キャッシング

キャッシングでは利率を知る事は必須です

キャッシングでは利率を知る事は必須です

キャッシングでは利率を知る事は必須です

私たちが金融組織からキャッシングやカード貸し出しなどの金融アイテムを使用してお金を借りるためには、査定に通る必須があり、査定に通った事例には貸出利率(金利分)を支払ってお金を借りる事になります。

まあ、金融機構もボランティアでキャッシングやカードクレジットという金融アイテムを用意しているのではなく、お金を貸し出してから元手とどれだけの利率分を回収する事が可能なか?によって自社利益を上げる事が出来ますので、金融アイテムに利率が付くのは自然といえます。

ただ、当説明所を訪問している貴女にとっては、金融アイテムを使用したら利率(金利分)を支払うのは自然だけど、そもそも利息の仕組みが良く分からないと感じているかも知れません。

おっしゃる通り、一言で利率といっても計算手法には何個かの種類がありますので、突き詰めては分からないかも知れませんね。

そんな訳で、今度の文章では、キャッシング(カード貸付金)の利率について解説します。

キャッシングの利息とは?そもそも、利率とは何?という方がいるかも知れませんので、この利率について解説します。

そんな訳で、この利息ですが、先程もチラッと書きましたが、私たちが金融組織からお金を借りてから返金するまでの利率分になります。

つまり、金利分=利息になっています。

金融組織は慈善ビジネスでは無いため、普通にキャッシングには利率分を付けてユーザーに貸し出しています。

中には、〇日間は無利息ですというキャッシングもあります。

それは何であれ、例を挙げると10万円を借金て1ヶ月後に11万円返金したケース、11万円-10万円=1万円が利率分=利率という事になります。

加えて、キャッシングのアイテム解説には、年利3%〜17%というような表記を見かけると考えますが、この年利3%〜17%が利率になっているのです。

それと、キャッシングでの利息は、普通に年率で表示されています。

これは、1年間に掛かる利息(利率分)のレートという趣旨になります。

ところで、金融業界には年率の他に月利(1ヶ月刻みの利息)や日歩(1日刻みの利息)などの利息がありますが、キャッシングでは最初に出てくる事はないのです。

金利分の計算メソッドについてこれからは、利率分の計算メソッドについて解説しますね。

真っ先に、元手にそれに対し利率を掛け合わせた結果が利率分になりますので、以下に理解いただけやすい金利分の計算式を記載します。

10万円(元本)×15%(利息)=15000円(利率分)この事例、金融機構から利息15%で10万円を借りたら1年後に返金する代金は100000円+15000円=115000円となり、15000円が利率分になります。

ところで、元手とは金融組織から借りたお金の事になります。

普通に利率分は日割り計算金利分=利息ですが、金融アイテムに表示されている年利は1年間のものになりますが、キャッシングやカード貸し出しでは日割り計算が元になっているんですよね。

一例を挙げれば、10万円を年利15%で借りた事例の1日当たりの金利分の計算手段ですが、初めに1年間で現れてする金利分を計算します。

10万円(元手)×15%(年利)=15000円(金利分)この事例の利率分は1年間で15000円になりますので、これを1年間365日で割れば1日あたりの金利分を計算する事が可能なのです。

15000円(1年間の金利分)÷365日≠41円(1日当たりの利率分)つまり、金融機構から10万円を年利15%で借りた時、1日あたりの利率分は約41円になっているんですね。

他にも、これを1ヶ月あたりの金利分として計算すると41円×30日=1230円その利率分は約1230円になるのです。

普通に、キャッシングでは毎月払いになりますので、利息の表記は年率になりますが実のところに返金する時には1ヶ月あたりの利率分を算出すると、月次どれだけの金利分を支払っているのかが理解いただけます。

※利率分の計算式 元手×利率÷365日×借入日数利息の上限は決められています

私が支出者金融からローンをしていた頃には、キャッシング利息29.2%が自然でしたが、2010年6月18日の出資法改正法の施行に伴い出資法の上限利息は20.0%に定められたのです。

その上、この上限利率には何個かの種類があり、融資額(元手)に応じて上限利率が決まっています。

元手が10万円未満→利息20%

元手が10万円以上100万円未満→利息18%

元本が100万円以上→利率15%

そんな訳で、支出者金融系や信販系のキャッシングや銀行系カードクレジットでは、この上限利息が守られていますが、これらの上限利率が守られていない金融組織があるとすればそれは闇金(違法)専門家の見込みが高いため決してお金を借りてはいけません。

近場のエキスパートさんは、トラブルがあったケースにもうに来ててくれる心配無用感があります。

上限利息以上はヤミ金という事を覚えておいて、そのような利息を見かけたら決して借入しないように配慮して下さい。

参考サイト

-キャッシング

© 2020 もりもりブログ