クレジット

割賦提供法はクレジットカードには欠かせません

割賦提供法はクレジットカードには欠かせません

割賦提供法はクレジットカードには欠かせません

銀行には銀行法、支出者金融や信販法人などの貸金プロには貸金業法など、各々の業務形態には制限される法律があります。

近場のエキスパートさんは、トラブルがあった事例に直ちにに来ててくれる心配無用感があります。

また、これはクレジットカードにもあって、カードに関わる色々なルールを定めたものが割賦提供法と呼ばれている法律になります。

もっとも、この割賦提供法とはクレジットカードの活用においてカード企業と活用者(ユーザー)との間で健全な取引が行われるために作られたルールが記載されていますので、各カード企業ではこの割賦提供法に基づいてクレジットカードに関わる業務を行う不可欠があるのです。

つまり、今後クレジットカードを使っていく場合にはカード企業と同じくに割賦提供法による制限を受ける事になり、カードの活用限度額についても割賦提供法に基づいて決められているためその限度額の範囲内での使用に限定しれています。

割賦提供法の意義とはこの割賦提供法が無ければ、クレジットカードの活用限度額を各カード企業で決める事になるため、カード企業によってはカスタマーの支払できる額を超えた限度額の設定が行われる見込みがあり、その結果として債務超過=多重債務者を出してしまう見込みも否定する事が出来ません。

ですので、この割賦提供法ではカスタマーの活用限度額を支払できる見込額という指標を基にして算出する事を定めており、各カード法人ではこの支払できる見込額のもとカスタマーの活用限度額を設定しているのです。

加えて、この支払できる見込額の設定によって、カスタマーのクレジットカードの利用し過ぎを前もってに防ぐとともに、自らの収入に組み合わせて月次整然と償還可能なようにする事ができるとなっています。

つまり、この割賦提供法があるおかげで、私たちカード活用者は健全なカードの活用を行う事が可能なようになっているのです。

もっとも、これには自ら自分がクレジットカードを計画的に使用する事が大前提になります。

支払できる見込額の算出はこうなります割賦提供法の改正により、買い物ご使用枠の中で分割払いやリボルビング払い、ボーナス払いについては、支払できる見込額の90%を超えた分割・リボ枠の設定が禁止されました。

それ故、クレジットカード査定のときには、各カード企業が割賦提供法に定められた算出技術に沿って査定申込者の支払できる見込額をチェックするように義務付けられました。

加えて、カード査定では個人信用情報機構の信用情報を照会して申込者の活用状況をチェックしているため、申込書のお願い使用額欄に100万や200万と記載があったとしても支払できる見込額を超える限度額の設定は出来ないため、お願い額以下になる場合もあるのです。

この活用限度額は、あくまでも支払できる見込額の範囲内において設定される不可欠があるのですから。

そんな訳で、この支払できる見込額の算出では、申込者(カスタマー)の年収や暮らし費、加えては現時点での債務(一括払いを除く分割払いやリボ払いなど)=年間請求予定額によって決められます。

■年収について■

クレジットカード査定では、普通に年収は自己申告となっているため、それを証明するための書類の提示はないのです。

ただ、キャッシング枠の申請において一定の価格以上になると年収を証明するための書類の提示が求められる見込みがあります。

この所以としては、カードに付随するキャッシング枠は貸金業法による総量規制の制限を受けるためで、総量規制では年収の1/3を超える借入が制限されています。

それにより、キャッシングを使用する場合には年収を証明するための書類が必須になる事例があります。

■暮らし維持費について■

この暮らし維持費とは、各世帯ごとの1年間における暮らしに掛かる経費を算出したものになります。

各世帯ごとになるため、結婚している者と独身とではその価格は異なり、持家や賃貸、そしては持ち家の事例には住宅ローンの有る無しについても異なってきます。

住宅ローンは、居宅を買うだけではなく改装にも使用できますが、リフォームローンは改装専門です。

それでは、以下に暮らし維持費の算定手法を記載しておきます。

各世帯(生計を共にしている)  人数 1人  2人   3人  4人ハウス総額(住宅ローンなど) なし  90万円 136万円 169万円 200万円              あり  116万円 177万円 209万円 240万円※暮らし維持費は、法令に定める「暮らし維持費の算定メソッド」により算定した額です。

※暮らし維持費は地域によって異なります。

■年間請求予定額について■

この年間請求予定額とは、クライアントが1年間で支払う予定の債務総額になりますが、この中には一括払いでの入金は内蔵されず、分割払いやボーナス払い、リボルビング払いが対象になります。

もっとも、一括払いはその都度決済を行う必須がある=どれほどの債務になるのかが分からないため内蔵されません。

しかも、この年間請求予定額は個人信用情報組織の信用情報に登録されている情報を元に算出されるため、自社は言うまでもなくライバル企業での債務(住宅ローンやオートクレジットなども含む)総額も対象になります。

一例を挙げれば、カードのリボルビング払いを使用しており、月次の最低支払費用が3万円の時には、3万円×12回=36万円が、月次の決済費用が5万円の事例には5万円×12回=60万円が年間請求予定額に内蔵される事になります。

●支払できる見込額の計算例

新たにクレジットカードを発行するカスタマーの自己申告年収が350万円、世帯(生計を同一にしている)人数が4人、家屋総額の入金があり個人信用情報機構の信用情報をチェックした結果、年間請求予定額が60万円の事例だと、支払できる見込額=年収350万円−暮らし維持費240万円−年間請求予定額60万円=50万円分割・リボ払枠=支払できる見込額50万円×90%=45万円となります。

支払できる見込額リサーチを行なうタイミングはこちらクレジットカード企業による支払できる見込額チェックを行う時分ですが、これは途上与信のように不定期に行われている訳では無く、ある一定の時分に行われています。

他にも、支払できる見込額リサーチを行うポイントは以下の通りとなっています。

●クレジットカードの新規発行査定

●カードの有効期限による更新査定

●分割・リボ払枠の増額査定なお、カードの有効期限による更新査定のとき、分割払いやリボルビング払いの活用残高の合算額が5万円未満のケースには行われない場合が多々あるようです。

いずれにしても、こういったタイミングには支払できる見込額リサーチが行われるため、使用限度額の減額に遭わないためには常日頃からクレジットカードの計画的な活用を心掛ける必須があります。

 

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ