キャッシング

キャッシング査定では普通に在籍見定めの電話があります

キャッシング査定では普通に在籍見定めの電話があります

キャッシング査定では普通に在籍見定めの電話があります

キャッシング査定では、申込者本人が現実に勤務先に勤務しているのか?を見極めするために申込書に記入されている勤務先に在籍検証の電話を掛けます。

他にも、私の過去の経験上この在籍検証の電話が無事完了すれば、その後の査定もスムーズに進んで査定に通る見込みが高くなるという事は、過去の文章で解説させていただきました。

もっとも、大抵の事例には在籍検証の電話が掛かってくるまでに申込者の属性や信用情報のチェックが完了していますので、属性や信用情報に問題があれば在籍検証の電話が掛かって来ない=査定落ちのメールや封書が届く見込みが高くなります。

ですので、キャッシングでは、当然属性や信用情報も肝心になりますが、最後の関門というべきこの在籍検証の電話が掛かってきた場合には、不手際なく応対する必須があります。

ただ、勤務先のスケールや職種によっては、電話番号が1つだけではなくいくつかの事例があると考えます。

特に、社内の部署がいくつかある企業では部署ごとに電話番号が決められている事もありますよね?さらに、派遣社員のケースには、派遣元と派遣先という2つの勤務先(?)電話番号が影響しますので、派遣元か派遣先のどっちの電話番号を記入したら良いのか?が分からなかも知れません。

そんな訳で、今度の投稿では勤務先電話番号の記入手法について解説します。

申込書の勤務先電話番号の記入についてこれからは、勤務形態別の勤務先電話番号の記入技術について解説しますね。

■公務員や法人員、契約社員の事例

公務員や企業員、契約社員の事例には、勤務先のスケールによって企業の代表電話番号の他に所属部署の直通電話番号の2種類があると考えます。

この時、代表電話番号で良いのか、または直通電話番号で良いのか?が分からないという人がいるかも知れませんが、こういった時には代表電話番号と直通電話番号の2つを申込書に記入して下さい。

というのも、所属部署がある勤務先というのは、キャッシング査定に通った後に部署が異動になる確率があるからです。

部署が異動になったケースには、部署直通電話番号へ電話をしてもクライアント本人と連絡が付かなくなってしまいます。

そういう事例でも、法人の代表電話番号へ連絡すればクライアント本人と連絡が付く確率が高くなるためです。

■自営業者の時

自営エキスパートの事例には、我が家兼オフィスとして営業している時には、電話番号が我が家用とオフィス用とで兼用している見込みが高いと思われますので、我が家電話番号のみに記入で問題ないのです。

専門家の優れている点を知るには、実のところのケースをチェックしたいところですよね。

ただ、我が家とオフィスが別の時には、オフィスの電話番号を記入して下さい。

というのも、我が家よりもオフィスの電話番号に掛けた方が申込者本人と連絡が付きやすくなるからです。

ところで、自営業者で電話が携帯電話のみというケースには、確定申告書類や売上帳簿、収入証明書などの書類が不可欠になりますので用心が必須です。

■派遣社員の事例

派遣社員のケースには、派遣元と派遣先の2種類の電話番号があると考えますが、キャッシング査定のときには派遣元、派遣先いずれもの電話番号を記入して下さい。

というのも、キャッシング査定に通った後で派遣先が修正になる見込みがあるためです。

この時、どこかに用事で派遣先へ連絡しても、すでにそこにはカスタマー本人がいない=連絡が付かなくなる見込みが高くなります。

普通に金融機構では、ユーザーに仮に延滞が現れてした事例でももうに連絡が取れるようにしておく事が大切になりますので、派遣社員の人は派遣元、派遣先いずれもの電話番号の記入をお勧めします。

■パート・アルバイトのケース

パート・アルバイトの事例には、公務員や法人員と同じくに勤務先内に所属部署がある確率がありますので、キャッシング査定の申込書には勤務先の代表電話番号と所属部署の電話番号のどっちもを記入して下さい。

在籍検証の電話が掛かってきたにも関わらず、肝心の在籍検証が出来なかった事例には査定に通らない確率が高くなります。

参考サイト

-キャッシング

© 2020 もりもりブログ