クレジット

クレジットカード査定では月次継続した収入が必須です

クレジットカード査定では月次継続した収入が必須です

クレジットカード査定では月次継続した収入が必須です

クレジットカード査定では、現時点での収入状況は言うまでもなくですが今後の収入状況も査定可否の大きな決断具材になってきます。

それは、大抵のクレジットカード査定の申込前提に、カードエントリー者に継続して安定した収入がある事という前提があるからです。

それ故、査定への申込を行うためには、無職や専業主婦(クレジットカードによっては専業主婦でも申込できるなものがあります)のように、月次安定した収入が無い方は申込の前提を満たしていないため申込を行う事すら出来ないのです。

(申込をしてももうに却下される確率が高いです)もっとも、クレジットカード査定に通ったとして、その後のカード使用代金の決済を延滞してしまっては、申込者は無論ですがカード法人にとってもそれはあまりうれしくない出来事になりますので、査定においては月次安定した収入が不可欠になっています。

そんな訳で、クレジットカード査定への申込を行う時には、月次安定した収入がある公務員や一般会社の社員、またはパートやアルバイトなどの職種に就いている不可欠があります。

ただ、これらの職種の中でも査定で有利になるものがありますので、採り上げるのの文章で紹介します。

直近では言うまでもなくやがても安定した勤務先が望ましいどんだけ直近での収入状況が良好であったとしても、今後の収入状況が不安定になる、または見通せないなど、今後の収入がどんな感じでなっていくのかが分からないような勤務先の時、クレジットカード査定では不利になる見込みが高くなります。

その要因としては、一時的にクレジットカードを成形してしまえばその後一定期間使用限度額の範囲内での活用ができるになる訳ですが、この間勤務先に仮にの事態(不景気や倒産など)が起こってしまうと月次の収入が減少する、または無くなってしまう確率があるためです。

月次の収入が減少するだけなら月次の暮らし費を切り詰める、またはお金を切り崩して暮らしすれば何とかなりそうですが、いきなり月次の収入が無くなってしまうと月次の暮らしだけでも苦しくなる確率があり、そのような状況下ではクレジットカードの使用代金の決済が出来なくなる確率がありますよね?特に、企業員として働いている時にクレジットカードを使用していた時、いきなり企業が倒産してしまうと月次の収入が無くなるにも関わらずクレジットカード活用代金の決済が残ってしまうため、その入金に困ってしまう事が心積もりられるのです。

もっとも、貯えがある方であればお金の中からクレジットカード使用代金の決済を行えば良いのですが、あまりお金が無い方はクレジットカードの使用代金よりも月次の暮らし費が肝心になってきますので、おのずと決済を延滞する見込みが出てくる事になります。

それにより、勤務先は目下は言うまでもなくですがいつの日にかも安定したところが望ましいと言えます。

ゆくゆくも安定した勤務先はここです今現在及びやがて最も安定している勤務先と言えば、もう貴女もお理解いただけですよね?そう、それは公務員(国家公務員、地方公務員ともに)になります。

この公務員は国(国家公務員)は言うまでもなく県や市区町村などからのお墨付きをもらっています。

国や県、市区町村からお墨付きをもらっているという事は、国や県、市区町村が破たんしない限りは定年退職するまで安定して継続した収入を得る事ができるです。

無論、市区町村が破綻する見込みはゼロではなく、過去に破綻している市区町村もありますが、破綻するよりは破綻しない確率の方が高い事は言うまでもないのです。

そして、この公務員は一般会社につきものの、世の中の景気に左右されるといった事がないのですので、月次一定の給与が保障されているのもポイントの1つですね。

加えて言えば、毎年2回絶対賞与が支給されているのも公務員の強みとなっています。

ところで、公務員ほど安定しているという訳ではないのですが、上場会社も月次の給与が安定している勤務先になります。

ただ、上場会社のケースは世の中の景気に左右される、一歩間違えば倒産するなど、公務員と比較し安定感という意味合いでは後れを取っている事は否めません。

けれども、一般会社や自営業、パートやアルバイトなどの勤務先(職種)と比べれば安定していますので、クレジットカード査定では有利な勤務先と言えます。

公務員や上場会社以外でも問題ないのですクレジットカード査定では、月次継続して安定した収入がある公務員や上場会社が有利になりますが、一般的なクレジットカードであれば普通に他の勤務先でも問題になる事はないのです。

カード査定では、勤務先以外にも年収や勤続期間、金融事故情報やクレジットヒストリーの有る無しなど、総合的に決断されますので、例え勤務先が公務員や上場会社で無く一般的な企業でなおかつ年収や勤続期間などが一定の査定規格に達していれば査定に通る確率は十分あるため、それほど気にする不可欠はないと考えます。

公務員や上場会社に勤務していても、年収以外の属性や信用情報が悪ければ査定に落ちる見込みが高くなります。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ