クレジット

クレジットカード査定への申込は満18歳以上から

クレジットカード査定への申込は満18歳以上から

クレジットカード査定への申込は満18歳以上から

日本国内で発行されている大抵のクレジットカードの査定では、満18歳以上(高校生不可)という申込前提が付いています。

これは高校生以外の満18歳以上の方であれば査定への申込ができるですよという意味合いとなっています。

もっとも、どんだけ満18歳以上とは言ってもも査定に通るという訳ではないのですので、この申込前提は断っておきますが査定への申請が行えますよという意味合いになります。

ただ、どんだけ満18歳以上とは言っても日本の法律では未成年になっているため、高卒で新社会人の方や学生の事例には、普通に両親の同意が無ければクレジットカード査定への申込を行う事は出来ません。

ただし、このとき父母の信用情報に重大な延滞や自己破産や任意整頓などの金融事故が登録=信用黒だったケースには、我が子のクレジットカード査定へはどれほどの影響が出るのか?が気に掛かるところだと考えますが、その解答は査定に通る事はほぼ無理になります。

そんな訳で、採り上げるのの文章ではクレジットカード査定において、何故両親が黒だと娘の査定に通る事が出来ないのか?について紹介します。

信用黒だと査定に通らない確率が高いですこれについては、個人信用情報機構の信用情報に重大な金融事故が登録されている=いわゆる信用黒の事例には、クレジットカード査定を含めたほぼ全部の金融アイテムの査定には通らない確率が高くなります。

その訳としては、過去に1度でも金融事故を起こしている人は、二度ある事は三度あるということわざがあるように、今後再び金融事故を起こす見込みがあるからです。

それ故、信用黒の方がクレジットカードをスタート出来とした各種金融アイテムの査定に通るためには、重大な事故情報が登録されてから5年程度(自己破産の官報情報は10年間)経過して信用情報から事故情報が削除されるまで待ってから、各種金融アイテムの査定への申込を行う必須があります。

同居か別居かによって査定結果が異なるのか?クレジットカード査定での両親が黒の場合に査定結果に与える影響ですが、本当は両親と同居しているのか?父母と別居しているのか?によってその結果が異なるのか?について紹介します。

高卒後に大学へ進学、または一般会社に就職して我が家を離れる=父母と別居している人もいるでしょうから。

もっとも、大学へ進学、一般会社へ就職ともにうちの家屋から通える距離であれば、うちの家屋に暮らしながら通う=暮らし費が浮くためこの生き方を選択している人も多々あると考えます。

■娘と父母が同居している事例はこちら■

初めに、娘と父母が同居している事例についてですが、両親と同居しているという事は余程の事が無い限り我が家の電話番号が同じという事になりますよね?我が家の電話番号が同じという事はクレジットカード査定の段階で両親の信用黒がバレてしまう確率があるのです。

というのも、査定では電話番号が同一のケース、その電話番号での活用履歴がある父母の情報が出てきます。

その結果、クレジットカード査定への申請で同意が不可欠な父母が信用黒だと査定に通らない確率が高くなってしまうため配慮が必須です。

■息子と父母が別居しているケースはこちら■

第二に、我が子と両親が別居している時についてですが、これはクレジットカード査定の場合に申込者(未成年や学生)のうちの家屋の住所や電話番号をチェック・照合する事になります。

うちの家屋の電話番号が照会されるという事は、両親がその電話番号で過去に金融事故を起こしていたら直ちにに父母の信用黒が判明してしまいます。

その結果、我が子のカード査定には通らない確率が高くなるため、とどのつまり配慮が必須です。

ところで、ここで両親の信用黒は我が子には係りないと思うかも知れませんが、娘が未成年のうちは両親が後見人の役目を果たしている訳なので、この後見人が信用黒だと娘への査定結果に悪影響が出てしまう事はある意味仕方ないのです。

両親が黒の時には成人してからの申込が良い?ここまで我が子が父母と同居しているのか?別居しているのか?による査定への影響について紹介してきましたが、いずれのケースも父母が信用黒だと直ちにに分かってしまうため息子がクレジットカード査定に通らない見込みが高くなってしまいます。

つまり、父母が信用黒だと我が子が高卒後もうにクレジットカードの組み立てをやりたいと思っても査定に通らない確率が高いので、20歳=成人になってから査定への申込を行った方が良いと考えます。

成人になってしまえば査定のときに両親の同意は不可欠ないのです。

または、父母が信用黒であっても係りが無いデビットカードを使用して、20歳になったら一般のクレジットカードに切り替えるという手法もあります。

このデビットカードは、普通に満15歳以上(中学生不可)であれば査定なしで発行され、銀行銀行預金残高の範囲内であればどんだけ使っても債務超過の悩ましいが無いカードになります。

債務超過の悩ましいが無いという事は、高卒後の新社会人または学生が持つにはうってつけのカードと言えます。

また、父母としても我が子が一般的なクレジットカードを持つよりも多重債務に陥る確率がないデビットカードの方が心配無用可能なと思われます。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ