クレジット

クレジットカードは目指す形よりも現実で

クレジットカードは目指す形よりも現実で

クレジットカードは目指す形よりも現実で

現時点で日本で発行されているクレジットカードには、秘訣還元率やクレジットカード発行企業の系列お店における割引、ステータスの高さや認知度など、クレジットカードによって色々なトレードマークが有ります。

もっとも、各クレジットカード企業では自社カスタマーのゲットのため、あの手この手を駆使しながら何とかしてカスタマー数の確保=自社売上の急上昇を図っているため、カード自体にもどこかにアピール要点を付ける不可欠がありますので、結果たくさんなもち味を持つカードが増大してきているのです。

それにより、私たちがクレジットカードを選りすぐる場合には、数多くあるカードの中から自身の目的にあったものを1枚またはいくつか枚選択してで査定に申請する事になるかと考えます。

中には1人で10枚程度エントリーするつわものもいるようです。

しかも、自身の属性や信用に問題が無ければ、素直に自らの目的にあったクレジットカードを用意する事はそれ程面倒には無いと考えますが、これが査定で困っている人になるとわずか話が変わってくるのです。

クレジットカードを持つためには査定に通る必須がありますクレジットカードを生み出すためには査定に通る事が最低要件になるため、最初に査定に通らない人向けのカードの選び方から紹介していきます。

目下クレジットカード査定で困っている人というのは、自らの属性や信用にどこかに問題がある見込みが高くなりますので、そのような方がいきなり自身の目的にあった、またはステータスの高いカード査定に申し込んでも査定に通らない確率が高いと言わざるを得ません。

すいません、いきなり困難な事を言いましたが、査定に通らない人にはこれが現実という事を知って欲しかったので特別に書きました。

言うまでもなく、中には運良くクレジットカードが発行される事例もあるかも知れません。

ただ、そのそんなにでカードが発行されない見込みが高くなってしまうのです。

それにより、そのような人は目指す形よりも現実路線でクレジットカードを選択する不可欠があります。

査定に通るためにはクレヒスが必須になります一例を挙げれば、今現在日本のクレジットカード査定の中では最上査定水準が高いと言われている銀行系クレジットカードですが、仮に目的がこの銀行系であれば、初めに銀行系以外のカードを作り信用力を高める=クレジットヒストリー(以下クレヒス)を積み重ねた方が良いです。

このクレヒスですが、手軽にに言うと各金融アイテムの活用履歴(支払履歴)になり、信用力の高さが影響するクレジットカード査定においては、このクレヒスは相当大切な役割を持っているのです。

査定に通らない人は段階を踏む事が不可欠ですクレジットカード査定では、クレヒスが無いまたは悪い人に比較して良好なクレヒスを持っている人が信用力が高くなりますので、結果として査定では有利に働く確率が高くなります。

つまり、直近でクレジットカード査定で困っている人は、初めに現実路線でクレジットカードの取得をして活用実績を積み重ねてから目的のカードを目指すという二段構えの対策を取る事によって、目的のカードを取得可能な確率が高くなるのです。

あのクレジットカードやこのクレジットカードが必然的に望むという欲求は分からないでもないのですが、最初に自らの属性や信用力を見つめて現実路線から進めた方が結果的に目的のカード取得までの道のりが短くなると考えます。

一番目からステータス(敷居)の高いクレジットカードを狙って査定への申込を行っても、落ちてしまえばその情報が信用情報に登録され、結果目的のカード取得までの時が以前からずっとなってしまう見込みがありますので、カード選択しは現実路線で進めて下さい。

クレジットカード選び方の極意はこちらこれからは、自身の属性や信用情報に特に問題がなく、十分クレジットカード査定に通る事ができるな人向けに、クレジットカードの選び方の秘訣について紹介していきます。

問題なく査定に通る事ができるになって初めて目的のカードを選りすぐる事が可能なようになります。

●クレジットカードの枚数は2〜3枚程度

真っ先には、指標となるクレジットカードの保有枚数ですが、これは主カード1枚+サブカード1〜2枚の計3枚程度が良いでしょう。

というのも、カードの保有枚数が多くなればなるほど今後多重債務になる見込みが高くなってしまうからです。

クレジットカードは、今や私たちにとって自分の手の届く範囲な影響となっており、使用限度額の範囲内であればどんなときでも使用する事ができるです。

ただ、月次のカード管理がちゃんと出来ていないと一瞬で使用限度額一杯まで使ってしまう見込みがあるのです。

いやいや、私は管理が出来ているから問題なしと思っていても、そこにカードがあるとつい使ってしまうのが人間の心理というものです。

実のところに、多重債務になる人はカードやカード貸付金を数多に契約している人が多々あるのもそういう事がきっかけになっています。

ですので、クレジットカードを保有する時には、主カードを1枚決めて、後はサブのカードを使用目的に組み合わせて1〜2枚程度チョイスしてだ方が良いです。

●主カードとサブカードはブランドを分ける

普通にクレジットカードには、VISAやMaster、JCBなどの国際ブランドがついており、これらブランドによって特色が異なるため、保有するカードのブランドは区分た方が良いでしょう。

主カードがVISAだったらサブカードはMasterかJCB、もしくはその双方にすれば、VISA+Master+JCBを保有する事になるため、日本はもとよりワールドワイド各国で不自由なくカードを使用する事ができるになります。

●年会費や会員サービスも肝心です

クレジットカードには年会費フリーと有料のものがあり、各種秘訣サービスや独自の特典、または傷害保険や盗難保険付きなど、各カードによって色々な付帯サービスが付いており、このサービス中身もカードを選り抜く場合の要素になります。

一例を挙げれば、年会費1年目はフリーだが2年目以降は前提付きでフリーになる、自社系列ストアでの使用は着目点5倍や10倍など、各カード企業では何とか自社カスタマーの取得を目指して多様なトレードマークを出してきています。

そのおかげで、私たち支出者はクレジットカード選択の奥行きが広がっていますが、いつも使わないであろうシーンにおける特典にはニュアンスがないのですので、年会費は言うまでもなく会員サービスにも注意してカードをチョイスしてだ方が良いでしょう。

●サブカードは主要とは違うブランドでチョイスする

これはごく自然の事ですが、主要カードとサブカードの国際ブランドが同じ=算入店も同じになるため、使用できるな所属店には制限があります。

もっとも、VISAやMasteであれば日本はもとより外国においてもかなりの加入店があるため、それほど不自由には感じないと考えます。

ただ、やはり主とサブを分けるのであれば、VISAやMaster、JCBなどのブランド算入店が一通り一緒という訳では無いため、各々違うブランドをチョイスしてだ方がユーザビリティーが向上します。

結局のところ自身の生活様式に合っているか如何にか?クレジットカード選択しのポイントですが、最終的には自身の生き方に合っているものをチョイスしてだ方が良いです。

これは、先程もわずか触れましたが、どんだけカードに特典が付いていたとしても、その特典が自らの生活習慣とは違うところで付くのであればそれに解釈はないのです。

クレジットカードの特典とは、その使用ありがたみがあって初めて特典と言えるものなので、自らが使えない特典であれば無いと一緒になります。

ですので、クレジットカード選択しでは自らの生き方(使用シーン)を考慮して、カードに付帯している各種特典を整然と使いこなせるのか?を判断基準に主要やサブカードをチョイスしてでみて下さい。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ