クレジット

クレジットカード査定の詳細は色々です

クレジットカード査定の詳細は色々です

クレジットカード査定の詳細は色々です

クレジットカード査定に通らない、または何度となく査定に落ちてばかりいる人にとって最高知りたい情報、それはいかにして査定に通る事が可能なのか?しかもそういうカードがあるのか?ではないでしょうか?おっしゃる通り、査定に落ちてばかりで中々クレジットカードを生み出す事が出来ない人にとっては、どんなクレジットカードでも良いから1日でも早く作りたい、それによりにはどこかにそのようなクレジットカード情報が無いか?とインターネット上を探し回っているかも知れません。

ですので、そのような人はオンライン検索で出てきた、ユーザーを甘い言語で誘いながらクレジットカードを解説されている、いわゆるWebページ管理者の都合の良いカードばかりが並べられたWebページの情報に頼って査定に申請するのですが、結果は・・・言わなくても理解いただけますよね?だって、そういうWebページ管理者の方々はクレジットカード査定の本質を解釈していないのですから、そのようなWebページの情報を鵜呑みにしてはいけないのです。

そんな訳で、今度の投稿では目下査定に通らない人が狙うべきカードについて紹介します。

オンライン上にある甘い言い回しに惑わされないで下さい一番目に断っておきますが、インターネット上にある甘い会話でユーザーを誘いしているクレジットカード情報は嘘ばかりですから信用しないで下さい。

これは、先程もわずか触れましたがああいった情報は、Webページ管理者の都合の良いクレジットカードを選択してで解説しているだけなので、何故そのクレジットカードが良いのか?の根拠があいまい、または嘘の情報が多々あるのです。

もっとも、ああいったWebページの中には、これは明らかに支払優先で運営しており、査定の実情は二の次というところもありますので配慮して下さい。

本当はクレジットカード査定に連続で落ちている人には困難なのに安心と解説されて査定に申し込んだら落ちてしまった、こういった人が後を絶たないのです。

初めに査定に通らない訳を知るべきです真っ先にはじめに言っておきますが、目下クレジットカードが作れない人=査定に通らない人には何かしら通らない所以がありますので、初めにその所以を究明してから査定へのエントリーを行う必須があります。

加えて、査定に通らない所以を究明する=自身には何が足りないのか?が判明するため、その後は足りないところを補ってから査定への再申込を行うと査定に通る確率が高くなります。

何事にもそうですが、前もって下拵えというか前もって対策は必須になってくるのですから。

連続で査定に通らない人が狙うべきカードのポイントはこれさて、これからが当テキストの本題になりますが、今現在査定に通らない様子が続いている人がいつものカード査定へのエントリーを行ったとしても査定に通らない見込みがあるため、初めに狙うカードを絞る必須があります。

その上、狙うべきカードのポイントを知る事によって、直近でインターネット上にある色々なクレジットカード情報に頼らなくても、自身で最適なクレジットカードを見つける事は十分できるになってくるのです。

そんな訳で、これからは査定に通らない人が狙うべきクレジットカードの前提について紹介します。

■支払手段がリボ払いのみのカードを狙う■

クレジットカードの決済手段には、一括払いや分割払い、他にもはボーナス払いやリボルビング払い(以下リボ払い)など、色々なテクニックがありますが、中にはリボ払い専門のカードがあります。

しかも、このリボ払いとは、手っ取り早くに言うと月次の支払額を一定にする決済テクニックの事ですが、支払期間が延びる=支払金利分も増えるという悪い面があります。

ただ、これは私たちカード活用者から見た話であって、クレジットカード企業から見れば金利分収入が見込める事になります。

クレジットカード企業としては、自社利益を拡大していく不可欠があるため、金利分収入が見込めるクレジットカードには力を入れているのです。

それは、カード活用者への紙媒体やメールによるDMを読めば明らかです。

その中には、入金手段をリボルビング払いに改変すれば各種特典や見所が貰えるなどのうたい文句が書いてある事からも理解いただけます。

特に、某クレジットカード企業からのDMには月次のようにリボ払いを進める旨の記載があるため、余程リボ払いを勧めたいのかが理解いただけます。

■テレビCMや各種PRをしているカードが意識し目です■

毎日メールの受信箱を参考にしていると、やたらとPRメールを送信しているクレジットカードがあり、そういうカードには目下イベント中のものが多く、イベント中=自社クライアントの拡大を図っている性質あります。

さらに、テレビCMを流しているという事は、テレビCMを流すには多額の経費が掛かるため、その経費を回収する必須があり、その結果より多くの自社クライアントをゲットする必須があるのです。

ところで、これは先程あげた要件とは異なりますが、クレジットカード法人の中には温情発行と言って、使用限度額を最低限に抑えてカードを発行しているところがあります。

この温情発行ですが、通常であればクレジットカード査定に落ちるような属性の人でも信用情報に事故情報が無く良好なクレヒスが登録されているケースに、活用限度額を10万円以下に設定してカードを発行する事になります。

一例を挙げれば、勤続年月が少ない(1年未満)、または年収が低い(年収200万円未満)という人であっても、信用情報に事故情報が無く良好なクレヒスが登録されていれば、温情発行によって使用限度額の低いクレジットカードが発行されるのです。

ただ、温情発行とはいえクレジットカードが発行された訳ですから、今後はそのクレジットカードで良好なクレヒスを積み重ねていけば、使用限度額が増額される、またはあと一歩使用限度額の高いクレジットカード査定に通る見込みが出てきます。

結局のところ査定に通るか否か?は本人の属性や信用次第ですクレジットカード査定には定期的それこそ数千人刻みでの申請があります。

(あるいはそれ以上)また、これら数千人の属性情報や信用情報が全く同じという事は無く、人によって属性や信用は違っています。

勤務先が公務員だったり一般会社だったり、勤続年月が1年だったり10年以上だったり、または良好なクレジットヒストリーがある人がいれば延滞や部分入金が付いている人もいたりします。

その上言えば、どんだけ査定では有利な公務員であったとしても信用情報の中身次第では査定に落ちる事も十分あるのです。

つまり、どれほどのクレジットカードでも、実のところに査定に通るのか否か?は申込者本人の属性や信用次第になり、その結果は申し込んでみないと理解いただけません。

ですので、今現在クレジットカード査定に通らなくて困っている人は、インターネット上の甘い言い回しに惑わされず自身自分の属性や信用を改善した方がいいと考えます。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ