クレジット

クレジットカードには有効期限があります

クレジットカードには有効期限があります

クレジットカードには有効期限があります

クレジットカード成形においてもっとも必須な事がクレジットカード査定に通る事になりますが、査定には必ずや100%がないのですので、みんな造作なくに査定クリア→クレジットカードが持てるという訳ではないのです。

その上、無事に査定に通ったとしてもクレジットカードには有効期限があり、有効期限が迫ってくるとクレジットカード法人によって更新査定が行われる事になります。

もっとも、クレジットカードの有効期限を無限、または更新査定を行う事なく更新済みカードを発行していてはユーザーの属性や信用情報の移り変わりに付いていけないため、更新査定が行われる事は仕方ないのです。

それで、この更新査定ですが、大抵のカード法人ではカード有効期限のおよそ1か月前に行われており、この査定に通れば有効期限が更新されたクレジットカードが届く事になります。

ただ、中には更新査定に通らない=更新済みカードが届かない時もあるのです。

何故カードの更新査定が行われているのでしょうか?大抵のクレジットカードの有効期限は3年程度だと思われますが、この間クライアントの属性情報や信用情報に移り変わりが無いというのは少しだけ腹積もりられないですよね?勤務先が調整になっている、競合企業クレジットカードやライバル企業キャッシングの活用履歴があるなど、3年程度の期間があれば何かしらの移り変わりがあるというのが自然だと考えます。

つまり、クレジットカード法人ではカスタマーの目下の属性や金融アイテムの使用状況などを決断して、このクライアントにそれに対し更新済みのクレジットカードを発行しても心配なしなのか?を考慮しながら更新査定を行っているのです。

もっとも、クレジットカード法人ではユーザーに仮にの事があってはいけませんので、現在までは自社ユーザーだったとしても目下のユーザーの状況によっては自社クライアントから外れてもらう=更新済みカードは発行しないという選択の余地があるのももちろんと言えます。

クレジットカード法人としても、自社にとって好ましくないクライアントに対していつまでもカードを発行していては、自社にとって今後不利益になる見込みがあるため、更新査定の結果不合格になったとしてもそれは仕方がないのです。

クレジットカードの更新査定中身はこうなっています目下保有しているクレジットカードの有効期限が迫ってくると、整然と有効期限が更新されたカードが届くのか?と心もとないになる人もいる事でしょう。

おっしゃる通り、実際まで当たり前に使用していたカードが更新査定の結果次第では今後使えなくなる確率がありますので、更新済みカードが届くまでは心もとないに感じるかも知れません。

そんな訳で、ここではクレジットカード有効期限を更新する場合に行われる査定の中身について紹介しますので、カードの有効期限が更新されるのか?と心もとないに思っている人はポイントにして下さい。

■更新査定の中身■

●過去の使用状況

この過去の活用状況ですが、更新予定のクレジットカードにおける過去の使用状況の事です。

過去の活用状況なので、活用回数や活用代金、月次の入金状況などが査定対象になります。

しかも、この使用状況が良好であれば続いて解説する競合企業における使用状況の中身次第で更新済みのクレジットカードが発行される事になります。

ただ、過去の入金状況で延滞があると、その延滞の度合いによっては更新済みクレジットカードは発行されすに取り止めになる確率があります。

さらに、過去の活用状況以前におおかたクレジットカードを活用していなかった時にも更新済みクレジットカードが発行されない確率(経験済み)がありますので、継続的にクレジットカードを活用やりたいのであれば程よくな活用を心掛けた方が良いです。

●競合企業

における使用状況クレジットカード更新査定のときには、クライアントの個人信用情報組織に登録されている信用情報も照会して現時点での他金融アイテムの使用状況も質問する事になりますので。

ここで競合企業の使用状況も見極めする事ができるとなっています。

その上、ライバル企業での使用状況が良好であれば問題ないのですが、ライバル企業の使用状況で延滞または多額の借入などの事実が判明した事例には更新済みクレジットカードは発行されずに取り止めになる見込みがあります。

特に、平成22年6月18日より施行された総量規制の影響により、ライバル企業のキャッシングまたはクレジットカードのキャッシング枠が年収の1/3を超えていたケースには、更新済みクレジットカードのキャッシング枠が付かない、または更新済みクレジットカードが発行されない確率があります。

どうでしたか?クレジットカードの更新査定では、大抵カード製作後の自社及び競合企業における使用状況について質問が行われる事になり、その結果特に問題が見つからなければ無事に有効期限が更新されたカードが届く事になります。

反対に言えば、自社及びライバル企業においてネガティブな情報(延滞情報)などが登録されていた事例には、更新済みカードが届かない確率が大いに高くなりますので配慮が不可欠です。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ