クレジット

クレジットカード査定では個人信用情報組織が肝心な役割を持っています

クレジットカード査定では個人信用情報組織が肝心な役割を持っています

クレジットカード査定では個人信用情報組織が肝心な役割を持っています

クレジットカードを活用するためには、一番目にしてマックスの難関でもあるクレジットカード査定に通る必須があります。

査定と聞くと、目下及び過去においてクレジットカードや各種クレジットなどの金融アイテムで延滞や債務整頓などの金融事故を起こしている方にとっては、ある意味拒絶反応が出るかも知れません。

ただ、金融企業も慈善ビジネスでクレジットカードと言う金融アイテムを用意しているのではないのですので、クレジットカードを発行する前に査定を行う事は仕方のない事になります。

加えて、このクレジットカード査定では、金融機構が今後ユーザーになる見込みのある申込者が、仮に今後査定に通ったケースにおいてクレジットカードの活用料金、つまり月次の償還を充分にと行う事が可能なのか?についてチェックする事になります。

チェックと聞くと、貴女は何やら大規模な事を想像するかも知れませんが、何も金融機構の社員があちらこちらに出向いて様々な事をリサーチする訳では無く、普通には法人内でのリサーチになります。

けれども、法人内でチェック=査定を行う時には、申込者の属性情報や法人内の自社データだけでは詳細な査定を行う事が出来ませんので、個人信用情報組織に登録されている信用情報を照会して詳細な査定を行うのです。

個人信用情報組織とはこの個人信用情報組織ですが、クレジットカード査定の場合に、申込者の目下及び過去の金融アイテムでの決済情報や延滞、事故情報などが登録されている信用情報を管理している機構になります。

今さら解説の必須はないかと考えますが、個人信用情報機構に登録されている信用情報はクレジットカード査定においてかなり大切な役割を果たしますので、この信用情報の中身は良好である必須があるのです。

また、この信用情報を管理しているのが個人信用情報機構になり、各金融機構はこの個人信用情報機構に加入して各種金融アイテムの査定の場合に申込者の信用情報に怪しい情報が登録されていないか?をリサーチしています。

つまり、この個人信用情報機構は各種金融アイテムの査定において、各金融組織からは無くてはならない影響になっているのです。

もっとも、金融組織でもカスタマー情報を保有していますが、それぞれの金融組織のカスタマー情報だけではライバル企業金融組織の活用状況までは理解いただけませんので、そういう趣旨においても個人信用情報組織は大切になっています。

個人信用情報機構の種類各種金融アイテムの査定の場合に必須になっている個人信用情報組織ですが、目下日本にある組織は株式会社シー・アイ・シー(以下CIC)、日本信用情報機構(以下JICC)、全国銀行個人信用情報センター(以下KSC)の3組織となっています。

ついでに、以前は全国信用情報センターやCCB、テラオンラインなど、5~6組織ほどありましたが、そこから十数年の時を経てビジネス承継や合併を繰り返しながら今現在は前述の3組織となっています。

もっとも、ビジネス継承や合併を繰り返してきた信用情報機構はJICCなのですが、全業種系や支出者金融系、またはクレジットカード系の信用情報機構のビジネスを承継、合併してきましたので、今現在ではCICやKSCを上回るスケールの信用情報を保有するまでになりました。

それと、各個人信用情報機構に所属している金融組織にはポイントがありまして、CICやJICCにはクレジットカード系や支出者金融系などの金融組織が、KSCにはだいたい銀行系やその系列組織が所属しています。

この加入している系列の異なる点によっても、各種金融アイテムの査定のときに有利・不利になる事がありますが、それについては追い追い解説していきます。

個人信用情報機構の役割とは個人信用情報機構の役割ですが、先程も解説しましたが金融組織が各種金融アイテムの査定を行う場合に、金融組織から注文のあった申込者の信用情報を供給する事になります。

とは言っても、信用情報組織に算入している金融機構は、わざわざ信用情報組織に電話をして申込者の信用情報を教えてくれと言う訳では無く、今現在はそのおおかたがオンラインによって迅速に処理されています。

インターネット上や各種雑誌に、最短○分査定や即日査定などと書かれた広告を見かけると考えますが、これは金融機構が個人信用情報組織への信用情報の照会がオンラインで瞬時に処理されていなければ到底可能なものではないのです。

もっとも、金融組織が査定のたびに、いちいち信用情報機構に連絡するのは非常に非パフォーマンスだしその結果を受け取るまでにもそれ相応の時が掛かりますので、現実的とは言えません。

ですので、個人信用情報機構の役割としては、金融組織から信用情報の照会があったときには、迅速にその情報を供給する=各種金融アイテムの査定における必須な役割を持っているのです。

その上、個人信用情報組織では信用情報を管理していますので、信用情報の開示請求があった時には窓口にて開示報告書の供給、または配送による送付という役割も持っています。

もっとも、信用情報を管理しているのが個人信用情報機構になりますので、信用情報の開示請求があったケースには速やかに開示報告書を提示する事はごく自然と言えます。

ついでに、この信用情報の開示請求ですが、だいたいクレジットカード査定に通らない人が自らの信用情報の登録中身を検証するために行いますので、仮に貴女が査定に通らないのであれば信用情報の開示請求を行いその中身を検証する事をお勧めします。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ