クレジット

クレジットカード査定と専業主婦や無職との関連について

クレジットカード査定と専業主婦や無職との関連について

クレジットカード査定と専業主婦や無職との関連について

クレジットカード査定では、月次安定、また継続な収入が求められていますので、継続収入というか収入自体が無い専業主婦や無職の人ではシビアような気がしますよね?もっとも、査定規格の元は、クレジットカード申込者の定住性(いつも住まう見定めが可能な事)と今後の収入の安定性(今後も安定した収入が見込めるのか)のどっちもを見定めする事が可能な事になっています。

定住性は住まう形態や住まう年月で、今後の収入の安定性は年収や勤務先名、勤続年月によって決断する事ができるです。

もっとも、大抵の人は新卒や引越し直後以外であれば、定住性についてそれ程問題になる事は無いかと考えます。

ただ、今後の収入の安定性については職業による影響が大きいため、中にはその査定レベルを満たす事が出来ない人がいるかも知れません。

特に、収入が無い職業の代表と言えば専業主婦や無職になりますが、この専業主婦や無職の事例クレジットカード査定ではどんな扱いを受けるのでしょうか?普通に専業主婦や無職には収入がないのです目下の職業が専業主婦や無職だとしても、年金収入や不動産収入など月次どこかに収入がある方であれば、クレジットカード査定申込書にその旨アピールをする事によってはカードが発行される見込みがあります。

それは、査定の申込要件に月次安定した収入がある方という前提があるように、例え年金収入や不動産収入だとしてもそれがクレジットカード法人に安定した収入として認められれば十分確率があるからです。

ただ、これは各クレジットカード法人によって決断が異なっており、年金額や不動産収入額の大小によって結果が異なってくると思われますので、あまり過度な見込みは禁物です。

(この辺りの詳細は査定申込の前に各クレジットカード法人へ質問をお勧めします)ただし、年金や不動産収入が無い=月次の収入が無い無職や専業主婦になってくると話はガラッと変わってきます。

それは、そういう無職や専業主婦のケースにはクレジットカード査定スタンダードの今後の収入の安定性という要件を満たす事が出来ないからです。

つまり、無職や専業主婦の人は査定に通らない確率が極めて高くなりますので、クレジットカードが望むのであればパートやアルバイトに出る、または我が家で転売産業やアフィリエイトなど、何かしらの収入テクニックを身に付けて自営業者として査定への申請を行う不可欠があります。

私本人、満喫してでユーザーと共に作成した想いです。

専業主婦でもクレジットカード査定に申し込める?これは、全部のクレジットカードという訳ではないのですが、ある部分のカード申込前提に配偶者に安定した収入がある事という要件が記載されています。

これは、専業主婦に収入が無くて配偶者に安定した収入があればクレジットカード査定に申請する事が可能なという事になります。

もっとも、査定に申し込めるだけであって実のところには査定受けてみなければ結果は理解いただけませんが、私の自分の手の届く範囲では配偶者に収入ありの専業主婦にクレジットカードが発行された場合が数件ありますので、全く確率が無いという訳ではないのです。

ただ、この事例には査定対象が配偶者になるため、配偶者の属性情報や信用情報に何かしらの問題があれば、例え配偶者に安定した収入があったとしても専業主婦が査定に通る確率は極めて低くなると言わざるを得ません。

ですので、普通にはパートやアルバイトなどで月次の収入を確保する不可欠がありますが、必然的にそれが出来ない時には申込要件に配偶者に安定した収入がある事と記載されている査定への申込を行ってみても良いかも知れません。

専業主婦や無職でも製作できるカードはこれ先程、専業主婦でも配偶者に安定した収入という前提付きで査定へのエントリーができるなクレジットカードがあると紹介しましたが、このカード以外にも専業主婦や無職の人が製作できるカードがあります。

それは世帯カードと呼ばれているもので、生計を同一にしている世帯にクレジットカードの本会員がいれば製造できるとなっています。

ただ、この身内カードは生計を同一にしている世帯がいない、または世帯がいてもクレジットカードの本会員になっていなければ完成させる事が出来ません。

必ず製作できるクレジットカードはありますか?これは、直近で継続した収入が無い専業主婦や無職の人のみならず、査定に通らなくて困っている人には喉から手が出るほど望む情報ではないでしょうか?おっしゃる通り、直近での日本において必ず製作できるクレジットカードがあれば、それこそみんな飛びつきそうな気がします。

ただ、結論から言えば現時点で日本で発行されているクレジットカードの中に必ず製作できるカードというものは影響しません。

それは、査定には必ずが無くその結果は申し込んでみないと誰にも分からないためです。

これは、身内カードの事例も同じくで、どんだけ申込者には査定が無くても査定の対象になるカード本会員の属性や信用情報にどこかに問題があるケースには作成しよう事が出来ないのです。

申込者本人に収入が無くても申請ができるな世帯カードですらこの状況なので、一般的なクレジットカードには必ずというものが無い事はお理解いただけいただけたのではないでしょうか?ですので、世の中にはそのようなカードは影響しないという事を頭の中に入れておいていただければと考えます。

査定はそんなに甘いものでは無いのです。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ