キャッシング

キャッシング審査では信用情報が重要になります

キャッシング審査では信用情報が重要になります

キャッシング査定では信用情報が必須になりますキャッシングサービスを供給している金融企業は、貸金業登録しているおおかたの企業は個人信用情報組織に加入しています。

という事は、仮に貴方が支出者金融のキャッシングを使用したケースには、その使用記録が個人信用情報組織の信用情報に登録される事になります。

その上、この信用情報は、キャッシング査定のみならず、各種金融アイテムの査定の場合に金融法人が絶対参照する事になりますので、この信用情報は各種査定のときに相当大切になっているのです。

そのような信用情報ですが、ここに支出者金融のキャッシングの活用履歴が登録されていると他の金融アイテムの査定に悪影響を与えるのではないのか?という話をオンライン上でチラホラと見かけます。

ただ、信用情報にキャッシングの活用履歴が登録されていると、実際に他金融アイテムの査定に悪影響が出るのか?について解説します。

キャッシングを使用しているだけでは問題ないのですキャッシングを活用していれば、その借入や償還を含めた使用履歴が信用情報に登録される事になりますが、ただ単にキャッシングを活用しているというだけでは他金融アイテムの査定に通らないという事はあまりないのです。

ただ、何個かの要件に当てはまっていると、他金融アイテムの査定に通らない見込みが高くなってしまいますので用心が必須になります。

キャッシング査定で問題となる前提とは?ただ単にキャッシングを活用しているだけでは、他金融アイテムの査定に落ちる事はないのですが、何個かの前提に当てはまってしまうと査定に落ちる確率が高くなってしまいます。

■総量規制に該当している

支出者金融のキャッシングは貸金業法による総量規制の対象となるため、直近でどんだけ月次延滞なく返金を行っていたとしても、現時点での借入残高が年収の1/3またはそれに近くなっていると、新たな支出者金融のキャッシングを使用する事は出来ません。

ただ、銀行が供給しているカード貸付金については総量規制の対象外となっていますので、属性や信用情報など借入残高以外の要件次第では査定に通る見込みがあります。

ただし、どんだけ総量規制の対象外といって銀行カードクレジットからも多額の借入を行っている事例には、他金融アイテム(例を挙げると住宅ローンやオートクレジット)などの査定には通らない見込みがあります。

住宅ローンは、担保型の貸し出しなので我が家などの担保が必須となりますが、リフォームローンは、担保型と無担保型、どっちかから選定する事ができます。

ですので、そういうクレジットを心積もりているのであれば今現在の借入件数や借入残高を減らしておく事をお勧めします。

■キャッシングで延滞や事故情報がある

月次キャッシングの使用代金を延滞なく支払っているのであれば問題ないのですが、月次決済を延滞している、もしくは長期延滞をしてしまっているというケースには、他金融アイテムの査定に通らない確率が高くなります。

もっとも、こうした延滞や事故情報は個人信用情報組織の信用情報に一定期間登録されてしまいますので、信用情報を照会する各種金融アイテムの査定に通る事が厳しくなるのは自然になります。

ですので、今現在支出者金融のキャッシングを使用している方は、理不尽のない活用計画を立ててキャッシングを活用して下さい。

借入残高が総量規制に引っ掛かったり、月次の返金が遅れてしまったりするとキャッシング査定のみならず住宅ローンやオートクレジットなど、他の金融アイテムの査定にも悪影響が出てしまいますので用心が必須です。

住宅ローンは、担保型のクレジットなので我が家などの担保が不可欠となりますが、リフォームローンは、担保型と無担保型、どっちかから選りすぐる事ができます。

参考サイト

-キャッシング

© 2020 もりもりブログ