クレジット

カード査定と派遣・契約社員について

カード査定と派遣・契約社員について

カード査定と派遣・契約社員について

クレジットカード査定には、たくさんな職種(職業)の方々が申込を行っています。

法人の経営者や重役、部長や課長、一般社員やパート・アルバイト、その上は自営業者や派遣・契約社員など。

他にも、査定においては各クレジットカード企業の査定規格が異なっているため、どの職種(勤務形態)が有利かについては重きを置いているスコアリングにも微妙に差があり、法人社員>自営プロ>パート・アルバイト、法人社員>パート・アルバイト>自営業者などのように、多少なりとも差異があります。

★いくつかのプロの予算を対比可能なWebページもあります。

もっとも、このスコアリングの評価については、私たちカード活用者が評価の詳細を検証する事は出来ませんので、査定可否の決断はカード企業が行う=査定が終わってみなければ理解いただけません。

ですので、どの職種が有利になるのかについての詳細を知る事は出来ませんが、俗に査定規格における職種の優劣は、公務員>企業員>自営専門家>パート・アルバイトの順になっていますが、自営業者とパート・アルバイトはカード法人によって逆の時もあります。

★自身の目的にマッチした専門家を選択したいですよね。

そんな訳で、派遣社員や契約社員も職種にあたりますが、クレジットカード査定において派遣社員や契約社員はどれほどの扱いを受けるのか?について紹介します。

派遣社員や契約社員とは?最初に、派遣社員についてですが、派遣社員とは派遣元の会社と採用契約を結んで派遣先会社で働く採用形態の事になります。

派遣先会社で働く事になりますので、派遣元と派遣先の契約が終了した事例には別の派遣先会社で働く事になります。

もっとも、これは一般会社で言うところの異動になります。

ただ、派遣社員の短所ですが、採用契約を結んでいる派遣元会社への業務の注文が減少=派遣社員の業務も減少する事になるため、即時的にでも収入が不安定になる見込みがあります。

このため、派遣社員は正社員と比較しクレジットカード査定では不利になる見込みがあると言われているのが現況です。

さらに、契約社員ですが、これは企業と採用契約を結んでいるものの、正社員と違うところは採用期間に定めがあるところになります。

つまり、あらかじめ採用期間が決まっている契約形態を契約社員と呼んでいるのです。

あらかじめ採用期間が決まっているという事は、普通にその期間が過ぎてしまえば職を失ってしまいますので、結果正社員と比較しクレジットカード査定では不利になる確率があると言われています。

査定における派遣・契約社員の扱い先程も紹介しましたが、派遣社員、契約社員共に正社員と比較し今後の採用継続に少々の心もとないを抱えていますので、明確言いますが正社員と比較してクレジットカード査定では少々不利になります。

ただ、不利になるだけで、それが要因で査定に通らないという訳ではないのです。

現実に、派遣社員や契約社員でもカード査定に通っている場合が数多に報告されていますので、自らが派遣社員や契約社員とは言っても査定に通らないとは思わないで下さい。

ただ、正社員と比べると不利になりますので、職種以外の属性(住まう形態や固定電話など)で有利になるようにした方が良いです。

派遣社員のクレジットカード査定についてこれからは、派遣社員、契約社員各々のクレジットカード査定について紹介していきます。

最初に、派遣社員の査定ですが、先程もわずか触れましたが正社員と比較し多分に不利になっています。

ただ、不利になっている=査定に通らないという訳ではなく派遣社員でも査定可決実績は数多くあります。

査定可決実績はありますが、派遣社員という勤務形態に限って言えばそれほど極意は高くないため、結局勤続期間や競合企業借入の有る無し、なおは良好なクレヒスが登録されているなど、他の査定項目の影響が大きいようです。

それにより、派遣社員がクレジットカード査定に通るためには、これらの項目の底上げが肝心になってきます。

派遣社員のクレジットカード勤務先はこちら派遣社員の勤務形態は、登録は派遣元ですが実のところに勤務するのは派遣先になりますので、査定申込書に記載する勤務先で迷う人がいると考えます。

おっしゃる通り派遣元に籍を置きながら実のところには派遣先に勤務している訳なのでどっちの勤務先を記入すればよいのか?迷うのももちろんと言えます。

そんな訳で、派遣社員の人が査定申込書の勤務先及び勤務先電話番号は普通に派遣元のものを記入して下さい。

その所以は、派遣先にはそれほど長い期間勤務する確率は低い=派遣社員の入れ替わりが多々あるため、派遣先の社員も派遣社員の名前を覚えていない確率があるからです。

それ故、クレジットカード法人から在籍見極めの連絡が来ても、我社にはそのような人物は勤務していません=結果在籍見極めが取れない=査定に通らない見込みがあるためです。

もっとも、派遣元法人には数多くの派遣社員が登録しており、中には同姓同名の人もいる確率があるため、最近の派遣元法人ではカード企業から在籍見定めの連絡があったとしても個人情報防護法の観点から返答しない時があります。

その結果、とどのつまり在籍検証が取れないため査定に通らない確率もあるのです。

それにより、派遣社員が査定申込書に記入する勤務先については派遣元、派遣先ともに大いに心もとないが残りますので、貴方がわずか心もとないだなと感じているのであれば、あらかじめカード企業へ派遣元、派遣先のどっちを記入したら良いのか?の見定めを行った方が良いかと考えます。

派遣社員のクレジットカード在籍見定めはこうなります派遣社員の査定における在籍見定めの連絡ですが、普通に申込書に記載された勤務先に掛かってきます。

つまり、査定申込書に派遣先を記載していれば派遣先に、派遣元を記入していれば派遣元に掛かってきます。

もっとも、これは自然の話ですが、在籍見極めの連絡が心もとないという人は結局前もってにカード法人へその旨照会をしておいた方が良いです。

ついでに、派遣先企業が大会社の時には、先程もわずか書きましたが派遣社員も含めた社員数が多々あるため、派遣社員の名前を理解していない時があります。

それ故、在籍見極め不可=査定に通らない見込みが高くなるため配慮が不可欠です。

契約社員のクレジットカード査定についてここでは、契約社員のクレジットカード査定について紹介しますが、とどのつまり派遣社員と同じくに契約社員とは言っても査定に通らないという事はないのです。

ただ、帰するところ正社員と比べると不利になる性質があるため、ステータスの高いクレジットカードは避けた方が良いです。

もっとも、査定において申込者の継続安定した収入は不可欠になっているため、契約期間が決まっている=その後の収入状況が見通せない契約社員のケースには、正社員と比較し評価が低くなる事は否めません。

それにより、契約社員の人は派遣社員と同じくに勤務形態以外の属性の底上げを図っていった方が良いです。

ついでに、信用情報に良好なクレヒスが登録されている事、事故情報の登録が無い事も査定に通るためには不可欠の前提になります。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ