、各クレジットカード企業や個人信用情報機構などカスタマー情報が登録されていますので、第三者が申込者になりすまして査定にクリアする事はほぼ無理になっています。

それは何であれ、査定で本人見定めを行う所以は、この第三者による悪用を防ぐ目的ともう1つ、申込書に記載されている中身に虚偽の記載があるのか否か?についてリサーチする目的があるのです。

例を挙げると、申込書に記載されている住所に申込者が住まうしていなかったらカード発行→使用料金の延滞が生じてしたとしてももうに連絡を取る事が面倒になってしまいます。

その上、申込書に記載されている勤務先に勤務していなかったら現実に申込書に記載の年収があるのか如何にかも疑わしくなってしまいますよね?また、申込書に記載の年収に虚偽があった事例には、カード発行→活用料金の延滞が現れてする確率が十分腹積もりられますので、カード法人としては査定の段階でそのような状況になる事を防ぐ不可欠があるのです。

クレジットカード査定で在籍見極めはある?先程解説した要因により、普通にクレジットカード査定では本人見定めのため申込者が実のところに勤務先へ勤務しているのかを見極めするために在籍見極め電話を行っています。

しかも、この在籍検証電話で申込者が申込書に記載の勤務先へ勤務している事が分かれば、勤務先情報はもとより年収についてもそこそこ理解する事ができるになります。

ですので、査定における在籍検証電話は非常に必須な役割を持っていますので、査定のときには普通に勤務先へ在籍見定め電話が掛かってきます。

ただ、勤務先への在籍検証電話が掛かって来ないケースもあるのです。

在籍見極めなしの場合はこちらクレジットカード査定では、普通に在籍見定めがあります。

ただ、ここの所の査定高速化の流れによって中には在籍検証なしで査定可否の決断を行っている事例も出てきています。

もっとも、私の経験上この在籍検証の連絡がある=査定に通る確率が高いという指標にもなっていたので、在籍見極めがないとこの判断基準が無くなってしまいます。

それは置いておいて、これからは在籍見定めなしの場合について何個か紹介していきます。

■査定なし事例の詳細■●信用情報の勤務先と申込書の勤務先が同一新卒の人の人や新卒後数年の人を除けば、社会人になってから水準を満たすまでの期間が経過しており、その期間において信用情報にいくつかの金融アイテムの使用履歴が登録されている確率があります。

加えて、クレジットカード査定の申込者が、すでにカード法人の自社及び競合企業の金融アイテム(カードクレジットやオートクレジットなど)を活用中の事例には、それらの金融アイテムの勤務先情報が自社データベースおよび個人信用情報組織の信用情報に登録されています。

そして、信用情報に登録されている勤務先情報と採り上げるの申込書に記載の勤務先情報が同じ=在籍検証が取れている事になるため、査定の場合在籍検証電話が掛かって来ない見込みがあります。

●直近で成約情報があるクレジットカード査定では、個人信用情報組織の信用情報を照会しながら査定を進めていきますが、直近でこの信用情報に同業ライバル企業による成約情報が登録されていた時には、在籍見定め電話が掛かって来ない見込みがあります。

というのも、直近で同業ライバル企業に成約情報がある=同業ライバル企業で在籍検証が取れていると決断可能なためです。

金融企業では、カスタマーの債務貸し倒れを防ぐために、査定のときには属性や信用情報をくまなくリサーチする事になりますので、その結果査定にクリアしている=住まうや在籍検証が取れている事になるのです。

●スピード査定を売りにしているカード以前では考慮しられなかった最短即日査定などのスピード査定ですが、最近ではオンライン使用による査定体系の向上によって、何個かのカード企業で行われるようになりました。

ただ、スピード査定を売りにしている以上は査定スピードが遅くなってしまう事は避ける必須があるため、在籍見極めなしで査定を行っている事例が心積もりられます。

ただし、どんだけスピード査定とは言ってもも、申込情報と信用情報の登録中身が一致しない、信用情報に軽微な延滞情報が登録されているなど、状況によっては在籍見極めの連絡が掛かってくると考慮しておいた方が良いです。

さらに、現時点におけるスピード査定を売りにしているクレジットカードには以下のものがあります。

Yahoo!JAPANカード楽天カードAmazonMasterCardエポスカードところで、アコムACマスターカードもスピード査定を売りにしていますが、発行企業のアコム株式会社は支出者金融系の金融法人のため、100%に近い確率で在籍見定めの連絡は掛かってきます。

●良好なクレヒスが数多く登録されているクレジットカード査定では、申込者の収入状況は無論ですが直近で及び過去における金融アイテムの活用状況も必須な査定項目となっています。

それ故、信用情報に良好なクレヒスが数多に登録されている人はそれだけでかなり信用力が高いと決断されるため、事例によっては在籍検証がスルーされる確率があります。

●勤続期間や年収が高い先程のクレヒスと同じくに、この勤続期間や年収も査定においては必須な項目となっているため、勤続年月が永らく年収も高い人は、信用情報次第ですが在籍検証が掛かって来ない確率があります。

どうでしたか?クレジットカード査定の在籍見極めが無い場合として上述5つについて紹介しました。

ただ、これらの場合に当てはまったとしてもカード企業によっては在籍見定めの電話を行っているケースがありますので、断っておきますが掛かって来ない場合としてポイントにしていただければと考えます。

 

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ