キャッシング

キャッシングの返金について

キャッシングの返金について

キャッシングの返金について

キャッシングを使用しているケースに、急な浪費や勤務先の都合による給与決済の遅延などにより、月次の支払日の返金が困難な状況に陥ってしまうケースがあるかも知れません。

特に、勤務先の都合による給与入金の遅延は私たち労働者にとってみれば如何にする事も出来ない問題ですが、月次の支払日に遅れたのは勤務先のせいとは言っても延滞するのが分かっていてもデフォルト何もしない確率もあると考えます。

おっしゃる通り、企業都合による延滞なのかも知れませんが、そのような事は金融組織には全く係りの無い事になりますので、延滞は延滞としてカウントされてしまいます。

しかも、月次の入金を延滞してしまうと今後の借入が困難になる確率があるのです。

ただ、金融機構に無断で延滞してしまう事と、前もってに延滞の申し出があるのとでは、金融機構への感触がかなり変わってくるんですよね。

そんな訳で、採り上げるののテキストでは、月次の支払日に遅れそうな事例に、金融機構へ連絡して償還日の延長はできるなのか?について解説します。

キャッシング返金日の延長はできます

結論から言えば、キャッシング償還日の延長はできるです。

ただ、これはもちろんですが前もってに返金が遅れる旨を金融組織へ連絡する必須があります。

もっとも、前もってに連絡をしなければどれほどの延長ができるなのか?は理解いただけません。

しかも、肝心のどれだけの延長ができるなのか?についてですが、これはクライアントの活用状況によって異なりますので一概に何日間とは言えません。

ただ、オンライン上の書き込みを見てみると次の月給日までの延長ができるというのが大方のようです。

ただし、この支払日の延長ですが、現在までのキャッシングの使用で延滞を繰り返している人は面倒になります。

それはそうですよね?延滞を繰り返している人=信用出来ないという事になります。

ついでに、金融機構へ支払日の延長の連絡をするケースですが、直接金融組織へ電話で連絡して下さい。

これは、そんなにの金融機構が支払日の延長は電話連絡のみ受け付けできるとなっているためです。

延滞なので遅延損害金が現れてします

月次の支払日に間に合わず金融機構へ支払日の延長をお願いしたとしても、これは通常の支払日に支払う事が出来ない=延滞扱いになりますので、もちろんですが遅延損害金が生じてする事になります。

ですので、支払日の延長をする事例には、元本+金利分の他に遅延損害金も現れてするという事を頭の中に入れておいて下さい。

加えて、この遅延損害金ですが、おおかたの金融組織では利率20%となっています。

例を挙げると、元本が10万円で延滞が10日間だった事例には、

10万円×20%÷365日×10日=547円

つまり、月次の支払額に添加して547円の遅延損害金を支払う必須があります。

ついでに、この遅延損害金の生じて日は、通常の支払日の翌日から現れてします。

そもそも月次の償還日の手直しはできるなのか?キャッシングの活用中に、勤務先が修正になり、それにより月次の給与日までもが調整になってしまう事があるかも知れません。

この事例、給与日が調整になっていますので、実際までのキャッシングの償還日だと決済に困ってしまう確率が出てしまう事もありますよね?ですので、転職などで給与日が手直しになった時には、キャッシングの償還日も手直しして望むと腹積もりている人もいるかと考えます。

そんな訳で、この月次の返金日の改変ですが、金融組織によって応対が異なります。

つまり、償還日の改変ができるな金融組織もあれば返金日の改変はNGという金融組織もあるという事になっています。

ところで、返金日の手直しができるな金融機構としては、アコムやアイフル、プロミスなどの主要支出者金融や三菱東京UFJや三井住友、オリックスなどの銀行系などがありますので、詳細については使用している金融組織でご検証下さい。

参考サイト

-キャッシング

© 2020 もりもりブログ