クレジット

クレジットカードの種類には何があるの?

クレジットカードの種類には何があるの?

クレジットカードの種類には何があるの?

今現在日本にあるクレジットカードと言えば、○○VISAカードや○○Masterカード、AmazonマスターカードやJCB、アメリカンエクスプレスカードなど、その種類は10000種類以上あると言われています。

この中で、VISAやMaster、JCBなどは国際ブランドと呼ばれており、各クレジットカード企業ではこのブランドと提携して諸々な種類のクレジットカードを発行しています。

この他にも、Amazonマスターカードのようにオンラインカタログ販売巨大資本のAmazonとクレジットカード査定・発行一流企業の三井住友カードが提携して発行しているカードやアメリカンエクスプレスのようにブランドが提携せず単独で発行しているプロパーカードなどがあります。

ですので、今現在日本には数多くの種類のクレジットカードがあるため、私たち使用者にとっては目的のカードが発見出来やすいような気がしますが、そもそもどれだけの種類とどんな特色があるのかについて分からないという方がいるかも知れませんよね?そんな訳で、採り上げるののテキストでは目下日本で発行されているクレジットカードの種類について紹介します。

クレジットカードの種類について一言でクレジットカードと言っても、その種類は多く、さらに各々にたくさんなトレードマークがあるため、今後のカード選択しは当然査定への対策としてその種類とポイントを知る事は、カードの体系を知る事と同じくに非常に肝心になります。

そんな訳で、これからはクレジットカードの種類としてプロパーカード、提携カード、ハウスカードにおまけ(?)としてデビットカードまで、そのもち味について紹介していきます。

ついでに、デビットカードはクレジットカードとは違うというツッコミは無しでお願いします。

■カードの種類■

●プロパーカード

JCB一般カードやアメリカンエクスプレスカード、ダイナースなど、ブランドが直接発行しているクレジットカードになります。

しかも、三井住友カードやセゾンカードなど、クレジットカード発行法人が会社と提携せず自社ブランドで発行しているカードもプロパーカードと呼ばれています。

他にも、このプロパーカードはクレジットカード性能としては特に問題なく実用的に使用する事ができるですが、年会費が生じてするカードもあります。

ところで、VISAやMasterもワールドワイド5大ブランドになりますが、VISAやMasterがブランドライセンスを提携法人へ供給しているだけであって直接クレジットカードの発行は行っていません。

●提携カード

amazonマスターカード(amazonと三井住友カード)や、ファミマTカード(ファミリーマートとポケットカード)、出光まいど加味カード(出光とクレディセゾン)など、会社とクレジットカード企業が提携して発行しているカードになります。

この提携カードでは、普通のクレジットカード性能に加えて提携先での各種優待や特典を受ける事ができるなので、私たちカード活用者にとってもリーズナブルなカードと言えます。

●ハウスカード

このハウスカードとは、コスモ・ザ・カード・ハウスや日産カード(ハウスカード)など、VISAやMasterなどの国際ブランドが付いておらず、カードを発行している法人及びその系列ストアのみで活用できるなクレジットカードになります。

クレジットカードを発行している法人及びその系列ショップのみの使用に限定しれますので、提携カードのような豊富な特典はないのですが、他種類のクレジットカードと比較し査定スタンダードは高くないため、クレヒス修行用としての認知度が高くなっています。

●デビットカード

異例的なカードとしてデビットカードも解説しておきます。

このデビットカードは、クレジットカードと異なる点アイテム先渡しの代金後払いが出来ませんが、VISAやJCBなどのブランドが付いているため日本はもとよりワールドワイド各国のVISAやJCB算入店での使用ができるとなっています。

(局所活用不可のショップあり)デビットカードなので、クレジットカードのような豊富な特典はないのですが、普通に査定が無いため15歳以上(局所特例あり・中学生不可)であればみんな持つ事ができるとなっています。

どうでしたか?直近で日本のクレジットカードの種類にはプロパーカードや提携カード、加えてはハウスカードがあり、各々独自の特色があります。

もっとも、直近で日本で発行されているカードの大数多くは提携カードとなっており、その競争も激しいため各社独自の特典で自社カスタマーの取得を目指しています。

競争が激しいという事はメリットがあるな特典やサービスが出てくる確率が高いため、私たちクレジットカード活用者にとってはかなりハッピーな事ですよね?加えて、ハウスカードは自社(系列)ストアのみでの活用に限定されるため、決済危険性が低くなっています。

それにより、プロパーカードや提携カードに比較して査定スタンダードが高くないので、クレヒスが無い方はハウスカードで使用実績を積み重ねる事もできるです。

いずれにせよ、数あるクレジットカードの中から貴方の生き方に合った1枚を選択していただければと考えます。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ