クレジット

支払日を守る事は会員の義務です

支払日を守る事は会員の義務です

支払日を守る事は会員の義務です

クレジットカード活用代金の支払日は、各クレジットカードの従って異なっており、月次月末や26や27日、その上は月初の2日や10日など諸々ありますよね?ですので、クレジットカードの保有枚数が1枚のケースには支払日で困るような事は無いと考えますが、4枚や5枚も持っていると月次の支払日で混乱する=決済を延滞する見込みもゼロではないのです。

例を挙げると、Aクレジットカードの支払日とBクレジットカードの支払日を勘違いしていたり、CクレジットカードとDクレジットカードの支払日を勘違いしていたりと、クレジットカードをいくつか枚持っているとついうっかり支払日に引き落としが出来なかった=入金を延滞する見込みがあるのです。

そもそも、私たちクレジットカード活用者とクレジットカード企業との間には立替払い契約が結ばれており、クレジットカード企業によってクレジットカード使用代金の決済日が決められています。

他にも、クレジットカード活用者はその期日までに銀行の引落口座へ入金する事が契約によって定められています(査定申込書の裏面に記載有り)ので、絶対期日までに入金を済ませておく必須があります。

ただ、先程も解説しましたがどこかに要因によって支払期日までに入金が間に合わなかった時、クレジットカード企業によっては後日改めて再引き落としをかけるところがありますので、入金日までに入金が間に合わなくても直ちにに入金をする不可欠があります。

その上、クレジットカード法人によっては後日の再引き落としを行わないところがありますので、そういう時には別途振込用紙が送付されてくる事になるため、通常はそういう申込み手順が行われる事が無いように決済日までに入金を済ませておく必須があります。

支払日に遅れた事例には直ちににカード法人へ連絡して下さいこれは普通な事になりますが、よしんばクレジットカード活用代金の決済が遅れてしまったケースには、直ちににクレジットカード法人へ連絡して下さい。

クレジットカード企業によっては、月次の引落日に引き落としが出来なかった時には、わずか日にちを開けてまた引き落としをかける事がありますが、これは実のところにクレジットカード法人へ見定めしてみないと理解いただけません。

特に、自らの勘違いで後日再引き落としが行われるから入金だけはしておこうと思っても、再引き落としが行われなかった事例には延滞が続く事になるため、事態は悪化する一方になるため用心が必須です。

この事態が悪化する一方になるという事は、延滞期間がずーっとなる事を指していますので、その結果クレジットカード企業から督促の連絡が来る確率が高くなってしまうのです。

入金不能が続くとカード法人から督促状が届きますこれはもちろんと言えばそうですが、クレジットカード法人からの再三の決済請求に反対にも決済を行っていない=決済不能になってしまうと、今度はカード法人から支払期限を区切った督促状が届く事になります。

しかも、この督促状が届くという事は、クレジットカード法人としてはもうこのまま延滞を見過ごしている訳にはいかないという意思表示の表れとなっている事からも分かるように、事態はかなり深刻なものとなっている事が理解いただけますよね?督促=いい加減早く決済を行って下さいという事になりますので、クレジットカード法人としてもかなりしびれを切らしている事が理解いただけます。

督促状が届くという事は要注意人物になっています普通の支払期日までに入金が行われていない→後日の入金にも応じていない、これはクレジットカード法人から見ればかなり深刻なユーザーになりますので、今後は自社との取引を行う事は出来ない=要注意人物となっています。

クレジットカード法人に要注意人物として認識されてしまうと、これはもちろんですがこのカード法人が発行しているクレジットカード査定に通る事はかなり手に負えなくなる、というかほぼ無理になってしまいます。

その上、クレジットカード使用代金の延滞が2ヶ月程度続いてしまうとクレジットカードの使用停止になる確率があり、活用停止になってしまうとその後更新カードが届く事はないのですし、この活用停止の事実が個人信用情報機構の信用情報に登録される事になります。

信用情報に活用停止の事実が登録される=金融事故情報が登録されるという事は、今後このクレジットカード企業の査定は言うまでもなくライバル企業の査定にも通らなくなる確率が高くなってしまいます。

加えて、このクレジットカード法人がクレジットカード以外の金融アイテム(カードクレジットやオート貸付金など)を用意している事例には、これらの金融アイテムの査定にも通らなくなってしまうのです。

ですので、クレジットカードの活用代金は月次延滞なくびしっと支払うようにして下さいね。

何はともあれ入金には遅れない事が肝心ですクレジットカードの活用者には、その使用代金を月次延滞なくびしっと支払う義務があります。

これは、先程もちょっと触れましたがクレジットカード査定に通る=クレジットカード法人との契約が結ばれる事になりますので、使った分はきっちりと償還する必須があります。

ですので、クレジットカードの使用代金の決済は月次キッチリと償還して下さい。

月次びしっと償還していれば自然と良好なクレジットヒストリーが積み重なっていきますので、今後のクレジットカード査定を含めた各種金融アイテムの査定で有利に進める事ができるになるのです。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ