クレジット

ハウスカードはクレジットカードの種類です

ハウスカードはクレジットカードの種類です

ハウスカードはクレジットカードの種類です

私たちが実際住んでいる日本で発行されているクレジットカードには、支出者金融系や流通系、信販系や銀行系、そしては独立系など、諸々な体系に属しているカードがあります。

また、これらの各種体系から発行されているカードにはVISAやMasterなどの国際ブランド付きの他にハウスカードと呼ばれているものがあります。

いつもクレジットカードを使用している人の中にはハウスカードという名前を知らない人も多々あるかも知れません。

そんな訳で、このハウスカードですが名前から推測するにあたってはハウス=居宅になるため、ある一定の範囲でしか使用する事が出来ないカードに思えますが、実のところにはどんなクレジットカードなのでしょうか?ハウスカードは活用位置限定のカードですこのハウスカードですが、良くあるクレジットカードにVISAやMaster、JCBなどのブランドが付いていない、ハウスカードの発行企業とその系列法人のみで活用できるな、ある意味活用箇所が制限されているカードになります。

使用箇所が制限されていますので、VISAやMaster、他にもはJCBなどのブランド付きカードと比べると利便性では劣ってしまいます。

また言えば、VISAやMaster、JCBなどのブランドが付いていませんので、もちろんですが日本はもとより世の中各国のVISAやMaster、JCB所属店での使用は出来ません。

もっとも、ハウスカード自体にはVISAやMaster、JCBなどのブランドロゴが入っていませんので、一目でそれらブランド所属店での使用が出来ないという事は分かると考えます。

ただ、そこはハウスカードなのでひとまず利便性は二の次に置いておき、査定に心もとないのある人が気になっているこのハウスカード査定が一般的なカード査定に比較してそのレベルが低くなっている性質があるのです。

そして、このハウスカードは発行法人及びその系列企業での使用に限定されますが、ハウスカード=クレジットカードになるため、使用に応じて査定で肝心になってくるクレジットヒストリー(以下クレヒス)が積み重なってきます。

ですので、このハウスカードは現時点で信用情報にクレヒスが無い、またはクレヒスが少ないという方にとってはクレヒス修行用としてお勧めのカードとなっています。

ハウスカードの査定状況はこうなっていますこのハウスカードは、発行している金融企業自社及びその系列法人でのみの活用に制限されている=活用範囲が限定されています。

この活用範囲が限定されているという事は、つまりそれだけ決済に対する危険性も不特定数多くを対象としている一般のクレジットカードよりも限定される事になります。

もっとも、一般的なカードの使用範囲は日本は言うまでもなくワールドワイド各国になっているのと比べると、自社及び系列法人のみの使用ですから、かなりその範囲は限定的と言えます。

加えて、決済危険性が限定されているという事は、結果としてハウスカード査定は他の一般的なクレジットカード査定よりもそのスタンダードが低くなっているのが現況です。

反対に言えば、一般的なカードと同じ規格で査定を行えば、一般的なカードの方が各種特典や利便性の面でメリットがあるなため、ユーザーが集まらない危険性があります。

ハウスカードの活用実績は今後の査定では有効になりますその上、ハウスカードとは言ってもクレジットカードと同じくに代金後払いでアイテムを買い物する事ができるなので、その決済実績はクレヒスとして個人信用情報組織の信用情報に積み重ねられる事になるため、クレヒス手引きとしては最適のカードと言えます。

加えて、ハウスカードを発行しているクレジットカード企業がVISAやMaster、JCBなどのブランド付きカードも発行しているのであれば、ハウスカードで実績を製作する事によってその金融企業から信用を得る事が可能なため、その後ブランド付きのカード査定では優遇される確率が高くなります。

ですので、今現在個人信用情報組織の信用情報に事故情報が登録されているという方は、最初に開示請求を行い信用情報から事故情報が削除された事を見極めしてからハウスカード査定に申込を行ってみて下さい。

その後、無事査定に通りカードが発行されたら使用実績を積み重ねて信用力を膨れ上がるさせて、その後ハウスカードを発行しているクレジットカード法人のブランド付きカードに申請するという流れが良いかと考えます。

ところで、今現在日本でハウスカードからVISAやMasterなどの国際ブランド付きカードへの大きく上乗せ等級ができるなものは、日産カード(ハウス)やコスモザカードハウスなどがありますので、査定に心もとないのある方はこのハウスカードでの実績作りも思い巡らすする事をお勧めします。

ハウスカードで良好な活用実績を積み重ねておけば、その後同じクレジットカード企業が発行しているブランド付きのカード査定に通る見込みが高くなりますので、査定に通らない人はこの急上昇等級の使用はブランド付きカード取得への近道になります。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ