クレジット

クレジットカード査定と新卒の関連とは

クレジットカード査定と新卒の関連とは

クレジットカード査定と新卒の関連とは

クレジットカード査定では、日本に住んでいる多様な年齢の人が定期的申込を行っています。

1日の申込人数がどれだけいるのか?については理解いただけませんが、日本にあるクレジットカードの種類が1万種類以上ある事を考えれば最低でも1万人以上かもしれません。

そのような中、勤続年月1年や3年、しかもは10年以上の人など、査定で大切な勤続年月についても諸々な人がいますが、勤続期間0年、つまり高校や大学等の学校を卒業したばかりの新卒の人も査定に申込を行うと考えます。

もっとも、この新卒と言えば社会に出て間もないため、もちろんですが勤続期間数ヶ月、つまりクレジットカード査定の申込書に記載する勤続年月は1年未満になりますので、継続して安定した収入が前提の査定では不利になるような気がしますよね?ただ、クレジットカード法人にとっては、初めて社会に出たためまだどこのクレジットカードも持っていない、あるいは持っていても少数の確率が高い新卒の人は、自社にとっても今後のユーザーにやりたいと考慮しているかも知れませんよね?そんな訳で、今度の文章では査定における新卒の扱いについて紹介します。

新卒は勤続期間が短くて自然です例を挙げると、高校を卒業してからもう3年が経過します=勤続期間3年、大学を卒業してはや5年=勤続年月5年(いずれも新卒後就職した勤務先に勤務している事例)になります。

このように、新卒後〇年同じ勤務先に勤務しているというだけで、転職を繰り返している人よりも勤続年月が明確になる新卒(新卒後数十年が経過しているベテランは別として)ですが、新卒という言語からも分かるように、その年に各学校を卒業した人=新卒になります。

という事は、その年に学校を卒業したのだから、就職した事例の勤続年月は1年未満=短くて自然になりますよね?つまり、クレジットカード査定における一般的な査定規格の勤続年月1年以上の要件は、新卒に限って言えば当てはまりません。

(過去に新卒後半年程度で査定可決実績いくつかあり)ですので、勤続期間が1年未満だからクレジットカード査定に通る事は簡単ではないと思っている新卒の人、決してあきらめないで下さい。

反対に言えば、新卒の人はクレジットカード法人にとって今後長い付き合いになる見込みがあるため、囲い込みの意味合いもありカード査定では多少なりとも優遇される確率があるのです。

新卒を自社クライアントに取り込む良い面はこれ新卒の人は、社会に出て来てからまだ日が浅くクレジットカードや各種金融アイテムの活用が少ない、または全く活用した事が無いという人がおおかただと考えます。

もっとも、大卒の人であれば在学中に学生専門のクレジットカードを作っている確率がありますが、高卒の人は普通のクレジットカードを作成しよう事が出来ないため、各種金融アイテムの活用が初めてという人がおおかたでしょう。

という事は、クレジットカード企業としては一度自社のクレジットカードを作ってもらえば、今後永らく活用してくれる見込みがあります。

そして、自社の他金融アイテムを使用してくれる確率もあるのです。

つまり、カード法人としては、新卒の人はクレジットカードを含めた金融社会に染まっていないため、今後の自社カスタマーとして確保しておきたいという思惑があるのです。

それにより、一般的な社員と比較して新卒の人は、少々勤続期間が短くてもクレジットカード査定では大きな不利になるという事はないのです。

新卒の人は自社使用によりまた査定で優遇される見込みあり新卒後に企業へ勤務するとなると、法人から月次の月給が入る事になります。

加えて、この月給の支給手段ですが目下ではおおよその法人が指定銀行への振り込みを採用しています。

(中には月給袋に入れての現金支給という企業もあります)という事は、月次月給を銀行振込にて受け取るためには銀行口座を開設する必須があります。

他にも、銀行口座を開設すればその後この口座に企業から月次月給が振り込まれる事になります。

また、この給与振り込みを活用している銀行がクレジットカードを発行しているケース、そのカード査定に申請すれば他クレジットカードと比較して査定に通る確率が高くなる性質があります。

(このパターンでの新卒後半年で査定可決実績あり)ですので、新卒で勤続期間が短いという人で給与振込先の銀行がクレジットカードを発行している事例には、この査定に申請するというのも1つのメソッドになります。

それに、銀行としても新卒の人には今後も自社銀行にて給与振込をはじめ各種公共料金の決済に使ってもらう=自社銀行を主バンクとして使ってもらえば月次継続した手数料が入るため、自社銀行を使用しているユーザーの囲い込みは大切な戦略になっているのです。

新卒のクライアントをゲットする事で、銀行としても振込手数料や銀行預金残高が増大しますので、自社銀行口座への給与振込を活用している人にそれに対しの査定では優遇される見込みがあります。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ