クレジット

クレジットカード査定終了までにかかる時間

クレジットカード査定終了までにかかる時間

クレジットカード査定終了までにかかる時間

査定に申し込んだものの、いつまで経っても査定結果の連絡が来ない、もうとっくにカードの査定期間は過ぎているのにまだ査定結果の返答が来ないなど。

早くクレジットカードが欲しくて査定に申し込んだものの、いつまで経ってもクレジットカード法人から連絡が来なかった事、貴方には経験有りませんか?これは私も経験がありますが、前もってに諸々と自身の要望に合ったカードをチョイスしてで、いざ査定に申し込んだのにいつまで経っても通ったのか通らなかったのか?が分からないなんて、これってささやかなストレスになりますよね。

ただ、普通にカードの査定期間というものは各カード企業によって決まっているものなので、申込用紙またはカード企業のWebページ内に記載があります。

ただ、わずか特殊と言うかクレジットカード査定に時が掛かる事もありますので、採り上げるのの文章で紹介します。

査定が遅い要因は以下の4つですこれからは、何故クレジットカード査定に時が掛かっているのか?かなりの期間待っているけど何故査定結果の返答が来ないのか?その所以について紹介します。

ところで、査定が遅い要因には以下の4つの項目が挙げられます。

ですので、現時点で査定への申込を行っており、中々査定結果が出てこないという人は、以下の4つのどれかに当てはまっていないか?の見極めを行ってみて下さい。

申込書記載の住所や勤務先情報と信用情報が異なっている個人信用情報組織の信用情報には、氏名や住所、電話番号、勤務先など、申込者についての属性情報が登録されています。

他にも、各カード企業ではこれらの属性を元にしてクレジットカード査定を行いカード発行可否の決断を行っています。

また、信用情報に登録されている申込者の住所や勤務先とクレジットカード申込書に記載の住所や勤務先が異なっていると、カード法人ではカード査定に時が掛かる時があるのです。

というのも、カード企業としては申込者が実のところにそのスポットに影響しているのか?を見定めする不可欠が有りますので、こうした時には申込者の勤務先へ連絡したり住民票を取り寄せたりする確率が高くなるためです。

また、勤務先への連絡は何であれ住民票の取り寄せにはちょっと時が掛かる時もありますので、結果としてカード査定に時が掛かり申込者への返答も遅くなってしまうのです。

ついでに、信用情報に登録されている住所や勤務先と申込書に記載されている住所や勤務先が同一の事例には、勤務先への電話連絡(在籍検証)が行われない事もあります。

信用情報に軽微な延滞情報が登録されているクレジットカード査定では、信用情報に異動や債務整頓などの重大な事故情報が登録されていた事例には、査定に通らない確率が極めて高くなります。

その訳としては、過去に重大な金融事故を起こした人は今後も金融事故を起こす確率が高くなるからです。

それにより、信用情報に異動や債務片付け情報が登録されている時には、これらの情報が信用情報から削除されるのを待ってから査定への申請を行う必須があります。

ただ、異動や債務片付けのような重大な事故情報では無く軽微な延滞情報が登録されていた事例には、クレジットカード法人によってはカード査定に通るケースがあります。

けれども、この時にはより詳細な査定になる性質が高いため、結果として査定結果が出るまでに時が掛かる=返答が遅くなる確率があります。

カード申込者による信用情報や属性情報の相違カード査定にエントリーする人は、各々暮らしをしている環境が異なりますので、申込者によって信用情報や属性情報が異なっている事例が多くなります。

もっとも、属性や信用情報が全く同一という人がいたら、それはそれで多少心境が悪くなります。

それは何であれ、申込者の中には信用情報や属性情報が良好な人とそうでは無い人がおり、この両者ではカード査定に掛かる時に差が出る確率が高くなり、結果属性や信用情報があまり良くないという人は査定に時が掛かる確率があります。

なお、住まう期間や勤続年月、なおは年収などの属性が、クレジットカード法人が定める査定水準を上回るか下回るかの微妙なラインにいる事例、結局査定の期間がずーっとなる見込みがあります。

それはそうですよね。

カード企業でも自社の利益になるかならないか=微妙なライン上にいる人の査定には注意深いにならざるを得ないのですから。

カード法人はクライアントをゲットして利益を上げる必須があるため、査定の段階で不利益になる申込者は排除する必須があるのです。

クレジットカード査定の申込者数が多々ある各クレジット企業では、不定期に各種イベントなどを行って自社カスタマーゲットの増加を図っています。

また、これらイベントによってでカード申込者が増加したケース、カード法人で応対できるなキャパを超えている=査定が間に合わない=査定に時が掛かりその返答が遅くなってしまうのです。

例を挙げると、カード企業で1日に応対できるな申込者数が100人だった時、300人の申込があれば3日、500人の申込があれば5日査定に時が掛かる計算になります。

カード法人としては、クライアントを入手して利益を上げたいのはもちろんですが、それと併せてゲットしたクライアントが不良債権になってしまう確率も排除する必須がありますので、少々支出が掛ったとしても申込者を一人ひとり自社の査定レベルに照らし組み合わせながら査定を行う不可欠があるのです。

即日査定でもその日には終わらない見込みがあります以前はアナログ的な査定仕組みだったため、最近増加してきている即日査定というものが無く、査定申込〜査定結果が出るまでに1〜2週間程度掛かっていたポイントがありました。

それ故、私たち申込者は査定に掛かる期間については約1〜2週間程度と心積もりていました。

ただ、ここの所の査定仕組みの高度化によって、今現在何個かのカード企業で即日査定を導入していますが、みんな即日で査定が完了するという訳ではないのです。

この訳として最も多々あるのが先程も紹介しましたが信用情報にどこかに問題が発見された事例になるのです。

査定を行う上で、この信用情報は相当大切な要素となっているため、ここに問題が見つかったらスムーズに査定を進める事が出来なくなるため、結果として査定が即日では終わらなくなります。

ですので、この即日査定は断っておきますが属性や信用情報に特に問題が無い人向けと心積もりておいた方が、その後即日で査定が終わらなかった場合にストレスにならなくて済みます。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ