クレジット

クレジットカード紛失による再発行について

クレジットカード紛失による再発行について

クレジットカード紛失による再発行について

現時点でのカード社会においては、1人でいくつか枚のカードを保有している人も多くなっていると考えます。

ただ、いくつか枚保有で気を付けなければならない事があり、それはカードの紛失や盗難の事になります。

クレジットカード使用中に紛失や盗難に遭ってしまうと、第三者に不正活用される懸念があるため、早めにカード法人へ連絡するとともに再発行申込み手順も行う必須があります。

それは、今現在手元にカードが無いため今後も継続してカードを使用するためには再発行してもらう以外無いからです。

また、このクレジットカードの再発行ですが、あまり知られていないかも知れませんが査定があり、その査定に通る事によって新しいクレジットカードが発行されるのです。

もっとも、クレジットカード会員に加入する場合にも査定に通る必須があるので、再発行=新たにカードが発行されるため査定がある事は仕方ないのです。

そんな訳で、採り上げるのの投稿ではこの再発行査定について紹介します。

再発行までに行うべき申込み手順や連絡メソッドなど、必須な事は一通り紹介するのでよしんばカードの紛失や盗難に遭った場合にはポイントにしてみて下さい。

カードの紛失や盗難に遭ったらカード法人へ連絡する貴方の保有していたクレジットカードが盗難に遭う、または紛失してしまった時には、何を差し置いてでもカード法人へ電話連絡して活用停止の申込み手順を行って下さい。

それも紛失や盗難が判明したらもうに行って下さい。

そうしないと、紛失、盗難したカードが第三者によって不正使用される危険性が高くなってしまいます。

それで、この場合の電話連絡ですが、各カード法人ではサービスセンターを据え付けしているところが多くなっていますので、このサービスセンターへ連絡して下さい。

(電話番号はフリーダイヤルになっている時が多々あるです)加えて、カード企業へ電話連絡をしたら、オペレーターの指示に従って現在まで使用していたカードの使用停止と再発行申込み手順を行って下さい。

使用停止の申込み手順が早ければ早いほど第三者による不正使用を防ぐ事ができるになります。

ついでに、カードの紛失や盗難に遭ったときに、カードに付いているVISAやMaster、JCBなど国際ブランドの連絡先を調査してそちらに電話連絡をしなければならないと思っている人がいますが、カードの紛失や盗難のときにはカードを発行した企業へ連絡をして下さい。

警察にて紛失や盗難の申込み手順を行って下さいクレジットカード法人への電話連絡を終えたら、今度は最寄りの交番に行って、カードの紛失届や盗難届の提示を行って下さい。

この申込み手順は、最寄りの交番の警察官にクレジットカードを紛失した、または盗難されたと伝えればOKです。

その上、このとき警察から届け出に関連する受付番号が発行されますので、この受付番号を再びカード法人へ電話連絡をして伝えて下さい。

この申込み手順を行う事によって、仮にカードが第三者によって不正使用されたとしても、紛失や盗難保険の補償を受ける事ができるになります。

反対に言えば、この申込み手順を行っていないと、よしんばカードが不正活用された場合にも紛失や盗難保険の補償を受ける事が出来ませんので、絶対行うようにして下さい。

ついでに、この紛失や盗難保険の補償の対象になる不正使用は、カード企業へ届け出た日の過去60日間までとなっているため、なるべく早めに届け出を行って下さい。

あまりに遅くなってしまうと過去60日以前の不正活用については補償の対象外となってしまうため用心が必須です。

クレジットカードの再発行査定についてこれからが当テキストの本題になりますが、カード企業ではクライアントから再発行の申込み手順があるとカスタマーに反対にカードを再発行しても良いのか否かの決断を行うため、再発行査定を行います。

もっとも、この再発行査定はクレジットカードを新規で発行する時のような、ユーザーの勤務形態や勤続年月、年収や住まう形態などの属性や個人信用情報機構に登録されている信用情報を質問しながら厳正な査定を行っている訳ではないのです。

再発行査定ではクライアントの使用状況がリサーチされますそんな訳で、この再発行査定で行われる事ですが、このカスタマーが盗難・紛失したカードを発行してから現在までの期間での活用状況についてのリサーチになります。

加えて、この現在までの活用状況ですが、だいたい過去において決済の延滞や未入金の有る無し、なおはカードの活用頻度なども査定の対象になっています。

それはそうですよね?ユーザーの現在までの使用状況が良好であればカード法人としても今後継続してクレジットカードの使用をお願いやりたいところだと考えますし、過去に入金トラブルのあったクライアントに反対には今後もその見込みがあるため注意深いに再発行査定を行わざるを得ないのです。

つまり、普通にはクライアントの実際までのクレジットカード活用履歴に問題があったのか無かったのかについて査定が行われるため、クライアントの実際までのカード活用技術に特に問題が見つからなければカ無事カードが再発行される確率が高くなるのです。

反対に言えば、実際までのクレジットカードの使用メソッドに問題があると再発行が見送られる事になるため、カードの取り扱いには十分配慮をして計画的な活用を心掛けて下さい。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ