クレジット

クレジットカード査定とクレジットヒストリーの結びつき

クレジットカード査定とクレジットヒストリーの結びつき

クレジットカード査定とクレジットヒストリーの結びつき

これは何もクレジットカード査定に限った事ではないのですが、どこかに取引を行う事例には新規の方と取引を開始する事例と現在まで水準を満たすまで取引がある方とでは、後者との取引の方が心配無用感があります。

それは、新規の方の事例は実際までの取引履歴が無い=今後の取引がうまく行くかは未知数なのに反対に、現在まで取引があった方のケースは過去の取引履歴(これをクレジットヒストリーと呼びます)を見ればそこそこ今後の予想を立てる事ができるです。

つまり、全くの新規よりも現在まで何かしらの繋がりがあった方が取引を開始するに当たって有利になる確率が高くなるのです。

また、この事はクレジットカード査定にも当てはまりますが、現在まで金融アイテムを一度も使った事が無いケースに比較して水準を満たすまで金融アイテムを使った事がある方が、査定では有利になる確率があります。

クレジットヒストリーとは?そこそこ金融アイテムを使った事がある=この活用履歴の事をクレジットヒストリーと呼んでいます。

クレジットヒストリー(以下クレヒス)は、クレジットのストーリーという趣旨なので、ジャストの名称ですね。

ストーリーがある=実際まで各種金融アイテムの活用があるという事は、多分に査定へ影響してきますので、このクレヒスは査定においては肝心な要素となっているのです。

ただ、先程現在まで水準を満たすまで金融アイテムを使った事がある方と書きましたが、貴女は金融アイテムを使った事があるってどこで検証する事が可能なの?と思ったかも知れません。

もっとも、金融企業では自社ユーザーの使用履歴は自社データベースに登録されていますので、このデータベースを見る事によって自社クライアントの活用履歴を見極めする事ができるですが、ライバル企業クライアントの金融アイテムの使用データの詳細までは見定めする事は出来ません。

けれども、ライバル企業ユーザーの月次の入金状況は、個人信用情報組織に登録されている信用情報を照会する事によって検証する事が可能なのです。

それが、信用情報開示報告書に記載の入金状況になります。

CICにおけるクレヒスはこちらここでは、3つある個人信用情報組織の中からCICに登録されているクレヒスについて紹介します。

もっとも、このCICには数多くの金融法人が加入していますので、CICに良好なクレヒスが登録されていれば、カード査定で有利になる見込みがあります。

crehis1.jpg上述イメージはCICの入金状況の見本をエクセルで成形したものですが、金融企業では個人信用情報組織の信用情報を照会する事で、このように月次の決済履歴を見定めする事が可能なんですね。

ところで、この入金状況欄にはクライアントの決済状況によって以下のマークが登録されますので、どうぞ覚えておいて下さい。

【$】当月の請求額どおり入金された(請求額以上の入金含む)【A】クライアントの事情により入金がなかった。

【?】当月、請求もなく入金もなかった。

【B】クライアント以外の所以で入金がなかった【C】入金されておらず、そのきっかけが明らかになっていない【P】当月請求額の局所のみ入金された(部分入金)【R】クライアント以外からの入金があった【 】クレジット法人から情報の更新がなかった(クレジットのご活用がなかったケースなど)それで、先程の入金状況欄に戻りますが、この中で良好なクレジットヒストリーは【$】のマークになり、入金状況欄にこのマークが並んでいれば良好なクレジットヒストリーが登録されていると言えます。

反対に、【A】や【P】マークが並んでいると、それは延滞したという趣旨になりますので、クレジットカード査定に通らない見込みが高いと言わざるを得ません。

ところで、【?】や【 】のマークに関しては、金融アイテムの使用がなかったため査定結果に影響を及ぼす事はないのです。

しかも、上述決済状況イメージのAマークは未入金、$マークは入金ありを示すマークになりますので、この事例の決済状況は直近の4ヶ月間未入金が続いている事からクレジットカード査定で落ちる見込みが高くなります。

その上、クレジットカード査定で有利になるクレヒスの付き方は以下イメージのような、月次$マークが並んでいる=月次の決済がキッチリと行われているステータスになります。

crehis2.jpgクレヒスがこういったステータスであれば、金カードやステータスの高いクレジットカードを目指すのもありです。

クレヒスが無い査定ではこのような扱いになりますクレジットカード査定では、信用情報に良好なクレヒスが登録されていれば有利になりますが、ネガティブなクレヒス(延滞などの情報)が登録されていると不利になってしまいます。

つまり、査定に通るためには信用情報に良好なクレヒスが登録されている事も要件になりますが、中には良好なクレヒスどころか何もクレヒスが登録されていない人がいます。

その上、この事を業界用語でホワイト情報やスーパーホワイトと呼んでいます。

また、この入金状況に何もマークが付いていないとクレジットカード査定では不利になる見込みがあるのです。

というのも、新卒の方は何であれ、水準を満たすまで年齢を重ねてきた方であればそこそこのクレヒスがあってもちろんですよね?ただ、それが全く無いとなるとクレジットカード法人からは過去に金融事故を起こした後事故情報が削除されたと決断される確率が高くなるからです。

もっとも、これは対人(対法人)での取引でも言えますが、過去に取引実績のある人と全く新規で取引を行う人とでは、前者の方が信用がある=取引する見込みが高くなる事と同じです。

ついでに、過去に金融事故を起こしている方でも、その情報は5年程度で信用情報から削除されます=クレヒスが全くない様子になります。

ですので、クレヒスが無い方は最初にクレヒスを積み重ねてからクレジットカード査定に申し込んで下さい。

 

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ