クレジット

クレジットカード査定には年齢制限があります

クレジットカード査定には年齢制限があります

クレジットカード査定には年齢制限があります

クレジットカードをはじめとして、キャッシング、オート貸し出し、自動車貸し出し、住宅ローンには申込できるな年齢というものが決まっています。

住宅ローンが残っている事例、改装のための貸し出しをこしらえる事は可能なのでしょうか?

当然個別の状況によりますが、査定に通れば住宅ローンとの並存はできるのようです。

この申込できるな年齢ですが、これは各金融企業によって定められており、年齢制限の奥行きは各金融アイテムによってあらかたその水準が決まっています。

一例を挙げれば、クレジットカード査定に申込できるな最低年齢は満18歳以上(高校生不可)からだったり、キャッシングやカードクレジットなどでは満20歳以上からだったりしています。

もっとも、これらの年齢制限は各金融アイテムの特色を反映しており、設定されている年齢制限の範囲内であれば金融アイテム活用後の償還を滞りなく行ってくれるであろうという一種の判断基準になっています。

反対に言えば、普通に満18歳未満の方は高校生や中学生になりますので、そういう人へクレジットカードを発行してしまうと今後決済不能に陥る見込みが高くなってしまうので、満18歳以上(高校生不可)という申込制限はやむを得ないと思われます。

主要クレジットカードの年齢制限これからは、直近で日本で発行されている主なクレジットカードの年齢制限について、申込要件から質問してみましたので解説します。

もっとも、その年齢制限はどのカードに関してもそんなに一緒という結果になりました。

それで、これからは主要クレジットカードの年齢制限について見ていきましょう。

■カード企業名■

●三井住友VISAクラシック満18歳以上の方(高校生は除く)未成年の方は親権者の同意が必須です

●楽天カード満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く。

●OricoCardTHEPOINT原則として年齢18歳以上の方 (高校生は除く)

●三菱UFJニコスVIASOカード原則として年齢18才以上(高校生不可)で電話連絡できるな方。※未成年の方は親権者の同意が必須です

●JCB一般カード原則として18歳以上で、本人または配偶者に安定継続収入のある方(学生不可)

●エポスカード満18歳以上の方(高校生を除く)

●イオンカード18歳以上(高校生不可)で電話連絡できるな方

●ファミマTカード高校生を除く18歳以上の方

●セディナカード高校生を除く18歳以上で電話連絡ができるな方

●ACマスターカード満20歳以上で、安定した収入と返金スキルを有する方所定の規格を満たす方

●アメリカン・エキスプレス・カード原則として20歳以上、日本国内に定住所があり、安定した収入がある方。

他のクレジットカードやクレジット等の決済があるケース、延滞のない方。

どうでしたか?上述の各クレジットカードの申込要件を見ていただければ理解いただけますが、そんなにのカード企業で高校生を除く満18歳以上となっている事が理解いただけます。

他にも、満18歳以上の方でも20歳以下は未成年になりますのでその事例には親権者の同意が必須になります。

もっとも、これは今現在の日本では20歳以上=成人=アダルトとして心積もりられているため、未成年=娘の事例には父母である親権者の承諾が必須になるからだと思われます。

ただ、今後については成人年齢が満18歳にまで引き下げられる確率もあるため、クレジットカード査定の申込前提にもわずか移り変わりがあるかも知れません。

申込年齢が満20歳以上のクレジットカードはこちらそれともう1つ、また先程の各クレジットカードの申込前提を見ていただければ理解いただけますが、ACマスターカードとアメリカンエクスプレスカードの申込年齢が20歳以上となっています。

これについては、アコムACマスターカードを発行している企業は株式会社アコム=支出者金融になります。

ただ、支出者金融とは言っても現時点での支出者金融の全くが一流企業銀行グループの傘下に入っているため、このアコム株式会社も三菱UFJフィナンシャル・グループの一員となっています。

それと、話を支出者金融に戻しますが、この支出者金融と言えばキャッシングが著名になりますが、おおかたの支出者金融が供給しているキャッシングの申込年齢の下限は満20歳以上になっているのです。

もっとも、キャッシングはクレジットカードとは異なる点、提携ATMを使用すれば直接現金を引き出す事ができるとなっているため、その申込年齢がクレジットカードよりも若干高いというのは仕方のないところです。

それ故、このACマスターカードの申込年齢もその流れを受けて満20歳以上になっています。

なお、アメリカンエクスプレスカードですが、これは誰もが知っているステータスの高いクレジットカードになり、ステータスが高い=査定申込要件もそこそこに厳しくなっている見込みがあります。

この一覧表には記載していませんが、ワールドワイド5大ブランドの1つ、ダイナースクラブカードの申請年齢は満27歳以上と噂されているところを見ると、高ステータスカードの申込前提はかなり困難なと言わざるを得ません。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ