クレジット

ある日突然クレジットカードが使えなくなる確率があります

ある日突然クレジットカードが使えなくなる確率があります

ある日突然クレジットカードが使えなくなる確率があります

私たちがクレジットカードを使用するためには、クレジットカード査定に通ってクレジットカード企業から自ら宛てにカードが送付されてきて初めて使用する事が出来ます。

また、届いたクレジットカードは街に出て店頭や各種サービスやガソリンスタンド、または国内、外国旅行、しかもは我が家でインターネットを経由してのお買い付けなどに活用する事ができるです。

その後、クレジットカードの使用代金を月次充分にと支払っていれば特に問題もなく月次活用する事ができるですが、中にはある日突然クレジットカードが使えなくなるケースがあるのです。

実際まで一般的にクレジットカードが使えていたのにある日突然使えなくなる・・・これはいつもカードを使って入ればいるほど大いに困ってしまう事態になりますが、クレジットカードが使えなくなるのには何個かの訳があるのです。

そんな訳で、今度のテキストではクレジットカードが使えない要因について紹介します。

あらかじめクレジットカードが使えなくなる要因を抑えておけば、よしんばの時にも大人なて対処する事ができるになりますので、この使えなくなる所以はいつも頭の中に入れておいていただければと考えます。

クレジットカードが使えない要因はこちらこれは、過去に私も経験がありますが、ごく一般的に店舗での購入の決済にクレジットカードを出したところ、販売スタッフさんからこのクレジットカードは使えないようですと言われて焦った事がありました。

加えて、この時使えなかった訳は単純にそのアイテムを買い物すると使用限度額がオーバーしてしまう事にありました。

ただ、この時はカードが使えない所以に全く心当たりが無かったので何故?という考えしかないのですでした。

ですので、これは普通な事になりますが、いつもカードの活用できる額を理解しておく事は必須になります。

■クレジットカードが使えない要因■

これからは、実のところに考慮しられるクレジットカードが使えない訳について紹介していきます。

●クレジットカードの有効期限切れ

これは単純にクレジットカードの有効期限が切れていたという事になります。

クレジットカード企業から更新カードが届いているのに財布の中には期限切れのカードが入っていたなんて事貴方も経験ないのですか?その結果、店頭での精算の場合に期限切れのクレジットカードを提示したところ、販売員からこのカード、期限が切れていますねと指摘がありカードを使用する事が出来なかった。

恐らくこの文章を読まれている人の中にも、実のところにこうした経験をした事があるという人がいるのではないでしょうか?

●使用限度額の上限に達した

クレジットカードにはあらかじめ使用限度額が決められており、もちろんですが活用限度額を超えての使用は出来ません。

いつもからあまり活用限度額を気にしないでクレジットカードを使っていると、いつの間にか活用限度額一杯になってしまい、結果クレジットカードが使えなくなってしまいます。

●活用限度額が減額された

クレジットカード法人では、決まった、不定期(途上与信、法定途上与信)でクライアントのクレジットカードの活用状況を見定めしています。

また、途上与信や法廷途上与信によってクライアントのクレジットカード活用状況が悪いと決断されるとカードの使用限度額が減額される見込みがあり、すでに使用限度額の上限まで使っていたケースにはもちろんですがカードが使えなくなります。

●活用代金を延滞している

クレジットカードの使用代金を延滞していると、もちろんですがクレジットカード企業からの督促が始まるとともに、そのカスタマーは要注意人物としてマークされる事になります。

加えて、督促が続いたにも関わらず使用代金の延滞を続けているとクレジットカードの使用停止→強制取り止めになる見込みがあり、この事例にはカードを使用する事が出来ません。

●クレジットカードの磁気不良

クレジットカードには磁気が付いており、この磁気に記憶されているクレジットカード番号などの情報を元に店頭(読み取り機)でカードを使用する事ができるとなっています。

つまり、この磁気にどこかに読み取り不良が起きているとクレジットカードが使えませんので、カードの磁気のところは大事に扱うようにして下さい。

●クレジットカードの使用停止

先程使用限度額が減額されたところでも紹介しましたが、クレジットカード企業ではクライアントにそれに対し途上与信や法定途上与信を行っています。

他にも、これら与信の結果クライアントにどこかに問題が起こっているケース、最初に使用限度額の減額が比較考量される事になりますが、自社及びライバル企業の活用において重大な延滞が露呈すると最悪クレジットカードの使用停止→強制取り止めになる確率があります。

カードの活用停止や強制キャンセルになってしまうと、もちろんですがクレジットカードが使えなくなってしまいます。

ここまでクレジットカードが使えない訳について紹介してきました。

しかも、使えない要因は上述一覧を見ていただければ理解いただけますが、充分にとクレジットカードの管理が出来ていれば防げるものばかりになっています。

参考サイト

-クレジット

© 2020 もりもりブログ