クレジット

クレジットカードの使用には危険性があります。

クレジットカードの使用には危険性があります。

クレジットカードの使用には危険性があります。

私たちが普段的に活用しているクレジットカードはかなり有用なツールになりますが、そこには色々なリスキーがあります。

紛失や盗難による第三者の使用やオンライン買い物におけるカード情報の流出など。

そのような危険性に対処するためには日頃からカード管理が必須になってきますが、オンラインオンライン販売巨大資本のAmazonもオンラインお店になるため、クレジットカード情報の流出=カードを使用するとリスキーなのでは?と思っている人がいるかも知れません。

もっとも、他のオンライン買い物ではその入力を求められる確率がある安全対策番号ですが、このAmazonでは入力無用でお購入が可能なというところも、Amazonでカードを使用するときの心もとないへと繋がっているのかも知れません。

Amazonでのクレジットカード決済は手間なくに終わります現在までAmazonでクレジットカード決済をした事のある人はすでにご存知かと考えますが、Amazonでのカード決済を行うケースに必須な情報はカード名義人、カード番号、有効期限の3点のみとなっており、この3点の情報入力によってカード決済の使用ができるとなっています。

たったこの3点だけの入力でクレジットカード決済が可能なますので、他のネットショッピングサイトと比べると結局機能面に優れた感じがしますね。

先程もわずか触れましたが、他のオンラインカタログ販売Webページでよくある生年月日や安全対策コードの入力もないのです。

もっとも、この3点の情報のみで決済できるというところだけを見れば、他のオンラインオンライン販売Webページと比較してもAmazonではクレジットカード決済にそれに対し危ういだ!と思うのも理不尽はないのです。

AmazonのSSL証明書は高水準ですこのSSLですが、インターネット上で暗号化したデータの送受信を行うためのプロトコルという意味合いです。

他にもAmazonではこのSSLを導入しており、これを造作なくに言えばAmazonで買い物をしたデータは暗号化されて通信されるため安心ですよという事です。

もっとも、近頃のオンライン買い物ではその通信を暗号化して、第三者によるなりすましや各種情報の流出を防ぐためにこのSSLを導入しているところが数多にを占めています。

ただ、Amazonが導入しているSSL証明書は、シマンテック社が発行しているSSL証明書の中で最もクラスが高いClass3の証明書となっている事から、その安全対策はより強固なものとなっています。

シマンテックは、現時点でCPS中に3つのクラスの証明書を規定しています。

各クラスの証明書は、各々規定された認証レベルによって信用性の水準を保有します。

各水準(クラス)の証明書には、各々異なった働きおよび安全対策上のトレードマークがあります。

証明書の申請者は、これら一連のサービスの中から自身の需要に見合うものを選択し、そのクラスの証明書を選択します。

引用:シマンテック社つまり、Amazonでは高水準のSSL通信を行ってユーザー情報の暗号化されたデータ通信を行っているので、クレジットカード決済にそれに対し万全の安全対策対策を講じていると言えます。

Amazonに限定しずオンラインオンライン販売でのカード決済には危ういが付きものこれはAmazonに限った事ではないのですが、近頃のインターネット犯罪の増加性質から見るとオンラインカタログ販売Webページでのクレジットカード情報を入力する事例には、いつもリスキーが付きまとっていると言えます。

その訳としては、オンラインでは第三者がいつもハッキングのチャンスを狙っており、オンラインオンライン販売Webページがどんだけ強固なSSL通信を導入していても、肝心の貴方のPCが第三者によってハッキング(マルウェアに侵入されている)されたらそのようなものは全く意味合いを持たなくなってしまうからです。

とくに、オンライン買い物でときのカード番号や安全対策コード、加えては生年月日などの入力のとき、すでに貴方のPCの中にマルウェアが入っていたらこれらの情報が第三者の手に渡ってしまう危ういがあります。

オンライン使用ではマルウェアソフトの活用が不可欠になりますオンラインカタログ販売Webページでカード決済を行う事例には、損害保険の付いているクレジットカードを使用する、最低限あらかじめ自らのPCに最先端のマルウェア対策ソフトをセットアップしておく、またはそのいずれもの対策を行っておく不可欠があります。

ただ、マルウェア対策ソフトも100%安心というものでは無いので、オンラインカタログ販売Webページのマイページに登録されているクレジットカード情報を削除したり、活用明細をくまなく参考にして身に覚えのない明細があったら直ちににクレジットカード法人に連絡する事などの対策も不可欠になってきます。

もっとも、オンラインカタログ販売Webページでのクレジットカード不正使用を防ぐ最大限の技術は、その決済を銀行振込代金引換、他にもはコンビニ決済など、ニコニコ現金払いにするのが最高の手法になります。

ついでに、オンライン通信販売Webページではないのですが、オフラインの店舗や銀行ATMなどの端末にはスキミング用の機械(スキマー)が設置られている見込みがありますので、常日頃からクレジットカードの取り扱いには配慮が必須になります。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ