クレジット

クレジットカード査定での短期間申込には用心が必須です

クレジットカード査定での短期間申込には用心が必須です

クレジットカード査定での短期間申込には用心が必須です

クレジットカード査定に必ずや100%などという事はないのです。

という事は、査定に申し込んでもその属性情報や信用情報によっては査定に通る人もいれば通らない人も出てきます。

ただ、一度カード査定に落ちてから直ちにに別の査定への申込=短期間でいくつかの査定申込を行う人が結構いるようです。

もっとも、数打てば当たるではないのですが別のクレジットカードであれば査定を行っているカード法人も違うため査定に通るのではないのか?と考慮しているかも知れません。

それに、一時的にクレジットカードが望むとなった事例には、人間の心理としては早くカードを持ちたいと思う事はごく自然と言えますので、短期間でのいくつか申込に走る事も把握できます。

ただし、あまりにも慌てて申し込んでしまうと常識的にエントリーすれば査定に通るものでも通らない確率が出てくるのです。

これは、現実に用心をして望むのですが、一度査定に通らなかったらちょっと冷却期間を置く事も必須になるのです。

短期間での査定申込は控えて下さい早くクレジットカードが望むという人は、クレジットカード査定で落ちてしまうと直ちにに次の査定にエントリーする、または同タイミングにいくつかの査定に申請するという性質があります。

もっとも、これは先程も出てきましたが一時的に望むと思ったものは何としてでも望むという感情は私にも理解いただけますので仕方ないのですが、これがクレジットカード査定の時だとあまり良くないのです。

というのも、クレジットカード企業では査定の場合に個人信用情報機構の信用情報を照会して申込者の現時点で及び過去の金融アイテムの使用状況を検証する訳ですが、この信用情報にはクレジットカードの申込情報も登録されています。

この申込情報とは、その名の通りクレジットカードを含めた各種金融アイテムのエントリーの事実となっており、この事実が信用情報に登録される事になるのです。

加えて、査定に無事パスすればその後クレジットカードの成約情報が登録される事になるのですが、査定に落ちてしまうと成約情報が登録されずにデフォルトのステータス、つまりカードの申込情報だけが登録され続けてしまうのです。

ただ、この申込情報が1件や2件程度であればそれ程問題になるような事はないのですが、これが5件や10件にもなってくると査定の場合にはちょっと事情が変わってくるのです。

多重申込は査定に影響を与えます個人信用情報組織の信用情報に申込情報のみがいくつか登録されているという事は、この申込者はいくつかのクレジットカード査定に落ちているという事になります。

(これはカード査定だけではなく他の金融アイテムの査定でも同じくになります)また、クレジットカード企業からは、いくつかの査定に落ちているという事はこの申込者には何か問題があるのではないのか?普段暮らしにおいてお金に困っているのでは?という疑念を掛けられてしまう確率が高くなってしまい、その結果査定に通らない見込みも出てくるのです。

もっとも、短期間にいくつかのクレジットカード査定にエントリーするという事は、クレジットカードは後払いでアイテムを購買する事が可能な、キャッシングパフォーマンスを使ってお金を借りる事が可能な=お金がなく暮らしに困っている見込みありと疑われても仕方ないのです。

ですので、カード企業としてもそのような申込者にそれに対しは、クレジットカードの与信枠(使用許可のようなもの)を与える事を躊躇するのも仕方ないのですので、短期間での多重申込には十分用心する必須があります。

この短期間とは具体的にどれほどの期間?個人信用情報組織の信用情報には、クレジットカードをはじめとした各種金融アイテムの申込情報はCICとJICCでは6ヶ月を超えない期間、KSCでは1年を超えない期間登録される事になっています。

これは、他の信用情報、例を挙げると重大な延滞や任意片付け、自己破産などの債務片付け情報の5年間と比べると、非常に短い登録期間になっていますが、信用情報にその情報が登録されているという事は大いに査定への影響があります。

ですので、現時点でクレジットカード査定に通らなくて困っている人は、別の査定への申込を行う前に絶対個人信用情報機構へ信用情報の開示請求を行い、申込情報がいくつか登録されていないか?の見極めを行う必須があります。

つまり、この期間に信用情報へいくつかの申込情報が登録されているとクレジットカード査定で不利になる見込みがありますので用心が必須になります。

ついでに、短期間での申込件数ですが、これは過去の経験上1ヶ月で2件以内、6ヶ月でも3件以内であれば査定可決実績がありますので、普通にこれ以上の申込は控えた方が良いです。

当然、6ヶ月間で4件以上申し込んでもクレジットカード査定に通る確率はあり、これも実のところ過去に経験済みですが、それは全部の査定申込者から見れば圧倒的に少なくなりますので、3件以内、可能なら2件以内に抑えた方が良いです。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ