クレジット

クレジットカード査定に100%は絶対にありません

クレジットカード査定に100%は絶対にありません

クレジットカード査定に100%は絶対にありません

つまり、クレジットカードが製作できる人もいれば作れない人もいます。

しかも言えば、同じ人でもあのクレジットカードは作れたのにこのクレジットカードは作れなかったという事もあります。

もっとも、クレジットカード法人の社員から査定の中身は無論何故査定に落ちたのか?を教えてもらう事は出来ませんので、カードが作れない所以は私たち本人で調べる必須があるのです。

自らの属性情報は一般的な査定水準を上回っているのか?個人信用情報組織に登録されている信用情報の中身に何か問題となる点は無いのか?など、クレジットカードが作れない所以を調査してその訳を解明→決着してから査定に申請する不可欠があります。

特に、作れない所以の代表的なものとして個人信用情報組織の信用情報に重大な金融事故が登録されていると、それだけで査定に落ちる見込みが高くなります。

ですので、今現在カードが作れないという人は何を差し置いてでも信用情報の開示請求を行い金融事故が登録されていないのか?を検証する必須があります。

さらに、カードが作れない訳はこれだけではないのですので、今度のテキストでは何故クレジットカードが作れないのか?その要因について紹介します。

クレジットカードが作れない訳はこれ望むクレジットカードがあっても、そのカードが作れないとなると困ってしまいますよね?そんな訳で、これからはクレジットカードが作れない要因について紹介します。

もっとも、クレジットカードが作れない最大限の要因は先程も触れましたが信用情報に重大な金融事故が登録されている事になりますが、それ以外にも決定的な所以があるため、作れない所以を理解しておく事は今後のカード査定への対策にもつながるため肝心です。

そんな訳で、このクレジットカードが作れない要因ですが、大抵以下のものがあります。

■クレジットカードが作れない所以■

●個人信用情報組織の信用情報に金融事故情報の登録あり個人信用情報組織の信用情報にはカスタマーの月次の活用や決済情報、そしては今現在及び過去においての重大な延滞や債務片付けなどの金融事故情報が登録されています。

また、クレジットカード査定ではこの信用情報の登録中身が査定結果に大きく影響してくるのです。

この信用情報に、長期の延滞や自己破産、任意整頓などの債務片付け情報が登録されていると、ほぼ間違いなくクレジットカードを製作する事が出来ません。

他にも、クレヒスに未入金や部分入金などの情報が登録されていると、クレジットカードが作れない確率が高くなりますので配慮が不可欠です。

●属性情報が査定水準以下

各クレジットカード企業別に微妙にクレジットカードの査定スタンダードは異なっていますが、ある一定の査定スタンダードというものがあり、この査定水準を上回っていれば一般的なクレジットカードであれば製作できる見込みが十分あります。

特に、査定では申込者の入金力量が肝心視されていますので、決済スキルを起案するために大切な属性情報である勤続年月や年収はかなり肝心になってきます。

反対に言えば、この勤続期間が短い、年収が少ない時には、査定に通る事が面倒になってきますので用心が不可欠です。

ついでに、この一定の査定レベルを下回っていたケースには、一般的なクレジットカードさえも作れない確率がありますので配慮が不可欠です。

●短期間での多重申込

短期間にいくつかもの申込情報が信用情報に登録されていると、クレジットカード査定では不利になる確率が高くなりますので配慮が不可欠です。

●競合企業借入金額が総量規制に引っ掛かっている

総量規制とは、年収の1/3を超える貸付を制限する法律になりますが、すでに年収の1/3近辺の貸付を受けているケースには、クレジットカードが作れない見込みが高い、というか作成しよう事が出来ません。

ですので、直近での借入金額が年収の1/3近辺まである事例には、多少なりとも借入金額を返金してからクレジットカード査定にエントリーする事をお勧めします。

他にも言えば、クレジットカードのキャッシング枠は枠が付いているだけで総量規制の対象となってしまいますので、キャッシング枠を使わないという人は枠自体を外す事も不可欠になります。

●過去に金融事故を起こした金融企業への申込

個人信用情報機構の信用情報に登録されている各種情報には登録期間が決まっていますが、金融企業独自で管理している自社データベースの情報は各金融法人独自で決めているため各社共通の登録期間というものがないのです。

つまり、金融企業によっては自社データベース情報の登録期間が半永久的というところもあるため、過去に金融事故を起こした金融企業へ申し込んだケース、即査定に落ちる=クレジットカードが作れない確率が高くなりますので配慮が必須です。

どうでしたか?信用情報に重大な金融事故情報が登録されている事は当然ですが、短期間でのいくつか申込や過去に金融事故を起こしているカード法人へのエントリーなど、いつもあまり気にしていないような事が作れない所以になっているのではないでしょうか?ですので、総量規制も含めてこれらの要因に心当たりのある人は、絶対査定前の信用情報開示請求を行って下さい。

この信用情報の開示請求を行う事によって、信用情報のどこに問題があるのか?が判明するため、その後はこの問題を解決すれば査定に通る確率が出てきます。

そして、現時点での属性が一定の査定水準を下回っているのであればちょっと時を置いて属性の底上げを図ってからのエントリーをお勧めします。

カードが作れない所以の理解が今後の査定クリアのキーポイントになりますこの見出しを見て貴女は、今さら何を言っているのか?と思ったかも知れませんが、これはかなり大切になります。

というのも、直近でカードが作れなくて困っている人の全部ではないのですが、かなりの人が数打てば当たるという考慮しで次から次へとカード査定に申請する性質があるためです。

特に、これはクレジットカードビギナーが陥る事ですが、査定に通るまで何回も何回も連続して申請する性質がありますが、これは作れない要因の多重申込に当たるため査定に通るどころか事態はどんどん悪化しているのです。

ただ、ビギナーの方はそのような事は理解いただけませんので、事態が悪化しているにも関わらずデフォルト申込を続けてしまうのです。

それは、クレジットカードが望むから。

ですので、貴方が万が一現時点でカードが作れなくて困っているのであれば、一時的に立ち止まってその要因を取り除いてからの再申込をお勧めします。

査定では焦っても良い事はないのです。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ