クレジット

世帯カードにはたくさんなもち味があります

世帯カードにはたくさんなもち味があります

世帯カードにはたくさんなもち味があります

大抵のクレジットカードには、オプションとして生計が同一の身内が持てる身内カードがあります。

(部分世帯カードのオプションが無いクレジットカードあり)加えて、この世帯カードはクレジットカードとは名称が違うだけで一般的なクレジットカードと同じくに使用する事ができるとなっており、多様な良い面があります。

もっとも、良いところがあれば留意点(短所)もあるため、その双方を抑えておく必須があります。

そして、身内カードにはクレジットカードを持つ事例に不可欠な査定が無い=クレジットカードを持っている本会員の信用状況が良好であれば無査定で発行されますので、信用情報に延滞や金融事故情報が登録されている人でも身内にクレジットカードを持っている人がいれば世帯カードが製作できる確率があるのです。

ただ、先程も書きましたが身内カードを作成しようにあたって長所や短所(注意すべきポイント)がありますので、採り上げるのの投稿で紹介します。

身内カードの良いところについて普通に世帯がおり、その世帯がクレジットカードの本会員になっていれば、身内カード申込者の査定は無用な世帯カード、言うまでもなく査定なしという良いところもそうですが他にも長所がありますのでこれから紹介します。

世帯カードの良いところは以下の通りです。

■長所■

●普通に無査定

普通に世帯カードは、クレジットカード本会員の属性情報や信用情報を元に査定が行われるため、本会員に問題が無ければ発行されます。

●年会費フリーのケースがある

本会員のクレジットカードの年会費がフリーだと、身内カードの年会費もフリーのケースがあります。

(局所の世帯カードは有料の時あり)

●入金は本会員が行う

身内カードは本会員のクレジットカードに付随しているため、世帯カードの使用代金決済は本会員のカード使用代金と共に本会員が入金ます。

●本会員と極意の合算ができる

クレジットカードに見所が付く事例には、本会員のカード着目点と身内カード要点の合算ができるです。

●本会員の付帯サービスが受けられる

本会員のクレジットカードに買い物保険や盗難保険が付いている時には、これらの各種保険が世帯カードにも適応されるケースがあります。

そんな訳で、身内カードの良いところをまとめると、本会員のカードに基づいたサービスを受ける事ができるとなっています。

ただ、本会員の信用状況次第になりますが無査定でカードが持てるというところが大きいですね。

これは、査定で困っている人にとっては助け舟になりそうです。

世帯カードの悪いところについて良いところがあればもちろんその反対の短所もありますので、ここでは身内カードの短所について紹介します。

■短所■

●使用限度額は本会員の使用限度額に内蔵される

世帯カードの活用限度額は本会員のクレジットカード使用限度額に内蔵されるため、本会員の使用限度額以上の使用は出来ません。

一例を挙げれば、本会員のクレジットカード活用限度額が50万円の事例、本会員が30万円使用している時には世帯カードの限度額は残り20万円までとなります。

●使用代金の引落は本会員の口座から行われる

身内カードの使用代金は本会員のクレジットカードの引落口座から引き落とされるため、本会員は世帯カードの使用代金を理解しておく必須があります。

●使用明細書が本会員へ送付される

世帯カードの使用明細は本会員のクレジットカード使用明細書内に記載されるため、身内カードで何を調達、または活用したのかが本会員に分かってしまいます。

ただ、本会員からしてみれば、世帯カードの使用状況が分かるため管理がしやすいという良いところにもなります。

●クレヒスが付かない

断っておきますが身内カードは本会員のクレジットカードに付随している=身内カードの使用代金は本会員が支払っているため、どんだけ身内カードを使用してもクレジットヒストリーが付く事はないのです。

●新規加入着目点がもらえない

クレジットカードによっては新規参加で5000要点や10000極意がもらえるイベントを行っているものがありますが、世帯カードに新規参加してもこれらのキーポイントをもらう事は出来ません。

そんな訳で、身内カードの短所をまとめると、活用限度額が本会員のクレジットカードの範囲内という点と、世帯カード活用者のクレヒスが付かない点が大きいです。

特に、信用情報に良好なクレヒスがないという人にとっては、この世帯カードはメリットがあるに映ると思われます。

身内カードの名義と使用限度額は如何になりますか?本会員の属性や信用状況が良好であれば発行される確率が高い身内カードですが、肝心のカード表面にマーカーされている名義人とどれほどの活用ができるなのか?について良く分かっていない人がいるかも知れません。

もっとも、本会員のカードに付随している訳なので、その名義や限度額の詳細は実のところにカードを受け取ってみないと分からないと思っているのかも知れません。

そんな訳で、これからは身内カードの名義人は誰になるのか?その限度額はどれだけなのか?について紹介します。

■カード名義人は身内カード申込者になります

本会員のクレジットカードに付帯している身内カードですが、カード表面に印字されている名義人は本会員ではなく身内カード申込者となっています。

もっとも、クレジットカードは本人以外の第三者が使用する事は出来ません。

これは、例え世帯(配偶者)と言っても使用する事は出来ず、カードに印字された本人しか使用する事が出来ないのです。

それにより、身内カードの名義が本会員になっていたら世帯会員は使用する事が出来なくなってしまうため、世帯カードの名義はカード申込者となっています。

ついでに、クレジットカードは本人以外の活用は会員規約で禁止されているため、例え身内だとしても他人に貸して使わせる行為は会員規約に違反しているため、最悪カードの使用停止になる確率があるため配慮が不可欠です。

■活用限度額は本会員のカードに内蔵されます

これは先程の悪いところでも触れましたが、身内カードの活用限度額は本会員の限度額に内蔵されます。

加えて、身内カードの活用代金は本会員の使用代金と合算して本会員の口座より引き落とされますので、世帯カード使用の場合には本会員と折衝してどの程度活用しても良いのか?を検証する必須があります。

そうしないで身内カードを利用し過ぎてしまうと、その分本会員の活用できる残高が減少してしまったり、本会員の入金できる額を超えてしまう=延滞する見込みが出るため用心が不可欠です。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ