クレジット

クレジットカード査定では勤務先や勤続年月、年収が大切になります

クレジットカード査定では勤務先や勤続年月、年収が大切になります

クレジットカード査定では勤務先や勤続年月、年収が大切になります

クレジットカード製作で大切になってくるクレジットカード査定ですが、これに通るためには直近での勤務先や勤続年月、他にもは年収など、目下は当然今後も継続して安定した収入を得る事が可能なのか?否か?が肝心になってきます。

それ故、査定での一般的な査定規格では、勤務先は公務員や上場会社が望ましいのですが、それ以外の一般会社への勤務や自営業者でも問題ないのです。

もっとも、自営業者については一般会社に勤務している社員と比較し年収において不安定とみなされる見込みがあるため若干不利になる性質があります。

その上、今後の安定して継続した収入を考える上で必須な勤続期間は最低でも1年以上はあった方が良く、年収は最低でも200万円以上、300万円もあれば年収がきっかけで査定に通らないという事はほぼないのです。

ただ、一言で年収と言っても、月次の給与からは各種保険や税金が引かれていたり、さらに月次の給与の他に副業による収入があったケース、それも年収に含めても良いのか?など、クレジットカードの申込書にはどんな感じで年収の記載をしたら良いのかが分からない人がいるかも知れません。

それに、クレジットカード申込書の年収欄には漠然と年収としか記載されていないため、この書き方が分からない人がいても仕方ないのです。

そんな訳で、採り上げるのの投稿ではクレジットカード査定における年収の書き方について紹介します。

そもそも年収の定義は如何になっているの?この年収の定義ですが、今一つ分かっていない人がいるかも知れませんので紹介しますね。

そんな訳で、年収の定義ですが1年間における税金や社会保険料を含めた収入の総額の事を言います。

つまり、月次の月給から引かれている所得税や住民税、健康保険料や採用保険料などの値段も収入に合算する事になるのです。

もっとも、月次勤務先から支給されている給与明細書には、基本給や各種手当などの合計でもある総支給額から、各種保険や年金、住民税などの各種税金などの合計でもある控除費用が引かれて差引支給額として記載されている場合が多々あると考えます。

また、肝心の年収ですが、一例を挙げれば、1年間の給与明細で給与2000000円、所得税100000円、住民税50000円、健康保険100000円、採用保険10000円のケースの総支給額は1740000円になりますが、クレジットカード査定における年収は2000000円になるのです。

ところで、この年収には各勤務先によってその支給額は異なりますが、残業手当や通勤手当などの各種手当も内蔵されますので、クレジットカード査定ではこれらの手当ても含めた年収を記載して下さい。

月次の各種手当が内蔵されての給与となっていますので、年収に各種手当が内蔵される事はごく自然と言えます。

カード査定では税込み年収を記載して下さい先程も紹介しましたが、クレジットカード査定への申込書には各種税金や各種保険料などを含めた収入の総額を記載して下さい。

しかも、この収入の総額ですが、毎年の年末に勤務先から貰える源泉徴収票の支払費用欄に記載されている費用になります。

つまり、いつ査定へ申し込んでも良いように、勤務先から年末に頂戴している源泉徴収票はその後1年間保管しておけば、クレジットカード査定を含む各種金融アイテム査定のときにわざわざ1年間の給与の計算をしなくてももうに税込み年収が分かるのです。

それ故、勤務先から毎年頂戴している源泉徴収票は無くさないよう価値があるに保管しておく事をお勧めします。

年収の申告には源泉徴収票がお勧めですこの源泉徴収票ですが、記載されている支払価格に端数がある時には1円の桁まで的確に記載する不可欠はなく、10万円以下の端数は切り上げて記載しても問題ないのです。

例を挙げると、支払プライスが3285693円だった事例、クレジットカード査定の申込書の年収欄には330万円と記載しても問題はないのです。

ついでに、あまりにも自身の年収が少ないため、査定申込書に事実とは異なる年収を記載=虚偽申告をする人がいますが、これについては少々の下駄をはかせる事は心配なしです。

ただ、あまりに事実と乖離している記載は止めた方が良いです。

以前と比較して近頃の査定体系はかなり向上しているため、虚偽申告したとしてももうにカード法人にバレる見込みが高くなっています。

さらに、必然的に源泉徴収票が見つからなく、勤務先へ再発行の申請をするのも骨が折れるだという人は、現時点での税込み月収×12か月分の値段でも問題はないのです。

例を挙げると、直近での税込み月収が20万円の時には、20万円×12ヶ月=240万円という事になります。

(ボーナスが支給されているケースにはこれも含みます)勤務先へ源泉徴収票の再発行をお願いしたケースには、勤務先から何かよからぬ噂が出る見込みもありますので、査定で源泉徴収票の提示を求められない限りはこのメソッドで問題ないのです。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ