クレジット

クレジットカード査定には流れがあります

クレジットカード査定には流れがあります

クレジットカード査定には流れがあります

私たちがクレジットカードを作成しようためには、カードを発行している企業へ査定への申込を行うところから始まる事になります。

無論、この時には目的のカード選択が終わっている事が前提になります。

しかも、クレジットカード査定への申込を受け付けたカード企業では、申込書(インターネット経由も含む)に記載された申込者の年齢、性別、住所氏名、勤務先情報などの属性情報や氏名や生年月日などの情報を元に信用情報を照会して、自社の査定水準と照らし合いながら査定を進める事になります。

その後、査定可決の決断が下されるとめでたく目的のクレジットカードを手にする事が出来ますが、この査定の詳細な流れを知る事によって仮に査定に落ちた場合のポイントになるケースがあるため、採り上げるののテキストでは査定の詳細な流れについて紹介します。

クレジットカード査定の詳細な流れはこうなりますこれからはカード査定で行われている詳細な流れについて紹介します。

■クレジットカードの発行工程■

●査定への申込

総てはこれから始まるといっても言い過ぎではないのですが、申込が無ければ査定を開始する事が出来ません。

そんな訳で、目的のカードの選別が終わったら各種申込テクニック(発送、店頭、インターネット)によってクレジットカード査定への申込を行います。

●仮査定

この仮査定とは、その名の通り仮の査定を行うというものであって、この仮の査定に通って初めて本査定に進めるという事になります。

ただ、この仮査定を行っているのか?または仮査定無しで直接本査定になるのか?については各クレジットカードによって異なっているため、絶対仮査定が行われるという訳ではないのです。

そんな訳で、この仮査定の中身ですが、断っておきますが仮の査定のため申込者から届いた申込書に記載されている勤続期間や勤務形態、競合企業借入金額などの情報が自社査定規格を満たしているのか?について行われます。

それ故、これらの情報が自社の査定スタンダードを満たしていない事例には、ここで査定終了=査定に落ちる事になるため、クレジットカードが発行される事はないのです。

ついでに、この仮査定に掛かる時ですが、大抵のクレジットカードでは数分、遅くても30分程度で完了するため、わりと直ちにに査定結果が出ます。

●本査定

この本査定では、仮査定をクリアした申込者の、より詳細な情報(勤務先情報や個人信用情報機構に登録されている信用情報の詳細な中身)について査定が行われます。

この場合、信用情報に長期延滞情報や債務整頓(任意片付けや自己破産など)情報が登録されていると、ほぼ間違いなく査定に落ちる事になります。

ですので、そのような事態にならないために、クレジットカード査定に心もとないのある人は、前もってに信用情報の開示請求を行って事故情報の登録の有る無しを見極めし、事故情報が登録されていた時にはその情報が削除されるまで査定への申込は控えた方が良いです。

しかも、申込者本人の属性や信用情報に問題が見つからなかったときには、申込者本人がびしっと申告のあった勤務先へ勤務しているのか?を見極めするため在籍見極めの電話を行います。

その結果、在籍見極めが取れるとクレジットカード企業ではカード発行の下拵えを行う事になります。

※クレジットカード法人によっては在籍見極めが無い時がありますしかも、仮査定と本査定は並行して行われている事例もあり、加えて査定のとき申込者の属性情報が自社の査定レベルに達しているのか?を理解いただけやすくするために、スコアリングと呼ばれている、各査定項目を点数化して査定を行う体系を採用しています。

●クレジットカード発行

仮査定と本査定(または本査定のみ)に無事パスすると、査定への申込からおよそ1〜2週間程度でクレジットカード法人から本人限定受取郵便にて待望のカードが送付されてきます。

査定途中でライバル企業クレジットカードへの申込は止めた方が良いですクレジットカード査定へ申し込んでから査定完了までの間に行ってはいけない事があります。

それは、この間に同業ライバル企業のカード査定への申込です。

というのも、短期間で自社だけではなくライバル企業の査定へ申請するという事は多重申込になるため、フィーリングが悪くなってしまうからです。

これは、例え本人が単純に望むカードがいくつかあったため申し込んだとしても、企業側からしてみればそのような所以は理解いただけませんし、多重申込=目下お金に困っている、いくつかのクレジットカードを使って財源調達の確率ありと決断される見込みがあるのです。

クレジットカード査定の期間が長期に渡ってなっていると、つい我慢する事が出来なくなって他の査定へ申し込んでしまう事例があるのですが、目下申込を行っている査定が完了(合否に関わらず)するまでは他の査定への申込は控えて下さい。

わずかの期間我慢する事によって、例え採り上げるののカード査定では落ちてしまったとしても、信用情報に申込情報が1件だけであれば次回の査定ではパスするチャンスが十分出てきます。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ