クレジット

クレジットカード査定には通りやすい人がいます

クレジットカード査定には通りやすい人がいます

クレジットカード査定には通りやすい人がいます

日本に住んでいるたくさんな人が申込をするクレジットカード査定。

中には公務員の人もいれば自営業の人もおり、年収が200万円程度の人がいれば年収1000万円以上の人もいます。

さらに、持ち家に住んでいる人もいれば借家に住んでいる人もおり、目下ライバル企業への借入がゼロの人もいれば競合企業借入が数件で50万円の借入がある人など。

そう、査定に申請する人には各々多面的な属性情報があり、他にも個人信用情報組織に登録されている信用情報の中身も異なっている事例が多々あると思われます。

ですので、査定に通りやすい人がいればその逆に通りにくい人もいます。

もっとも、査定に通りにくい人というのは、住まう年月や勤続期間、または年収や信用情報の中身などに問題がある=そのきっかけが明確としている確率が高くなります。

それでは、その逆、つまり査定に通りやすい人にはどんなトレードマークがあるのか?について採り上げるのの投稿で紹介します。

クレジットカード査定に通りやすい人の要件はこちらクレジットカード査定では、申込者の属性や信用情報などをリサーチしながら自社の査定レベルを満たしているのか?を見定めしてカード発行の可否を決断しています。

という事は、査定に通りやすい人の要件は、この属性や信用情報に何か手掛かりがありそうですよね?そんな訳で、これからは査定に通りやすい人の前提について何個か紹介します。

■クレジットカード査定で通りやすい人のポイント■●金融事故を起こした事が無いクレジットカード査定で最高必須な事、それは個人信用情報組織の信用情報に金融事故が登録されていない事です。

この所以としては、過去に重大な金融事故を起こしている人は今後再びその見込みがあるためです。

その結果、査定において信用情報に金融事故情報が登録されている事が露呈した事例、その時点で査定に通らない確率がとても高くなります。

というか、おおかたのカード査定ではかなりの確率で査定終了となってしまいます。

ですので、過去に金融事故を起こしていない事、もしくは過去に金融事故を起こしていた事例には信用情報から金融事故情報が削除されている事が必ず前提になります。

●勤務先や年収前提が良いクレジットカード査定への申込前提として、毎年継続して安定した収入というものがあるため、毎年安定した収入が見込める公務員の人や上場会社に勤務している人は査定に通りやすいと言えます。

もっとも、公務員や上場会社に勤務していなくても、勤続期間が長い間(3年以上)年収も300万〜350万円以上の法人員の人も、他の人と比較した時査定に通りやすい人と言えます。

●良好なクレジットヒストリーがあるクレジットカード査定では、申込者のカードを含めた各種金融アイテムの使用履歴(クレヒス)が肝心になってきます。

というのも、クレジットカード企業としては、全く新規の人=信用情報に良好なクレヒスが登録されていない人よりもそこそこ良好なクレヒスが登録されている人の方が信用力が高いからです。

信用情報に良好なクレヒスが登録されている人は、月次充分にと償還を行っているとクレジットカード企業では決断するため、査定に通りやすいと言えます。

●競合企業借入=ローンが無いクレジットカード査定では、総量規制の借入限度額を超えている人は問答無用で通らなくなりますので、最低限ローンが年収の1/3未満である不可欠があります。

その上言えば、持っているクレジットカードのキャッシング枠そのものが無く、支出者金融からのローンも無いという人も査定に通りやすいと言えます。

●短期間での申込件数が少ない査定では個人信用情報機構の信用情報を照会しますので、このとき信用情報に申込情報がいくつか登録されていると査定でのフィーリングが悪くなってしまいます。

というのも、短期間にいくつかの申請を行っている事例としては、現時点での暮らし環境においてお金が足りず、暮らし財源を捻出するためにいくつかのカード査定へのエントリーを行っているのでは?とカード法人から決断されるからです。

それにより、短期間(申込情報の登録→削除までの6ヶ月間)での申込はなるべく少ない、もしくは全く無いという人は査定に通りやすいと言えます。

査定に通りやすい人=査定スタンダードを上回っている人どうでしたか?この一覧に記載した中身を見ていただければ理解いただけますが、クレジットカード査定に通りやすい人とは一般的な査定規格を上回っている事は言うまでもなく、それに加えて添加αが必須になります。

中でも、信用情報に重大な金融事故の登録がない、勤務先や勤続期間などの要件は査定に通るためには不可欠必須になりますので、この通りやすい人の前提をポイントに自らの属性や信用情報のレベルアップを図っていただければと考えます。

クレジットカード査定では、勤続年月や年収、そしてはライバル企業からのローンもそうですが、一般的な査定規格以上の前提であれば他の人と比較して査定に通りやすい人と言えます。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ