キャッシング

キャッシング活用限度額は増額できます

キャッシング活用限度額は増額できます

キャッシング活用限度額は増額できます

はじめにキャッシング査定に申し込んだケース、金融法人では申込者の属性や信用情報を質問して特に問題が無ければ査定パス=キャッシングカード発行の流れになります。

この場合、申込者の属性や信用情報の中身によって、はじめの使用限度額が判断する事になります。

もっとも、キャッシング査定にエントリーする段階で、申込書にはお願い限度額をいう項目がありますので、申込者はこのお願い限度額欄に自らのお願いする限度額を記入して査定へ申請する事になります。

ただ、査定の結果によっては申込者がお願いした限度額よりも少ない使用限度額が設定される事も多々あるんですよね。

申込者としては、査定にクリアしただけでも良しとしなければならない時もありますが、自らの要望通りの限度額にならないとちょっと残念が残るかも知れません。

最初使用限度額は少ない

支出者金融とはじめにキャッシング契約を結ぶ時、いきなり活用限度額が50万円になる方は稀で最初は10万円や20万円など、想定していた限度額よりも額が少なくなる場合が大いにあります。

申込者としては、お願いしていた限度額よりも少ない時には、ちょっと不便に感じるかも知れませんが、こればっかりは申込者の属性や信用情報によるところが大きくなるため仕方ないのです。

ですので、キャッシングの使用限度額を上げるためにはそのキャッシングで借金や償還を繰り返して使用実績を積み重ねる事が大切になってくるのです。

また、キャッシングの使用限度額を上げるメソッドですが、だいたい以下の前提を満たしていれば限度額が上がる確率があります。

1.契約から半年経過

2.借入・返金の実績

3.延滞がない

使用限度額の増額には査定がある

キャッシングの活用限度額の増額申請を行うと、金融企業ではカスタマーの使用状況を元に増額査定を行う事になります。

もっとも、査定というだけあってカスタマーの活用状況によっては査定に通らない見込みもありますので、増額査定に申請するときにはキャッシング契約から少なくとも半年以上は使用実績を積み重ねる不可欠があります。

ついでに、キャッシングでは活用限度額が上昇すればするほど利息が下がる性質がありますので、利率を下げたい時には増額査定に申し込んで査定にクリアする不可欠があります。

増額査定の流れ

この増額査定ですが、クライアントから査定へ申請する手段と、月次の使用実績を元に金融企業から増額のガイドが届く2種類のメソッドがあります。

もっとも、増額をお願いする方は、金融法人から増額の助言が届くまで待つよりも自らから増額査定へエントリーする確率が高いと考えます。

他にも、増額査定への申込手段ですが、オンラインの金融法人のマイページからでも電話からでも申請ができるですが、いずれにしても電話による見極めが不可欠になり、増額査定にクリアすると、新しい契約書が我が家に届くという流れになります。

使用限度額は徐々に上がる

これは、クレジットカードの買い物枠やキャッシング枠も同じくですが、キャッシングの活用限度額はちょっとずつ段階的に上がっていくのが一般的です。

カスタマーの信用度が上がれば使用限度額も上がりますが、10万円→100万円など一気の増額申請は査定には通らない見込みが高いと思われますので用心が不可欠になります。

ですので、使用限度額の増額査定に申請するときには、一気の限度額上昇を狙うよりもわずかずつの限度額上昇を狙った方が良いです。

参考サイト

-キャッシング

© 2020 もりもりブログ