クレジット

デビットカードはこんなところがリーズナブルです

デビットカードはこんなところがリーズナブルです

デビットカードはこんなところがリーズナブルです

デビットカードを使用するにあたっては、何か安上がりな事(良いところ)が無いといけません。

もっとも、信用情報に金融事故が登録されている人は普通のクレジットカード査定には通らない見込みが高くなりますので、事故情報が削除されるまでのつなぎの意味合いでデビットカードを仕上げる場合もあります。

もっとも、普通のクレジットカード査定に通らない人であれば、普通に査定無しで発行されるこのデビットカードはそれだけで良い面のような気がしますが、本当はそれ以外にも良い面があるのです。

そんな訳で、今度の投稿ではデビットカードの良い面は無論短所についても紹介します。

デビットカードの良いところはこちら

●発行時の査定がない

普通のクレジットカード発行時にある査定がデビットカードにはないのです。

査定がないという事は、普通に満15歳以上(中学生不可)の人であればみんな発行できるなカードとなっています。

この査定がないという事は、信用情報に金融事故が登録されている人はもとより、目下カード査定に通らなくて困っている人にとっては、相当メリットがあるに感じると考えます。

ついでに、ごく部分のデビットカードには発行時に造作なくな査定がありますが、大抵の人は問題なく査定に通ると思われます。

●多重債務の気がかりが無い

デビットカードは、あらかじめ銀行口座にお金を入れておき、その残高の範囲での活用に限定しれるため、自らの口座残高以上の購入が出来ません。

口座残高以上の買い付けが出来ない以上はカードの利用し過ぎによる債務超=多重債務の懸念事項がないのです。

●銀行ごとに付加長所サービスがある

デビットカードは各銀行が発行しているため、いつものクレジットカードには無い付加美点があります。

例を挙げると銀行と言えば入金や引き出し、加えては振込などが行えますが、ATM活用手数料フリーや振込手数料フリーなど、各銀行によってその回数は異なりますが独自の付加長所サービスが付いています。

●見所サービスやキャッシュバックがある

デビットカードにも、クレジットカードと同じくにカード使用代金に反対に要点の付与が付いている時があります。

デビットカードを使えば秘訣が付与されるため、現金で買い付けをするよりも安上がりと言えます。

さらに、普通に銀行は金融業務が主になるため自社独自のキーポイントサービスを持っていない銀行もあります。

それにより、こういった銀行が発行しているデビットカードには直接銀行口座へ活用代金の数%をキャッシュバックするサービスが付いている場合もあります。

いずれにしても、デビットカードはカードの中に現金が入っているようなものなので、購入のときに直接現金で支払うよりもデビットカードを使った方がリーズナブルと言えます。

デビットカードの悪い面は?普通に査定なしで発行されるデビットカードですが、リーズナブルな面もあれば不便な面(短所)もありますので、これからはその悪い面について紹介します。

●デビットカードの選択の余地が少ない

以前と比較してデビットカードを発行している銀行が増大してきてはいますが、その数はクレジットカードとは比べ物にならないほど少ないです。

地方銀行から発行されているデビットカードを入れても100種類あるか?といった感じなので、10000種類以上あるクレジットカードと比べると1/100となっています。

選択の余地が少ないのでその使用シーンも限定しれますが、多額の現金を持ち歩く事と比べる=安全対策面を考えればそれほど苦にはならないかも知れません。

●口座残高以上の活用が出来ない

これはもっともな事ですが、デビットカードは銀行口座残高の範囲内での活用に限定されるため、残高以上の活用は出来ません。

それ故、残高以上の買い付けを行おうとすると決済不可(エラー)になってしまうため配慮が不可欠です。

●要点還元率が低い

デビットカードには極意サービスが付いているものもありますが、その多くは0.5%の還元率となっており、いつものクレジットカードの還元率(1%以上)と比べるとその還元率は低くなっています。

もっとも、デビットカードは極意還元率に重きを置いているという訳ではないのですので、還元率が低い事は仕方ないのです。

●デビットカードを重宝する

ショップがクレジットカードよりも少ない普通に、このデビットカードはVISAやJCBなどクレジットカードのブランドが付いていればそのブランドを取り扱っているショップで使用する事ができるです。

(デビットカードにはMasterブランドはないのです)ただ、局所のショップではどんだけVISAやJCBなどのブランドが付いていても、クレジットカードはOKでデビットカードはNGというところがあるため、前もってに店舗でカードが機能面で優れたのか?の見定めは行った方が良いです。

店舗で調達や食事をした後、入金をデビットカードで行おうとしたら『使えません』では焦ってしまうため、用心が必須です。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ