キャッシング

キャッシング査定では良好な活用実績があるに超した事はないのです

キャッシング査定では良好な活用実績があるに超した事はないのです

キャッシング査定では良好な活用実績があるに超した事はないのです

キャッシングは、使用者と金融企業との信用契約で成り立っています。

それ故、金融法人では申込のあった方の属性情報や信用情報を綿密にチェックして、この申込者が今後弊社のキャッシングを活用して月次充分にと返金できるか否か?の決断を行います。

その結果、申込者=今後のキャッシング活用実績に問題が無いと決断されれば査定に通る事になりますが、今後のキャッシング活用実績に問題ありと決断されてしまうと査定に落ちてしまう事になるのです。

その上、この査定中身に内蔵されているのが、申込者が採り上げるの自社を含めて競合企業でのキャッシング活用が無い、つまり今度がはじめてのキャッシング使用(申込)になるのか?または直近で及び過去において自社及び競合企業でキャッシングの使用実績があるのか?になります。

この両者を対比すると、一見はじめてのキャッシング使用者の方が信用情報に事故情報もなくライバル企業借入もない事から査定では有利になりそうな感じですが、実のところの査定では如何に決断されるのでしょうか?

使用実績無し<活用実績あり

キャッシングの査定は、初めての人が何度も借入をしている人より有利だと思われがちですがその実反対になります。

何度も使用し償還実績のある方が、競合企業の査定に通りやすくなる事があるのです。

その上、キャッシングの活用実績は個人信用情報組織の信用情報に登録される=クレジットヒストリー(以下クレヒス)が作られるため、クレヒスがある方が査定では有利になるのです。

また、クレヒスがない事例、過去にキャッシングを含めた金融アイテムを一度も使用した事がないのか、はたその上異動情報が期間経過で削除されたのかの決断を行う事が出来ません。

これに対して、クレヒスがちゃんとしていれば良質クライアントとみなされて査定では有利になる確率が高くなります。

キャッシングの査定が有利になる前提

これからは、キャッシング査定が有利になる要件について何個か解説します。

■過去に借入や償還実績があり、延滞が無い

借入や償還実績があり、なおかつ延滞が無い事例には、金融企業からは良好なユーザーと決断されるため、査定では有利になります。

■個人信用情報機構の信用情報に事故情報がない

個人信用情報組織の信用情報に事故情報が登録されてないければ、査定では有利になります。

■今現在の借入件数が少ない

キャッシング査定では、申込者の現時点での使用状況が肝心な要素になるため、現時点での借入件数が少なければ査定では有利になります。

■短期間に何度も申請していない

短期間でのいくつかエントリーは査定で嫌われる性質がありますので、短期間での申込件数が少なければ査定では有利になります。

他にも、取引実績については、1回よりも複何回かあった方が査定では有利になる見込みが高くなりますが、信用情報に事故情報が登録されていると査定では不利になる=通らない確率が大いに高くなってしまいます。

ついでに、競合企業借入についてですが、これは費用よりも件数の方が査定に満たす必須度が高くなります。

というのも、5件で100万円の借入よりも1件で100万円の借入の方が1件当たりの借入金額が高い=信用力が高いとみなされるためです。

ですので、目下いくつかの金融法人から借入がある方は、なるべくその件数を減らしてから査定にエントリーする事をお勧めします。

異動情報がある方について個人信用情報組織の信用情報には、重大な延滞や債務片付けなどのいわゆる異動と呼ばれている情報が登録されている事があります。

また、信用情報にこの異動情報が登録されていた事例には査定に通らない見込みが大いに高くなりますので配慮が不可欠です。

もっとも、異動情報=過去に金融アイテムで重大な事故を起こしている事になりますので、査定に通らないという事も自然といえばそうかも知れません。

ですので、信用情報に異動が登録されている事例には、異動の登録から5年程度は各種金融アイテムの査定には通らない見込みが高くなりますので、信用情報から異動情報が削除されてから金融アイテムの申込を行って下さい。

参考サイト

-キャッシング

© 2020 もりもりブログ